ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨーク証券取引所で講演した安倍氏は、日本の技術力が革新的であることや成長戦略への取り組みを説明し、「バイ・マイ・アベノミクス(アベノミクスは買いだ!)」とかなりストレートな表現で日本への投資を促した。
 また「投資を喚起するため大胆な減税を断行する」と述べ、さらには「規制緩和がすべての突破口となる」「日本を米国のようにベンチャー精神あふれる起業大国にする」とまで明言した。米国での講演に気分が高揚したのかもしれないが、現実に提案されている経済政策との落差に、発言を不安視する声が聞こえてくる。

 安倍氏が経済政策の進め方について、本音ではどう考えているのか、市場ではその真意を測りかねている。安倍氏は外国人を前にすると、かなり高揚した口調で、規制緩和やベンチャー推進を提唱している。
 一方、国内向けの発言では、規制緩和やベンチャーといったキーワードはかなり抑制されたトーンになっているからだ(本誌記事「本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言」参照)。

 また実際アベノミクスとして現実に打ち出されている政策は、ターゲティング・ポリシー(特定産業を国が集中的に助成する産業政策)と呼ばれる国家統制型のものが中心で、規制緩和や自由競争の促進を目指す政策は少ない。むしろ護送船団方式が復活したと捉えている市場関係者も多く、規制緩和は特区というごく一部の地域だけに限定される可能性が濃厚である。

 安倍氏のこのちぐはぐな対応にはいくつかの解釈がある。名門の生まれというある種の無邪気さから、こうした思いつきともいえる発言が出ているというものや、規制緩和に反対する抵抗勢力との政治的駆け引きから、あえて国内では競争主義を口にしていないというものなど様々だ。

 安倍氏の深層心理はともかくとして、こうした発言から懸念されるのは、日本が陥りがちな「意図せざる詐欺」になってしまうリスクである。もし現在の成長戦略がそのまま採用されることになれば、これはどう見ても護送船団方式の産業政策であり「米国のようなベンチャー精神あふれる起業大国」とはほど遠いものである。国家主義的な護送船団方式を選択するのならそれはそれでよいのだが、対外的にはそのように説明していないところに大きな問題がある。
 外国に対して要人がリップサービスをすることは多いが、それは相手を褒める場面で使われる。自らの政策を過剰にコミットするような用い方は場合によっては危険な結果を招く。

 かつて、英国の投資ファンドが、日本の国策企業である電源開発の株式を大量に買い増すという出来事があった。投資ファンドは「ハゲタカ」であるとして、国内から批判が殺到したため、政府は投資ファンドに対して買い増しをやめるよう勧告するという異例の事態となった。国策企業について、外国人の投資を制限することの是非はともかく、問題はそれまでの経緯である。
 電源開発はグローバルな企業になることを標榜し、日本政府も協力して外国人投資家に株式の売り込みを積極的に行っていたという事実である。買う側からすれば、積極的に営業されて買い物をしたら、いきなりハゲタカと呼ばれて石を投げられたという状況になる。これでは詐欺的行為と見なされても仕方ない。

 おそらく日本政府も日本人も、そのような状況は「想定外だった」と言うのだろう。日本人の対外的な行動には、このような「意図せざる詐欺」が少なくないのだ。日本を破滅寸前に追い込んだ太平洋戦争も、米英に対する、このようなコミュニケーションの齟齬が大きく影響した可能性がある。
 ポジティブシンキングに満ちあふれた安倍氏の発言が、坂道を転げ落ちる前兆でないことを祈りたいが、果たしてどうなるだろうか?

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

obamafujinchina
ミシェル・オバマ大統領婦人が、わざわざ単独で中国を訪問した理由

 米中の外交が活発化してきている。2014年2月にはケリー国務長官が中国を訪問、 …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

fatgirls
米国のレストランでレシートに「太った女性」と記載して社会問題に

 カリフォルニア州の飲食店が、レシートにFatGirls(太った女性)と書き、女 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …

satsutaba
甘利氏の金銭スキャンダル。政治家への資金はどのようにして手渡されるのか?

 国会では、金銭授受疑惑が持ち上がっている甘利経財相に対して質問が集中している。 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …