ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価総額は膨らんでいる。最新の資金循環統計は日本のこのような現状を浮き彫りにしている。

 日銀は9月19日、2013年4~6月期の資金循環統計速報を発表した。それによると、6月末時点において家計が保有する金融資産残高は1590兆円となり、前年同月末比で5.0%の増加となった。
 増加分の多くはアベノミクスに対する期待で上昇した株式によるものである。株式・出資金の残高は31.4%増えて129兆円に、投資信託の残高は29.1%増えて72兆円となっているが、これに対して現金・預金は2.0%増にとどまっている。同じ期間で日経平均株価が50%程度上昇していることを考えると、これはうなずける数字だ。

 現金・預金の残高は860兆円となっており、総資産に占める現預金の割合は相変わらず高い。株式評価額の上昇でリスク資産の比率そのものは上昇したが、以前から保有している株式の値上がりであり、貯蓄から投資へとお金が流れているわけではない。

 家計の現預金はそれほど増えていないが、量的緩和策の影響で、金融機関には日銀から大量の現金が流れ込んでいる。だが金融機関から企業への貸出は682兆円と4%しか増えていない。唯一増加しているのは外国証券投資くらいである。日銀による量的緩和策によって日銀の当座預金残高は増えているが、資金が金融機関に滞留し、融資には回っていないという状況があらためて確認された形だ。

 整理すると、家計の金融資産は増加しているものの、その多くは株式評価額の増加によるものであり、所得の増加ではない。また、日銀から供給された資金は、金融機関に滞留し、市中に十分に出回っている状況ではない、といったところになるだろうか。今のところは、株式などのリスク資産を保有できる層のみがアベノミクスの恩恵を受けている構図といえるだろう。

 アベノミクスによるインフレ期待から株価は順調に上昇した。何度も言い尽くされていることだが、今後は醸成されたインフレ期待をどのようにして実体経済に波及させ、経済成長に結びつけるのかが課題となってくる。残念ながらその見通しはまだ明確になっていない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

businessphone01
職場で電話を取りたがらない若者急増中。だが世代間ギャップの話にするのは危険

 最近、会社内において電話を取れない(取らない)若手社員が増えているという。デジ …