ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化している。これに対して、厚生労働省の検討会は「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとする報告書をとりまとめた。

  現在、老人向け介護施設は全国的に不足気味の状況となっているが、首都圏など人口過密地帯では特にその傾向が強い。一方、過疎が進む地方自治体では、都市部の高齢者を受け入れようという動きが一部で活発化している。中には、都市部の高齢者を受け入れる目的であらたに特別養護老人ホームを整備する構想を持つ自治体もある。

 都市部の高齢者の介護などを議論していた厚生労働省の検討会は9月20日、施設が不足する東京23区などに関しては、特定域内での整備を定めた指針を見直し、郊外や他県にも施設を造ることができるよう求めた報告書をとりまとめた。一方で、地方の自治体が施設を整備して高齢者の移住を促す動きが出ていることに対しては「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとした。

 高齢者の受け入れと送り出しのニーズにはかなりのミスマッチがある。受け入れ側はあらたな設備の建設なども視野に入れているため比較的大人数での受け入れを希望している。だが送り出し側は、高齢者本人が移住を望まないケースも多く、限定的な範囲での送り出しを前提にしている。受け入れ側は、施設建設やそれに伴う雇用の確保など産業政策として高齢者を受け入れを考えているのに対して、送り出し側は純粋に福祉の問題として検討しているところに最大の原因がある。

 ただ現実的な問題として、高齢になってから移住を希望する高齢者が多いとは考えにくく、施設ありきで制度が導入された場合には本人の意思に反する移住が強要される可能性がある。また東京といえでも、人口減少によって空き家の数は増える一方である。点在する空き家を活用するのは現実には簡単なことではないが、マクロ的には生活のインフラは十分すぎるほど整っている。わざわざ他の地域に高齢者を移住させる合理的な理由は少ない。

 もし高齢者の移住が、地方の建設、雇用といった視点で検討されている面が大きいのであれば、これは産業政策という別な視点での対応が必要なテーマである。産業政策と福祉政策を混同することは、政策の目的をあいまいにしてしまう危険性があり、望ましくない。

 - 社会 , , , ,

  関連記事

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …

shoushika2014
50年後も人口1億人の政府目標。課題は出生率の上昇だけではない

 政府の有識者委員会「選択する未来」は2014年5月13日、人口減少問題の解決を …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …