ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度の放射性物質「トリチウム」が検出された問題で、トリチウムの危険性をめぐる不毛な論争が起きている。

 放射能汚染について厳しい立場を取る専門家などからは、トリチウムは水と性質が似ていることから除去が不可能である点などをあげ、その危険性について指摘している。
 一方、放射能汚染についてそれほど厳しい立場を取らない人からは、トリチウムが出す放射線のエネルギーが低いことなどを理由に、神経質に騒ぎ立てる必要はないとの声が上がっている。だがトリチウム単体の危険性だけを取り上げてその是非を議論することは不毛であり、あまり意味がない。

 トリチウムとは「三重水素」とも呼ばれている水素の放射性同位体である。セシウムと同様、ベータ線を放出するがそのエネルギーは低く、人体への影響は相対的に少ない。ただ半減期は約12年と長めであることや、水と化学的な振る舞いが同じであることから、その取り扱いには注意を要する物質である。つまり毒性はそれほど強くはないが、除去することが極めて難しい物質なのだ。ひとたび水と一緒に対内に取り込まれると代謝されるまで長期間対内にとどまり、微量の放射線を出し続けることになる。
 トリチウムの法定基準値は1リットルあたり6万ベクレルと、セシウム137の90ベクレルと比較すると670倍も甘い。その理由は危険性が相対的に低いこともあるが、現実に除去できないので垂れ流すほかないという現実もあるのだ。

 こうした特徴から、トリチウムは安全に運転されている原子力施設からも継続的に排出されている。すでに福島原発から漏れ出したより危険な放射性物質の総量を考えると、トリチウム単体の汚染は今となってはそれほど重要な問題ではないといえる(他があまりにひどいという意味で)。
 だがこれほど大量のトリチウムが漏れ出しているという事実は、他の危険な放射性物質も同様に漏出する危険が高いことを意味している。トリチウムの濃度が急上昇したということは、地下水の状態に何らかの変化があったということであり、トリチウムそのものの危険性が少ないからといって、楽観視してよいとはいえないだろう。

 福島原発からは、すでに想像を絶する量の放射性物質が環境に放出されており、各論を戦わせても意味がない状況となっている。放射性物質の汚染についてもマクロ的な考察や対策が必要であり、場合によっては個別元素の汚染については、ある程度無視する必要も出てくるだろう。
 つまり今回のトリチウム汚染は、事故がない状況であれば大問題だが、今となってはあまり大したことのない問題であるというのが現実の姿なのだ。その意味では、あまり過剰反応せず、冷静に対応する必要があるというのは正しい態度かもしれない。むしろ、個別元素の汚染問題に隠れて、全体論がおざなりにされるような事態だけは避けなければならないだろう。
 だが、それはあくまで比較論的、相対論的なものであり、トリチウムの絶対的な安全性を担保するものではないことを忘れてはならない。

 - 社会, IT・科学 , , ,

  関連記事

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

sendaisaiban
大川小学校の津波訴訟は、日本人に自分のアタマで考えることの重要性を強く訴えかけている

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の児童の遺族が市と宮城県 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

hiroyuki
見せしめ?2ちゃんねるに家宅捜索。だが追求すべきはひろゆき氏の賠償金未払いの方

 遠隔操作ウイルス事件で、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に真犯人が直接書き …

chukounen
結局は減額?政府が年金給付額の抑制について具体的な検討を開始

 政府は、年金の給付額抑制に乗り出す方針を固めた。現在のマクロ経済スライド制を見 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …