ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都市在住高齢者の地方施設への移住が検討されている背景とは?

 

 都市部における介護施設不足の解決策として、地方施設への移住を促す動きが活発化している。これに対して、厚生労働省の検討会は「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとする報告書をとりまとめた。

  現在、老人向け介護施設は全国的に不足気味の状況となっているが、首都圏など人口過密地帯では特にその傾向が強い。一方、過疎が進む地方自治体では、都市部の高齢者を受け入れようという動きが一部で活発化している。中には、都市部の高齢者を受け入れる目的であらたに特別養護老人ホームを整備する構想を持つ自治体もある。

 都市部の高齢者の介護などを議論していた厚生労働省の検討会は9月20日、施設が不足する東京23区などに関しては、特定域内での整備を定めた指針を見直し、郊外や他県にも施設を造ることができるよう求めた報告書をとりまとめた。一方で、地方の自治体が施設を整備して高齢者の移住を促す動きが出ていることに対しては「慎重に検討すべきだ」として、無条件の受け入れは望ましくないとした。

 高齢者の受け入れと送り出しのニーズにはかなりのミスマッチがある。受け入れ側はあらたな設備の建設なども視野に入れているため比較的大人数での受け入れを希望している。だが送り出し側は、高齢者本人が移住を望まないケースも多く、限定的な範囲での送り出しを前提にしている。受け入れ側は、施設建設やそれに伴う雇用の確保など産業政策として高齢者を受け入れを考えているのに対して、送り出し側は純粋に福祉の問題として検討しているところに最大の原因がある。

 ただ現実的な問題として、高齢になってから移住を希望する高齢者が多いとは考えにくく、施設ありきで制度が導入された場合には本人の意思に反する移住が強要される可能性がある。また東京といえでも、人口減少によって空き家の数は増える一方である。点在する空き家を活用するのは現実には簡単なことではないが、マクロ的には生活のインフラは十分すぎるほど整っている。わざわざ他の地域に高齢者を移住させる合理的な理由は少ない。

 もし高齢者の移住が、地方の建設、雇用といった視点で検討されている面が大きいのであれば、これは産業政策という別な視点での対応が必要なテーマである。産業政策と福祉政策を混同することは、政策の目的をあいまいにしてしまう危険性があり、望ましくない。

 - 社会 , , , ,

  関連記事

wakamono02
若者は1社での終身雇用を強く望んでいる。白書が示す若者の意識と政策のミスマッチ

 日本の雇用政策は、ライフスタイルや価値観の多様化に合わせて、柔軟な雇用形態を選 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

hoikuen
社会福祉法人の情報公開を徹底するだけでも、待機児童の問題は改善する可能性がある

 保育施設の規制緩和が進まず、待機児童の数が減らない理由のひとつに、既存の保育施 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

masuzoe
舛添知事の豪華旅行に批判殺到。だが公務員の厚遇は国民が求めてきた結果ともいえる

 舛添要一東京都知事の高すぎる海外出張経費が問題視されている。ファーストクラス利 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …