ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始した。近く具体的な内容をまとめ、秋の臨時国会に関連法案を提出する予定だ。
 解雇特区に対しては「首切りが横行する」「ブラック企業の温床となる」などの批判が出ている。だが解雇特区の本質は従業員の処遇ではない。従来型企業に対する、ベンチャー企業や外資系企業の優遇策という、企業の競争力に関するテーマとして捉えるべきものである。

 特区に関する現在の案では、特区内の企業は解雇ルールや労働時間に関する規制が一定条件下で緩和される。
 契約で明文化すれば企業側は従業員を容易に解雇できるようになるほか、残業代のない働き方も認められる。現行では5年を超える有期雇用は無期雇用に切り替える必要があるが、その規制も撤廃される。

 ただし、これらの特例は、開業後5年以内の企業や外国人労働者が3割以上の企業に限定される。つまり、この解雇特区はベンチャー企業と外資系企業の競争力強化を狙ったものなのである。
 ベンチャー企業や外資系企業には、もともと終身雇用という概念が存在していない。特区はこうした企業のグレーゾーン的な現状を、新しい法律で追認することを意味している。

 仮に特区が導入されても、多くの大企業や中堅企業では社員の終身雇用を守ろうとする可能性が高い。わざわざ新会社を作って解雇に追い込むところは少ないだろう。中小企業についてはすでに容赦ない解雇が行われており、特区の導入で大きく状況が変化するわけではない。またブラック企業は、社員が辞職せず劣悪な環境で労働し続けることを望むので、解雇特区は魅力的な存在にはならない。
 結局のところ、一部の大企業やベンチャー企業、外資系企業などが、高い報酬を提示する代わりに、成果が上がらない場合には解雇する雇用形態を労働者に提示する可能性が高い。日本にはベンチャー企業がそれほど多くないことを考えると、実質的には外資系企業の優遇策と考えるのが自然だ。

 安倍政権では法人税の減税も同時に検討を進めており、解雇要件の緩和と法人減税がセットになれば、日本に進出する外資系企業は増えてくる可能性がある。競争力の高い外資系企業が積極的に進出してくれば、いい意味で日本経済の活性化に寄与するはずだ。
 だが一方で、こうした政策は、外資系企業だけがメリットを享受しているという印象を生みだしかねない。今回の特区構想は、日本全体で雇用制度改革を導入できないことに対する妥協案として産業競争力会議で浮上してきたものである。妥協の産物として生まれた不完全な「構造改革」は危ういバランスの上に成り立っている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

orando02
アフリカのマリが第二のイラク、アフガンに?マリ軍への移管ができず仏軍が苦慮

 イスラム武装勢力の追討を目指してフランスが介入したアフリカのマリ共和国において …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

no image
中国初の空母が正式に就役。名前は「釣魚島(尖閣)」ではなく「遼寧」だった

 中国初の空母となる旧ソ連製の「ワリャーグ」が正式に就役した。注目されていた名称 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

nodae01
野田首相が驚愕発言!政党であるにも関わらず政策を放棄し官僚に丸投げ

 民主党は次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)を発表したが、その内容に関す …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

contena2
円安なのに輸出が増えない!Jカーブ効果というが本当なのか?

 財務省が20日発表した1月の貿易収支は1兆6294億円の赤字となり、単月の赤字 …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …