ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従業員の賃上げにつながっているか調査を行う方針を固めた。2014年4月以降、主要企業の賃金動向について結果を公開する。

 安倍政権はこれまで法人減税に対しては慎重な姿勢を崩していなかった。だが消費増税による景気の腰折れ懸念が強まってきたことや、財界からの強い要望があることなどから法人減税に踏み切った。
 だが企業優遇との批判が出ることが懸念されるほか、減税を行っても企業の内部留保だけが増加するリスクもある。このため、減税分が賃金増加につながるよう、半ば「強制的」に賃上げを促すための仕組みが今回の賃金公開というわけである。

 市場メカニズムを無視して企業に対して賃上げを強要するとインフレが加速するなどの弊害があるとして、一部からは強い懸念の声が出ている。だがそれ以前の問題として、国民生活という観点においても、政府の賃上げ要請の効果は限定的である可能性が高い。その理由は製造業から非製造業へという大きな人の流れが存在しているからだ。

 日本では製造業の雇用者数は一貫して減少が続いている。2009年から現在までの間に製造業の雇用者数は85万人減少した。一方、非製造業の雇用者数は130万人増加している。製造業で職を失った人の多くは非製造業に吸収されていると考えられるが、問題はその給与の額である。
 製造業は他の業種に比べて給料が高い。一方、非製造業の給料は、独占企業が多い電気・ガスやITといった一部の業種以外では製造業よりもかなり低い。非製造業の中でも雇用者数が多いのは卸・小売りだが、この業界の平均給与は製造業に比べて15%~30%低いというのが現実だ。
 製造業から非製造業に労働者がシフトしてしまうと、労働者全体の平均給与は下がってしまうことになる。このため、政府が賃上げを要請して一部の企業がそれに応じたとしても、全体の賃金はなかなか上昇しない可能性が高い。

 非製造業の給料が安い理由は、製造業に比べて生産性が低いからである。だが困ったことに生産性を向上させると、今度は雇用が失われてしまう。欧州や米国のように付加価値の高いサービス業を育成することが経済全体としては望ましいだろうが、現在の日本ではそれは現実的に難しい。また欧州や米国でも、生産性の向上は結果的に失業率の悪化に結びついてしまっている。

 産業には寿命というものがあり、製造業から非製造業へという流れはおそらく止めることができない。最終的には、優秀な一部の人に集中して稼いでもらうのか、1人でできる仕事を複数の労働者でシェアし雇用を維持するのかという二者択一ということになる。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

genba
玄葉外相が、日本は韓国よりも米国から信頼されていると見苦しい自慢話を展開

 今回の北朝鮮のミサイル発射では、韓国側の情報が錯綜し混乱が見られた。この点につ …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

goldenspike
とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行 …

shukinpeibaeikyu
中台首脳が66年ぶりの歴史的会談へ。だが台湾総統選挙には逆効果?

 中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が2015年11月7日、シンガポールで会 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …