ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は良好な数値が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業景気指数は前月から0.5ポイント上昇し56.2となった。欧州や中国でも景況感が改善しており、世界的に景気が上向きつつある。

 米国は旺盛な個人消費に支えられ、リーマンショック以降、サービス業は順調な回復ぶりを示してきた。
 だが欧州の景気低迷が長引いていることや、中国経済の失速懸念が急速に高まったことで、製造業の景況感は低迷が続いてきた。2012年以降、製造業の指数は景気判断の境目となる50前後を行き来することが多くなっていた。

 だが2013年の6月あたりからこの状況が大きく変わり始めた。製造業の指数が上昇に転じてきたのである。その主な要因は欧州景気に底入れの兆しが見えてきたことや、中国経済がハードランディングする可能性が下がってきたことである。

 かつては、資源国が生産した原材料を日本が輸入し、組み立てられた製品を欧州と米国が輸入するという構図であった。だが最近では、資源国の輸出はアジアに向かい、最終的に中国で組み立てられ、欧州と米国に輸出されるという形に変化してきている。米国で完成した商品は米国内で消費されるとともに、一部は欧州や中国に再輸出される。欧州と中国に対する不安材料が減少したことから、米国のメーカーの中には思い切った設備投資に踏み切るところも増えてきている。この効果が、欧州と中国の景況感の改善につながってきているのだ。

 中国国家統計局が発表した9月の製造業購買担当者指数(PMI)は51.1となり、8月の51.0から上昇した。またユーロ圏における9月の製造業PMIは前月を0.3ポイント下回ったものの、サービス業も含めた総合指数は0.6ポイントの大幅上昇となっている。

 この状況は日本にとっては非常に好都合である。日本は今まで、国内で製造した部品を中国に輸出し、最終的に米国に輸出していた。このため見かけ上は中国向けの輸出が米国向けを上回っていた。だが最近では低付加価値製品の製造拠点がアジアに移転したことから、輸出における米国依存度が再び上昇している。日本の輸出が増えるかどうかは、すべて米国にかかっているといってよい。米国における景況感の改善は、日本の輸出産業にとって朗報といえるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

amari
政府が正式にTPP交渉参加を表明へ。だが交渉は大詰めで時すでに遅しか?

 安倍首相は3月15日に、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の交渉参加を正式 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

towerbridge
英中央銀行がフォワードガイダンスを見直し。これってどういう意味?

 英国の中央銀行であるイングランド銀行は2014年2月12日、金融政策の見通しを …

conbini
コンビニ最終戦争?セブンは沖縄出店、ファミマとサークルKサンクスは経営統合。

 コンビニ業界でシェア拡大を目指した動きが活発化している。最大手のセブン-イレブ …