ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟が議席のほぼ半数を獲得し、メルケル首相の続投が確実となった。これまで連立を組んでいた自由民主党は議席を確保することができず、連立の座から降りることになった。メルケル首相は、野党第一党である社会民主党との大連立を模索する可能性が高い。

 これまでドイツは、キリスト教民主・社会同盟と自民党の連立与党が政権を担ってきた。2009年の総選挙で2期目の首相に就任したメルケル首相は、財政危機に陥った国々への支援をリードする一方、ドイツだけが負担を強いられているという国内の不満にも配慮するというバランスの取れた政権運営を行い、高い支持率を維持してきた。

 今回の総選挙の結果は、事前の予想通り、メルケル首相への高い支持率を反映したものとなっている。一方ドイツは、欧州ではめずらしく多くの職種で最低賃金が保障されておらず、企業の倒産も情け容赦なく行われるなど、自由競争主義的な側面が強い。これまでは好調な経済を背景に驚異的な低失業率が続いており、こうした面はあまり意識されていなかった。だが、主に企業家や資本家層を支持母体とする自民党が議席を失ったことは、こうした競争主義的側面に対する国民の意識に変化が生じていることを示しているのかもしれない。

 メルケル首相の続投が決まったことで、EUに対するドイツの姿勢に変化はないだろう。社会民主党は、スペインやギリシャなど債務国に対してもう少し寛大な処置を取るよう求めていたが、これは野党としてのポーズであった可能性が高い。ドイツ国内には、債務国に対する支援についてドイツばかりが負担を強いられているという不満が根強く存在している。実際に連立政権となれば、社会民主党は、債務国に対して厳しい財政再建を要求するメルケル路線を追認すると考えられる。

 欧州は本格的な景気回復にはほど遠いが、好調な米国経済を追い風に、現在は小康状態となっている。欧州の景気動向はすべてドイツの姿勢にかかっており、その意味で、今回の総選挙は市場にとって安心材料といえるだろう。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

isihara
石原慎太郎東京都知事が国政復帰を宣言。だが時すでに遅し

 石原慎太郎東京都知事は25日、都庁で記者会見を行い、都知事の辞任と次期衆院選へ …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …