ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向けた中間論点整理案を発表した。案では、国債中心のポートフォリオを見直し、新たなリスク資産も運用対象に加えるよう求めた。デフレからインフレへと転換する経済情勢に合わせた運用を行うべきとしている。

 日本の公的年金はこれまで基本的に国債を中心に運用を行ってきた。国債は安全資産といわれてきたが、超低金利が続いていることから運用成績が悪化しているほか、最近では金利上昇が予想されており、国債に偏った運用のリスクが指摘されるようになってきた。

 公的年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフォリオを見直すことを発表している。新しいポートフォリオでは、国内債券の比率が67%から60%に引き下げられる一方、国内株式が11%から12%に、外国株式が9%から12%に、外国債券が8%から11%にそれぞれ引き上げられた。
 ただしこの見直しは、従来の基本ポートフォリオ(運用方針)とかなり乖離していた現実のポートフォリオに対して、基本ポートフォリオの方を合わせただけであり、現状追認というニュアンスが強い。今後は、この水準からさらにどの程度、ポーフォリオを見直すのかが焦点となる(図は2013年6月末のポーフォトフォリオ)。

 論点整理案では、具体的なポートフォリオには言及していないが、あらたな運用対象として不動産投資信託(REIT)、インフラ投資、プライベートエクイティ(未公開株)、コモディティなどが列挙されている。国内債券の比率が下がり、こうした新しい商品の割合が高まることを想定している。
 この方向性については二つの解釈をすることができる。ひとつは、今後アベノミクスが順調に推移し、国内不動産価格の上昇や株式の新規公開が相次ぐという予想から、より高いリターンを求めてこれらのリスク資産に投資をするという積極的な解釈。もうひとつは、物価上昇が懸念されることや日本国債の信認低下で金利が急上昇するリスクを考慮し、現在保有している国債の下落による損失を回避するためという消極的な解釈だ。

 もちろんその両者ということもあるのだろうが、年金の運用は原則として安全第一である。現実には金利上昇による損失回避を強く意識していることは間違いない。国民の年金を預かる極めて保守的な公的年金の運用が、とうとう国債価格の下落を意識し始めたのである。景気回復を伴うものであってもそうでなくても、国債価格が下落し、金利が上昇する時代が近づいていることを示している。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

myanmer02
民主化に逆行?ミャンマーで仏教徒女性の異教徒との結婚を制限する法案が波紋を呼ぶ

 民主化と経済開放が続くミャンマーで、議会に提出が予定されているある法案をめぐっ …

ginonujisshu
現代の奴隷制度ともいわれる外国人技能実習制度の改革は進むのか?

 新興国の外国人を期間限定で受け入れ、働きながら技能を学ぶ「技能実習制度」の改革 …

abeseichou03
安倍首相が成長戦略第3弾を発表。全体像が見えてきたが市場の失望を誘う内容

 安倍首相は6月5日、都内で講演し規制緩和を軸とした成長戦略の第3弾を発表した。 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

tusnami
避難場所の3割に津波。自分の身は自分で守るという意識こそが地域の安全を高める

 内閣府が東日本大震災の被災者に対して行ったアンケート調査で、自治体が指定する避 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

hitomi201605
衛星ひとみの墜落事故。リスク過小評価で、設計そのものに不備との報告書

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2016年5月24日、機体が破壊され、地上に …