ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助言大手アブラハム・プライベートバンクを行政処分するよう金融庁に勧告する。監視委員会では、同社が金融商品販売業者の登録をせずに海外運用会社の商品を実質的に販売したと判断しており、金融庁は、業務の一時停止を求める方針だという。

 同社は現在、金融取引業者のうち投資助言・代理業として関東財務局に登録している。この区分では投資家に対して投資の助言をすることまでは認められているが、特定の金融商品を推奨したり、商品の販売会社から手数料を受け取ることはできない(写真は同社が入る港区のビル)。
 この業務を実施するには、第二種金融商品取引業の登録が必要となるが、同社はこの登録を行っていない。
 監視委員会では、同社が海外ファンドの運用業者から、海外の関連会社を通じて実質的に手数料を受け取っていたと判断している。これが事実であれば、金融商品取引法に違反していることになる。

 同社は、富裕層向けマーケティング会社であるアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社の100%子会社。同社グループは三井物産出身の高岡壮一郎氏が2005年に創業したベンチャー企業で、金融資産1億円以上の富裕層限定会員組織「ゆかし」を運営しているほか、富裕層情報サイト「ゆかしメディア」の運営を行っている。

 同社は、2000年代半ばの富裕層ブームを背景に創業。1億円以上の資産家が集まるという会員組織「ゆかし」はマスメディアでも取り上げられ当時はちょっとした話題となった。最近は、日本の将来性に対する不安から海外の投資機会を探る人が増えてきており、同社の海外ファンド投資助言サービスは人気を集めている。すでに2000人から3000人の会員がいるとみられる。

 最近発生したAIJ投資顧問の事件のように顧客の資産がなくなっているわけではなく、実際にファンドはきちんと運用されていることから、処分はそれほど重くはならない可能性が高い。
 ただ同社は株式の上場を目指しており、多数のベンチャーキャピタルが出資している。行政処分ということになると上場には黄色信号が付く可能性もある。
 また税務当局は日本の財政への信認が低下していることから、海外への資金流出にかなり神経質となっている。従来、海外への送金は富裕層が中心であったが、最近では円安傾向が定着していることや、日本の年金や財政に対する不信感から中間層でも海外への投資に関心を持つ人が増えてきている。個人に対して海外ファンドを積極的に紹介していた同社が処分されることになれば、こうした流れにも少なからず影響を与えることになるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nikkeifinancialtimes
日経によるFT買収。読者層が異なる媒体でシナジー発揮できるのか?

 日本経済新聞社は2015年7月23日、英国の経済紙フィナンシャル・タイムズ(F …

meti03
650万円の生活費を2年支給するというベンチャー支援策が登場する背景

 政府が、起業を後押しするために、650万円の生活費を最長で2年間支給する制度を …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

tsubaki
資生堂が初の本格的な社長外部招聘。お公家さん社風は変わるのか?

 資生堂は昨年末、前田新造会長兼社長が代表権のある会長に専念し、元日本コカ・コー …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …