ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟が議席のほぼ半数を獲得し、メルケル首相の続投が確実となった。これまで連立を組んでいた自由民主党は議席を確保することができず、連立の座から降りることになった。メルケル首相は、野党第一党である社会民主党との大連立を模索する可能性が高い。

 これまでドイツは、キリスト教民主・社会同盟と自民党の連立与党が政権を担ってきた。2009年の総選挙で2期目の首相に就任したメルケル首相は、財政危機に陥った国々への支援をリードする一方、ドイツだけが負担を強いられているという国内の不満にも配慮するというバランスの取れた政権運営を行い、高い支持率を維持してきた。

 今回の総選挙の結果は、事前の予想通り、メルケル首相への高い支持率を反映したものとなっている。一方ドイツは、欧州ではめずらしく多くの職種で最低賃金が保障されておらず、企業の倒産も情け容赦なく行われるなど、自由競争主義的な側面が強い。これまでは好調な経済を背景に驚異的な低失業率が続いており、こうした面はあまり意識されていなかった。だが、主に企業家や資本家層を支持母体とする自民党が議席を失ったことは、こうした競争主義的側面に対する国民の意識に変化が生じていることを示しているのかもしれない。

 メルケル首相の続投が決まったことで、EUに対するドイツの姿勢に変化はないだろう。社会民主党は、スペインやギリシャなど債務国に対してもう少し寛大な処置を取るよう求めていたが、これは野党としてのポーズであった可能性が高い。ドイツ国内には、債務国に対する支援についてドイツばかりが負担を強いられているという不満が根強く存在している。実際に連立政権となれば、社会民主党は、債務国に対して厳しい財政再建を要求するメルケル路線を追認すると考えられる。

 欧州は本格的な景気回復にはほど遠いが、好調な米国経済を追い風に、現在は小康状態となっている。欧州の景気動向はすべてドイツの姿勢にかかっており、その意味で、今回の総選挙は市場にとって安心材料といえるだろう。

 - 政治, 社会 , , , ,

  関連記事

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

jinkousinzo
体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋 …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

fukusima2goki
福島原発2号機の内部映像を東電が公開。最悪の状態ではなさそうだが・・・

 東京電力は2017年1月30日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …