ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟が議席のほぼ半数を獲得し、メルケル首相の続投が確実となった。これまで連立を組んでいた自由民主党は議席を確保することができず、連立の座から降りることになった。メルケル首相は、野党第一党である社会民主党との大連立を模索する可能性が高い。

 これまでドイツは、キリスト教民主・社会同盟と自民党の連立与党が政権を担ってきた。2009年の総選挙で2期目の首相に就任したメルケル首相は、財政危機に陥った国々への支援をリードする一方、ドイツだけが負担を強いられているという国内の不満にも配慮するというバランスの取れた政権運営を行い、高い支持率を維持してきた。

 今回の総選挙の結果は、事前の予想通り、メルケル首相への高い支持率を反映したものとなっている。一方ドイツは、欧州ではめずらしく多くの職種で最低賃金が保障されておらず、企業の倒産も情け容赦なく行われるなど、自由競争主義的な側面が強い。これまでは好調な経済を背景に驚異的な低失業率が続いており、こうした面はあまり意識されていなかった。だが、主に企業家や資本家層を支持母体とする自民党が議席を失ったことは、こうした競争主義的側面に対する国民の意識に変化が生じていることを示しているのかもしれない。

 メルケル首相の続投が決まったことで、EUに対するドイツの姿勢に変化はないだろう。社会民主党は、スペインやギリシャなど債務国に対してもう少し寛大な処置を取るよう求めていたが、これは野党としてのポーズであった可能性が高い。ドイツ国内には、債務国に対する支援についてドイツばかりが負担を強いられているという不満が根強く存在している。実際に連立政権となれば、社会民主党は、債務国に対して厳しい財政再建を要求するメルケル路線を追認すると考えられる。

 欧州は本格的な景気回復にはほど遠いが、好調な米国経済を追い風に、現在は小康状態となっている。欧州の景気動向はすべてドイツの姿勢にかかっており、その意味で、今回の総選挙は市場にとって安心材料といえるだろう。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

no image
今度は中国と韓国で領有権争いが勃発。中国はラジコン飛行機で威嚇

 竹島や尖閣諸島をめぐって日本と領土問題で対立している中国と韓国が、今度は双方の …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …

merukeruputin
プーチン大統領の独裁に抗議してトップレス女が乱入。メルケルは驚いたが本人は余裕

 ドイツを訪問中のプーチン露大統領の前にトップレスの女性が現れ、プーチン大統領の …

popefrancis201411
フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこ …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …