ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

芸能界でプチ・エリカ様が続々登場するワケ

 

 最近芸能界でプチ・エリカ様が続出している。もともとエリカ様とはいわずと知れた沢尻エリカのこと。タカピーな態度で周囲を圧倒。主演作の舞台挨拶で「別に」と発言し、物議を醸した。

 最近では、戸田恵梨香のタカピーぶりが強烈で、スタッフや共演者がビビりまくっている。名前も同じエリカなので、まさに第二のエリカ様だ。福田沙紀も可愛らしい顔に似合わず性格が悪いことで有名。遅刻常習犯であることも災いし、最近はすっかりお目にかからない。
 かつては優等生を絵に書いたようだった石原さとみも最近では態度が急変。一時期の上野樹里も取材での悪態のひどさにやはりプチ・エリカ様などといわれていた。

 以前から芸能界にはタカピーな人が一定数存在していた。だがタカピーに振る舞う人の多くは、ある程度ベテランの人。若手でまだまだ売り出し中の芸能人が女王様になることはあまりなかった。沢尻にしても、戸田にしてもまだまだ若手の部類だ。

 こうなってしまった背景には、芸能人の賞味期限が短くなっていることが大きく影響しているといわれる。かつて芸能事務所は、10年単位のスパンでタレントの商品価値を考えていた。最初はモデルやアイドルとして出発しても、結婚や出産などのライフイベントを期にキャラクターを進化させ、商品価値を維持していく戦略である。
 本人には長く活躍してもらわなければならないので、事務所サイドも若いうちにはタレントを厳しく教育していた。
 だが最近ではそのような売り出し方をする余力がどの事務所にもなくなってしまった。とにかく売れるうちに売っておこうというやり方に変わっている。本人も使い捨てにされることが分かっているので、威張れるうちに好き放題やっておこうというわけだ。

 さらに業界の雰囲気が変わってきたことも大きい。以前はどこかの事務所で手に負えなくなったタレントは、原則どこも引き取らないという暗黙のルールがあった。いわゆる「干される」というヤツである。
 だが今はどの事務所にも余裕がない。新人を発掘するよりは、トラブルでクビになった人でも拾って使う方が手っ取り早い。タレント側もトラブルを避けるためにガマンするという必要がなくなったのだ

 初代エリカ様の沢尻は、最近では心を入れ替え、周囲に気を配るようになったともいわれているが、どうにも遅すぎた。名前があがったプチ・エリカ様で、長期戦に切り替えられるのは果たして誰になるのだろうか?

 - マスコミ, 芸能

  関連記事

kaharatomomi03
歌手の華原朋美が活動再開。だが12年前とまったく同じセリフに一抹の不安が・・・

 芸能活動を休止していた「朋ちゃん」こと、歌手の華原朋美が5年ぶりに活動を再開す …

no image
蒼井優が突然髪型チェンジ。かつての恋人と同じCMに超ショートで出演

 女優の蒼井優がライトオンの新CMにおいて、芸能界デビュー後初めてとなるショート …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

zakabagu
ネットで集合知は成立しない?偽ニュース問題でフェイスブックが大揺れ

 フェイスブックが偽ニュース問題の対応に苦慮している。基本的にニュースの選定には …

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …

no image
釈由美子がGACKTの愛人であることが発覚。つくづく「だめんず」な体質の釈

 女優の釈由美子がGACKT(ガクト)と長年にわたって親密交際していたことを週刊 …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

bloomberg
ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・ …