ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れであり、この動きがさらに広がれば、ユーロ構想そのものにも疑問符が付きかねない状況となっている。

 独立運動がもっとも激しいのはスペイン。東部カタルーニャ地方はスペインからの分離独立を求めて中央政府と対立している。中央政府は独立に関する住民投票を阻止する構えで緊張が高まっている。スペインがEUに対して支援を要請できない背景には、カタルーニャの独立問題がある。

 ベルギーでは14日に統一地方選挙が行われ、オランダ語圏であるフラマン地域の「分離独立」を主張する右派政党が大躍進した。同党はベルギー第二の都市であるアントワープ市長選にも勝利しており、独立派の勢いは増強している。

 英国でも同様の動きがある。スコットランドの連合王国からの独立を問う住民投票が2014年に実施されることが決定した。
 もっともスコットランドの国民で独立に賛成している人は30%程度といわれており、英政府が住民投票を受け入れた背景には、住民投票で可決される見込みは低いとの読みがある。
 だが300年以上にもわたる連合王国の歴史の中で、主要国であるスコットランドにこれほどまでに独立の気運が高まったのは初めてであり、英国社会の変質がうかがわれる。

 欧州各地の独立運動が、欧州危機をきかっけとした一時的なものなのか、大きなトレンドになるものなのかは今のところ判断がつかない。だが欧州統合への足かせになることだけは間違いないだろう。

 - 政治

  関連記事

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

jieitai
自国のため戦うという日本人の割合は世界最低。だが、見方を変えてみると・・・・

 WIN―ギャラップ・インターナショナルは2015年3月18日、「自国のために戦 …

abe20160802
総額28兆円の経済対策。実質的な金額は6兆円にとどまり、効果は限定的

 政府は2016年8月2日、総額28兆円を上回る経済対策を閣議決定した。金額だけ …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …