ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

年配社員と若手社員の携帯電話論争は世代間ギャップの問題ではない

 

 最近、会社内における電話の使い方について、若い世代と年配世代で激しい対立があるという。かけた電話には原則として出るように主張する年輩社員に対して、若手社員は、電話はいつでも出られるわけではないので、重要な要件ならまずメールで連絡して欲しいと主張して対立しているというのだ。

 どちらの主張が正しいのかはともかくとして、この手の論争は、いつかきた道であり、世代交代が起こるごとに常に繰り返されてきたことである。またこうした論争の根底には、指示と権限が明確ではないという日本社会独特の構図が横たわっていることが多い。その点からすれば、まったく意味のない論争といってよいだろう。

 日本の会社において、上司からの電話には必ず出るというルールが存在しているのは、上司からの指示や命令を確実に伝達するためではない。上司と部下という関係性を明確にするための儀式として機能している。その証拠に、留守番電話に要件を吹き込まず「佐々木です。またかけます」といった意味不明のメッセージを残す上司も多いのだ。
 日本の会社では、論理的に指示を出すことはほとんどなく、様々な会話の中から、なんとなく指示や命令が決まっていく。常に対面でやりとりしていないと、業務が進まないのだ。しょっちゅう電話でやりとりするのはそのためである。
 一方、若者はロジカルなのかという決してそうではない。大半の若手社員は、メンドーなので電話に出たくないだけであり、それに対して、あれこれと正当化しているだけだ。

 そのような部下に対して不満があるのなら、上司は業務命令として電話に出ることを強要すればよいだけの話だが、現実的にそれは難しい。外国の企業であれば、解雇も含めて上司に全権限があるので、いい悪いは別として、上司が電話を絶対視するなら、部下に対してはそれを強要するだろう(意外かもしれないが、米国では上司が強要する社内旅行が日本よりもむしろ多いくらいだ)。
 だが日本の上司にはこうした権限は与えられていない。しかも、自分が若い時には、上司からの「理不尽な要求」に対して文句をつけ、上司はそれについて泣き寝入りしてきたわけだから、部下には決して強要できないのだ。

 バブル世代より上は、メールはおろか携帯電話すらなかった。外出先で公衆電話を探して会社にかけ、自分宛のメッセージや上司からの伝言があるか、いちいち確認する必要があった。今の上司たちは当時、これをよく怠り、当時の年配社員からはひどく注意されていたのである。当時の若手社員は、今の若手社員と同じように「用件がないことが分かっているのに何でわざわざ連絡しなければいけないのか」と上司に食ってかかっていた。
 おそらく10年後、20年後にはまったく新しいコミュニケーション・ツールが出現し、現在の若手社員は、将来の若手社員に対して「とりあえあずメールくらいよこせ」と文句を言っているに違いない。

 こうしたコミュニケーションのトラブルをなくすためには、上司と部下の権限を明確にし、ロジカルに指示を出し、業務の成果については本人がしっかりと責任を追う体制を構築する必要がある。だがそのような組織においては、仕事ができなくても何となく在籍していられるといった甘い風潮は存在しないだろう。若手も年配世代も、本当にそのような文化を望んでいるのだろうか?それはかなり疑問である。

 - 社会 , , ,

  関連記事

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

yamatoyusei
ヤマト運輸と政府のバトルが再び勃発。郵政上場でも、まったく状況は変わらず

 郵便事業をめぐるヤマト運輸と政府のバトルが久々に復活した。ヤマト運輸は2015 …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …