ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始した。近く具体的な内容をまとめ、秋の臨時国会に関連法案を提出する予定だ。
 解雇特区に対しては「首切りが横行する」「ブラック企業の温床となる」などの批判が出ている。だが解雇特区の本質は従業員の処遇ではない。従来型企業に対する、ベンチャー企業や外資系企業の優遇策という、企業の競争力に関するテーマとして捉えるべきものである。

 特区に関する現在の案では、特区内の企業は解雇ルールや労働時間に関する規制が一定条件下で緩和される。
 契約で明文化すれば企業側は従業員を容易に解雇できるようになるほか、残業代のない働き方も認められる。現行では5年を超える有期雇用は無期雇用に切り替える必要があるが、その規制も撤廃される。

 ただし、これらの特例は、開業後5年以内の企業や外国人労働者が3割以上の企業に限定される。つまり、この解雇特区はベンチャー企業と外資系企業の競争力強化を狙ったものなのである。
 ベンチャー企業や外資系企業には、もともと終身雇用という概念が存在していない。特区はこうした企業のグレーゾーン的な現状を、新しい法律で追認することを意味している。

 仮に特区が導入されても、多くの大企業や中堅企業では社員の終身雇用を守ろうとする可能性が高い。わざわざ新会社を作って解雇に追い込むところは少ないだろう。中小企業についてはすでに容赦ない解雇が行われており、特区の導入で大きく状況が変化するわけではない。またブラック企業は、社員が辞職せず劣悪な環境で労働し続けることを望むので、解雇特区は魅力的な存在にはならない。
 結局のところ、一部の大企業やベンチャー企業、外資系企業などが、高い報酬を提示する代わりに、成果が上がらない場合には解雇する雇用形態を労働者に提示する可能性が高い。日本にはベンチャー企業がそれほど多くないことを考えると、実質的には外資系企業の優遇策と考えるのが自然だ。

 安倍政権では法人税の減税も同時に検討を進めており、解雇要件の緩和と法人減税がセットになれば、日本に進出する外資系企業は増えてくる可能性がある。競争力の高い外資系企業が積極的に進出してくれば、いい意味で日本経済の活性化に寄与するはずだ。
 だが一方で、こうした政策は、外資系企業だけがメリットを享受しているという印象を生みだしかねない。今回の特区構想は、日本全体で雇用制度改革を導入できないことに対する妥協案として産業競争力会議で浮上してきたものである。妥協の産物として生まれた不完全な「構造改革」は危ういバランスの上に成り立っている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

hosino
星野リゾートなど新規REITが続々登場。日本経済の救世主となるか?

 全国にリゾートホテルや旅館を手掛ける星野リゾートが、不動産投資信託(REIT) …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …