ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。国税庁が9月に発表した民間給与実態統計調査によれば、2012年の民間平均給与は408万円となり、2年連続で減少していることが明らかになった。この金額は1989年とほぼ同じ水準であり、約四半世紀も前の水準に逆戻りしてしまったことになる。

 国税庁では毎年、民間企業で働く従業員の給与を調査している。2012年の給与所得者数は5422万人で、前年より0.1%減少した。一方、支払われた給与の総額は前年より2.4%減少しているため、平均給与が減少した。
 2012年は従業員の数が減少しているが、ここ20年は基本的に従業員の数が増加している。賃金が下がり続けているのは、従業員の総数は増えているにもかかわらず、給与総額の減少が止まらないためだ。

 2012年の平均給与は24年前の1989年と同水準だが、当時の給与所得者数はわずか3850万人であり、現在の7割しかいない。従業員は1.5倍近くに増えているのに、給与総額は1.2倍にしかなっていないのだ。バブル崩壊後の20年は1人でできる仕事を1.2人、1.5人と増やしていき、ひたすら生産性を下げることばかりに専念してきたといえる。バブル崩壊後、他の先進国はGDPを1.5倍から2倍に増やしているのに、日本だけが横ばいだったことを考えるとこの結果はある意味で当然といえる。

 日本が結果的に生産性の低下に邁進してきた原因は明らかである。それは雇用の維持だ。日本は企業の生産性の向上よりも雇用の維持を優先させてきた。だが経済が拡大しない中ではそれにも限界がある。従来の環境では雇用を維持できなくなった分は非正規社員という形で極端に給料が安い就労形態に切り替え、正規社員の給与も抑制することによって、なんとか全体の雇用を維持してきたということになる。

 ちなみに、国税庁では今回の調査から正規社員と非正規社員を区別して統計を取っている。全体平均は408万円だったが、正規従業員は467万円、非正規従業員は168万円となっており、正規従業員は非正規の3倍近くの給料をもらっている実態も明らかになった。

 企業の生産性が低下したままでは、そこから成長の芽が出てくる可能性は低い。これが景気低迷を長引かせ、さらに雇用の維持が厳しくなるという悪循環を繰り返すことになる。安倍政権の登場によって、20年続いてきた賃金減少に歯止めがかかる可能性が見えてきている。だがアベノミクスによる景気の回復は、財政出動を伴う大型の公共工事と景気循環局面がうまく重なったものである可能性が高く、日本経済の本質的な構造が変化しているわけではない。

 オリンピックの東京開催が決まり、今後7年間は大型の公共工事が続く可能性が高くなってきた。日本はつかの間の景気回復を謳歌することができるかもしれないが、産業構造の転換を伴わないまま、オリンピック終了を迎えた時には、かなりの反動不況がやってくることになるかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済 , , , ,

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

matsui
引退表明の松井秀喜。頼むから日本の大学入学、巨人監督という道だけは歩まないでくれ

 現役引退を表明した松井秀喜氏が大学への進学を検討していることが明らかとなった。 …

kourousho
社会福祉法人改革をきっかけに、公益的事業全般に関する議論の強化を

 厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会において、介護や保育の事業を行ってい …

kyositu01
体罰問題の背景には、過保護に育てられケンカをしたことがない教師の存在がある?

 全国の学校で体罰の実態が次々と明るみ出ているが、驚くべきことに、生徒がかなりの …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …