ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向けた中間論点整理案を発表した。案では、国債中心のポートフォリオを見直し、新たなリスク資産も運用対象に加えるよう求めた。デフレからインフレへと転換する経済情勢に合わせた運用を行うべきとしている。

 日本の公的年金はこれまで基本的に国債を中心に運用を行ってきた。国債は安全資産といわれてきたが、超低金利が続いていることから運用成績が悪化しているほか、最近では金利上昇が予想されており、国債に偏った運用のリスクが指摘されるようになってきた。

 公的年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフォリオを見直すことを発表している。新しいポートフォリオでは、国内債券の比率が67%から60%に引き下げられる一方、国内株式が11%から12%に、外国株式が9%から12%に、外国債券が8%から11%にそれぞれ引き上げられた。
 ただしこの見直しは、従来の基本ポートフォリオ(運用方針)とかなり乖離していた現実のポートフォリオに対して、基本ポートフォリオの方を合わせただけであり、現状追認というニュアンスが強い。今後は、この水準からさらにどの程度、ポーフォリオを見直すのかが焦点となる(図は2013年6月末のポーフォトフォリオ)。

 論点整理案では、具体的なポートフォリオには言及していないが、あらたな運用対象として不動産投資信託(REIT)、インフラ投資、プライベートエクイティ(未公開株)、コモディティなどが列挙されている。国内債券の比率が下がり、こうした新しい商品の割合が高まることを想定している。
 この方向性については二つの解釈をすることができる。ひとつは、今後アベノミクスが順調に推移し、国内不動産価格の上昇や株式の新規公開が相次ぐという予想から、より高いリターンを求めてこれらのリスク資産に投資をするという積極的な解釈。もうひとつは、物価上昇が懸念されることや日本国債の信認低下で金利が急上昇するリスクを考慮し、現在保有している国債の下落による損失を回避するためという消極的な解釈だ。

 もちろんその両者ということもあるのだろうが、年金の運用は原則として安全第一である。現実には金利上昇による損失回避を強く意識していることは間違いない。国民の年金を預かる極めて保守的な公的年金の運用が、とうとう国債価格の下落を意識し始めたのである。景気回復を伴うものであってもそうでなくても、国債価格が下落し、金利が上昇する時代が近づいていることを示している。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

businessman02
生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

ieren02
FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FO …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …