ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.8%となり、3カ月連続で上昇した。また前月比はプラス0.3%で今年の3月以来の高い伸びとなった。個別品目では魚介類や果物など生活必需品の価格上昇が目立っており、インフレが生活実感として顕在化してくる可能性がより高くなってきている。

 安倍政権の発足以降、物価は着実に上昇してきている。代表的な指標は今年1月から8月までの間に1%も上がった。ただその内訳は内需の拡大によるものではなく、基本的に円安を背景にした輸入価格の上昇である。

 もっとも値上がりが激しいのは電気代で、年初からすでに9%近く上昇している。次に顕著なのがパソコンやテレビといったAV機器、次いで旅行代金となっている。パソコンやテレビはほとんどが輸入であり、旅行代金も為替に左右される。つまりこれまでの物価上昇はすべて円安による輸入インフレであることがわかる。

 春以降は、調理食品、外食などの値上がりも目立つようになってきた。これまで外食産業は、原材料のコスト上昇を価格に転嫁できずにいたが、これもそろそろ限界に達しつつある。電力会社は独占企業なので一方的に値上げが可能であり、真っ先に価格が上昇しただけの違いである。最近では、猛暑の影響で、長く価格低下が続いてきた野菜や果物の値上げが目立ってきている。輸入インフレとは直接関係しないが、生活に密着した商品だけに、物価が上がっているという感覚が増大してくることになるかもしれない。

 日銀が量的緩和策を打ち出した当初は、まだデフレ傾向が激しく、2%の物価目標は達成困難と思われていた。だが実際にフタを開けてみれば、すでに物価は1%も上昇しており、2%の物価目標は十分、射程距離内に入ってきている。実体経済の状況はともかく、見かけ上のデフレ脱却は案外簡単に実現できるかもしれない。

 もっとも市場関係者の多くは、日銀の黒田総裁について確信犯であると見ている。国際的に為替操作と解釈されることは絶対に避けなければならないため、関係者は口が裂けても言わないが、黒田総裁の狙いは最初から、円安誘導による輸入インフレの実現であったというものだ。
 理屈上、デフレ脱却さえ実現してしまえば、実質的な経済成長が伴わないのは政府の責任ということになる。現在は10兆円の大型公共事業の効果でプラス成長を維持できているが、来年はその効果が切れてしまう。政府は景気の腰折れを回避すべく5兆円の補正予算の成立を目論んでいるが、その効果は消費税増税と相殺されてしまうだろう。確かにすでにボールは政府側にあるといってよい。

 来年度以降も景気を持続させることができるのかどうかは、秋の臨時国会で議論される成長戦略の具体的内容にかかってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

jinmindaikaido
中国主導のアジアインフラ投資銀行に英が参加。米は表向き反発なのだが・・・

 英財務省は2015年3月12日、中国が主導するアジアインフラ投資銀行に参加する …

netaniyafu
イスラエルがシリアを空爆。オバマ政権二期目を前に、ネタニヤフ首相が先制パンチ

 シリアの国営通信は1月30日、同国の首都ダマスカス近郊にある軍の科学研究施設が …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …