ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化している。これに対して、厚生労働省の検討会は「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとする報告書をとりまとめた。

  現在、老人向け介護施設は全国的に不足気味の状況となっているが、首都圏など人口過密地帯では特にその傾向が強い。一方、過疎が進む地方自治体では、都市部の高齢者を受け入れようという動きが一部で活発化している。中には、都市部の高齢者を受け入れる目的であらたに特別養護老人ホームを整備する構想を持つ自治体もある。

 都市部の高齢者の介護などを議論していた厚生労働省の検討会は9月20日、施設が不足する東京23区などに関しては、特定域内での整備を定めた指針を見直し、郊外や他県にも施設を造ることができるよう求めた報告書をとりまとめた。一方で、地方の自治体が施設を整備して高齢者の移住を促す動きが出ていることに対しては「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとした。

 高齢者の受け入れと送り出しのニーズにはかなりのミスマッチがある。受け入れ側はあらたな設備の建設なども視野に入れているため比較的大人数での受け入れを希望している。だが送り出し側は、高齢者本人が移住を望まないケースも多く、限定的な範囲での送り出しを前提にしている。受け入れ側は、施設建設やそれに伴う雇用の確保など産業政策として高齢者を受け入れを考えているのに対して、送り出し側は純粋に福祉の問題として検討しているところに最大の原因がある。

 ただ現実的な問題として、高齢になってから移住を希望する高齢者が多いとは考えにくく、施設ありきで制度が導入された場合には本人の意思に反する移住が強要される可能性がある。また東京といえでも、人口減少によって空き家の数は増える一方である。点在する空き家を活用するのは現実には簡単なことではないが、マクロ的には生活のインフラは十分すぎるほど整っている。わざわざ他の地域に高齢者を移住させる合理的な理由は少ない。

 もし高齢者の移住が、地方の建設、雇用といった視点で検討されている面が大きいのであれば、これは産業政策という別な視点での対応が必要なテーマである。産業政策と福祉政策を混同することは、政策の目的をあいまいにしてしまう危険性があり、望ましくない。

 - 社会 , , , ,

  関連記事

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

sumahobunkai
東京五輪で廃スマホから金メダルを作るプランが浮上。資源再利用都市をアピール

 東京オリンピックで選手に授与されるメダルをスマホから作るというプランが浮上して …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …