ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れであり、この動きがさらに広がれば、ユーロ構想そのものにも疑問符が付きかねない状況となっている。

 独立運動がもっとも激しいのはスペイン。東部カタルーニャ地方はスペインからの分離独立を求めて中央政府と対立している。中央政府は独立に関する住民投票を阻止する構えで緊張が高まっている。スペインがEUに対して支援を要請できない背景には、カタルーニャの独立問題がある。

 ベルギーでは14日に統一地方選挙が行われ、オランダ語圏であるフラマン地域の「分離独立」を主張する右派政党が大躍進した。同党はベルギー第二の都市であるアントワープ市長選にも勝利しており、独立派の勢いは増強している。

 英国でも同様の動きがある。スコットランドの連合王国からの独立を問う住民投票が2014年に実施されることが決定した。
 もっともスコットランドの国民で独立に賛成している人は30%程度といわれており、英政府が住民投票を受け入れた背景には、住民投票で可決される見込みは低いとの読みがある。
 だが300年以上にもわたる連合王国の歴史の中で、主要国であるスコットランドにこれほどまでに独立の気運が高まったのは初めてであり、英国社会の変質がうかがわれる。

 欧州各地の独立運動が、欧州危機をきかっけとした一時的なものなのか、大きなトレンドになるものなのかは今のところ判断がつかない。だが欧州統合への足かせになることだけは間違いないだろう。

 - 政治

  関連記事

mujinki02
オバマ大統領が無人機の運用厳格化を表明。グアンタナモ基地の閉鎖は進まず

 オバマ米大統領は5月23日、ワシントンの国防大学で演説を行い、無人機を使った対 …

nagunki
南軍旗撤去問題から考える、人種差別、地域主義、そして民主主義

 米国南部サウスカロライナ州の教会で黒人9人が射殺された事件をめぐり、州議事堂に …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

mof05
2016年度予算案閣議決定。税収増も社会保障費の伸びで相殺

 政府は2015年12月24日、2016年度予算案を閣議決定した。予算総額は4年 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …