ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業の買収・合併)に乗り出す。日本政策投資銀行と共同で、ドイツの住設機器大手グローエを約4000億円で買収する計画を進めていることが明らかとなった。同社は、今年8月にも米国の陶器メーカーを買収しており、海外事業の拡大を急ピッチで進める。

 買収が確定したわけではないが、もし買収が成立した場合には特別目的会社を通じて買収を実施する予定。グローエの主要株主である投資ファンドから株式の大半を2000億円で取得するとともに、同社が抱える負債2000億円も併せて引き継ぐ。
 同社の売上げは14億500万ユーロ(約1869億円)、利益(EBITDA)は2億7300万ユーロ(約363億円)なので、負債の引き継ぎを考えると若干割高な印象も受ける。同社はリクシルへの売却と同時にIPO(新規株式公開)の準備も進めているといわれており、IPOを材料に、リクシルに対して強気の価格交渉を行っている可能性もある。

 だが総合的に考えれば、この買収は合理的であると判断してよいだろう。リクシル本体の売上げは1兆4000億円あるが、経常利益はわずか530億円とかなりの薄利多売体質である。基本的に人口が減少する日本では、今後、大幅な売上げ拡大を望むことはできない。同社にとって、コスト削減を進めると同時に海外展開を図ることは重要な課題といえる。欧州で一定の基盤を持つメーカーを買収することは、売上げと利益率、両方の拡大に貢献するだろう。

 日本は工業国としてすでにピークを過ぎており、輸出で貿易黒字を確保できる時代はすでに過ぎ去った。貿易赤字は慢性化しており、今後もその傾向は変わらない可能性が高い。だが最終的な国の収支である経常収支は依然として黒字のままである。その理由は、海外投資から得られる利子や配当など投資収益が存在しているからである。日本は望むと望まざるとに関わらず金融立国になっているのだ。

 これまで海外投資の中心は米国債であったが、最近ではアジアへの直接投資が増えている。だがその実態は、製造拠点のアジア移転に伴う現地法人化であり、この現地法人は、近い将来再びコスト競争力を失う運命にある。だが海外の会社をまるごと買収するケースでは、その会社が健全性を維持している限り、永久に利子や配当を確保することが可能となる。リクシルの今回の買収はまさにその典型的なケースといえるだろう。

 日本は製造業における競争力は失ったが、まだたくさんのお金を持っている。こうした海外のM&Aを積極的に進めていくことで、今後も安定した投資収益を得ることができるはずだ。そうすれば、貿易赤字が慢性化しても、経常収支まで赤字に転落する可能性は小さくなり、安定的な経済を維持することができる。リクシルのような企業が、今後、続々と登場してくれば、日本も成熟国家として生きる道が開けてくるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

amazondorone
民泊にドローン宅配。規制緩和は特区限定で、なぜか外資系企業ばかり

 政府は、国家戦略特区において小型無人機ドローンによる宅配を認める方針を固めた。 …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …