ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

芸能界でプチ・エリカ様が続々登場するワケ

 

 最近芸能界でプチ・エリカ様が続出している。もともとエリカ様とはいわずと知れた沢尻エリカのこと。タカピーな態度で周囲を圧倒。主演作の舞台挨拶で「別に」と発言し、物議を醸した。

 最近では、戸田恵梨香のタカピーぶりが強烈で、スタッフや共演者がビビりまくっている。名前も同じエリカなので、まさに第二のエリカ様だ。福田沙紀も可愛らしい顔に似合わず性格が悪いことで有名。遅刻常習犯であることも災いし、最近はすっかりお目にかからない。
 かつては優等生を絵に書いたようだった石原さとみも最近では態度が急変。一時期の上野樹里も取材での悪態のひどさにやはりプチ・エリカ様などといわれていた。

 以前から芸能界にはタカピーな人が一定数存在していた。だがタカピーに振る舞う人の多くは、ある程度ベテランの人。若手でまだまだ売り出し中の芸能人が女王様になることはあまりなかった。沢尻にしても、戸田にしてもまだまだ若手の部類だ。

 こうなってしまった背景には、芸能人の賞味期限が短くなっていることが大きく影響しているといわれる。かつて芸能事務所は、10年単位のスパンでタレントの商品価値を考えていた。最初はモデルやアイドルとして出発しても、結婚や出産などのライフイベントを期にキャラクターを進化させ、商品価値を維持していく戦略である。
 本人には長く活躍してもらわなければならないので、事務所サイドも若いうちにはタレントを厳しく教育していた。
 だが最近ではそのような売り出し方をする余力がどの事務所にもなくなってしまった。とにかく売れるうちに売っておこうというやり方に変わっている。本人も使い捨てにされることが分かっているので、威張れるうちに好き放題やっておこうというわけだ。

 さらに業界の雰囲気が変わってきたことも大きい。以前はどこかの事務所で手に負えなくなったタレントは、原則どこも引き取らないという暗黙のルールがあった。いわゆる「干される」というヤツである。
 だが今はどの事務所にも余裕がない。新人を発掘するよりは、トラブルでクビになった人でも拾って使う方が手っ取り早い。タレント側もトラブルを避けるためにガマンするという必要がなくなったのだ

 初代エリカ様の沢尻は、最近では心を入れ替え、周囲に気を配るようになったともいわれているが、どうにも遅すぎた。名前があがったプチ・エリカ様で、長期戦に切り替えられるのは果たして誰になるのだろうか?

 - マスコミ, 芸能

  関連記事

pakucongress
産経ソウル前支局長無罪判決が、極めて妥当かつ民主的である理由

 韓国のソウル中央地方裁判所は2015年12月17日、朴槿恵大統領の名誉を傷つけ …

momoko
SWOT分析で離婚も決断?菊池桃子が大学教授として活躍中

 元アイドル歌手でタレントの菊池桃子が大学の先生として活躍中だ(写真は本人のブロ …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

sakamoto
さかもと未明氏のマナー発言が炎上。「正論」だけが幅を利かすグロテスクな光景

 搭乗した飛行機内での騒動を記した雑誌記事が物議を醸していたマンガ家のさかもと未 …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

no image
オセロ中島滞納家賃返済に見る芸能界事情

 霊能者に洗脳され、マンションに篭城していたオセロの中島知子が、滞納していた家賃 …

teradarieko
玉の輿だったはずが受難の連続。寺田理恵子アナとNEC御曹司の壮絶結婚生活に幕

 元フジテレビの寺田理恵子アナの夫である関本雅一氏が昨年12月亡くなった。死因は …

asahidigitalkiji
小保方氏を茶化した朝日新聞デジタルのコラム削除問題は、日本ならでは

 理化学研究所の小保方晴子氏が歌手デビューするという、「嘘」を題材にした朝日新聞 …