ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを正式に決定した。閣議決定を受けて記者会見に臨んだ安倍首相は「国の信認を維持し、社会保障制度を次世代に引き渡すことが責務」であると述べ、消費税の増税に対して理解を求めた。

 消費税の増税はすでに既定路線となっており「最後の最後まで考え抜いた」という首相の発言はポーズといってよいだろう。
 消費増税が正式に決定されたことで、永田町の関心は増税後の景気に落ち込みとそれに伴う経済対策の内容に移っている。政府は消費増税への対応策として5兆円規模の経済対策を検討している。その中身は、減税と大型の公共事業からなっている。

 減税策として具体的に検討されているのは、設備投資を行った法人に対する減税(いわゆる投資減税)と東日本大震災の復興財源に充てる特別法人税廃止の前倒しである。また賃上げを行った法人に対する減税措置も盛り込む。これらを合わせた減税規模はおよそ2兆円になる見込みだ。

 公共事業については、昨年に引き続いて大型の補正予算案で対応する。現在予算編成作業が行われている2015年度予算案も、消費増税を見込んだバラマキ予算である。だが実際に予算が執行されるのは4月以降であり、それまでの間は経済対策が空白となる。これに対応するのが補正予算という位置付けである。また安倍政権がギリギリまで導入を躊躇していた法人税の実効税率の引き下げについては、準備が整い次第、導入を進めていく。

 前回の補正予算は10兆円(民間支出分を合わせると20兆円)という大規模なものであった。消費増税の判断基準となった4~6月期GDPの数値が良好だったのは、この補正予算による公共事業の影響が大きい。また、消費増税を前にした住宅の駆け込み需要が旺盛だったことを考えると、5兆円の経済対策と来年度の当初予算だけでは景気の落ち込みを防ぐことは難しいかもしれない。
 だが安倍政権には幸運にもオリンピックという追い風が吹いている。オリンピック開催を前提にした公共事業の前倒しが可能となるため、より大型の公共事業を継続できる見通しが立ちつつあるのだ。

 大型の補正予算とオリンピックによる公共事業の前倒しで、当初の予想とは異なり、消費増税後の経済運営も順調に進む可能性が出てきた。だがそれは需要の先食いであり、どこかのタイミングでそのツケは回ってくる。長期政権化が確実視されつつある安倍政権だが、政権にとって最大の敵はやはり経済問題であり続けるのかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

googlehead
グーグルの決算が過去最高。単価下落でネットは再び消耗戦の時代へ突入

 米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは2016年2月1日、2015年10 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

interviewposter
結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」 …

clintontoronkai
米民主党、候補者討論会。夫を彷彿とさせるヒラリー氏の左旋回作戦

 来年11月の米大統領選に向けた民主党の候補者討論会が2015年10月13日、ネ …

bouekitoukei201403
3月の貿易赤字は1兆4463億円。赤字拡大のトレンドは継続している

 財務省は2014年4月21日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …