ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席がインドネシア国会で外国要人として初の演説。両国関係は劇的に変化

 

 中国の習近平国家主席は10月3日、インドネシアを訪問し、国会で演説を行った。インドネシアの国会で外国の要人が演説するのは初めてのことだが、その最初の国が、インドネシアと長く断絶関係にあった中国であったことに、各国は驚いている。東南アジア諸国と中国との関係が大きく変わったことを印象付ける訪問となった。

 インドネシアは戦後、長く独裁体制が続いていたが、石油資源が豊富であることや、のちに反共姿勢を鮮明にしたことなどから、米国や日本は一種の特別待遇で友好関係を結んできた。日本にとってインドネシアは、中東以外で唯一、安定的に石油を輸入できる数少ない国のひとつといってよい。

 今ではバラエティ番組で毒舌を吐くイメージしかないが、デヴィ夫人(旧日本名:根元七保子さん)は、友好関係の証として当時のスカルノ大統領の第3婦人として輿入れした人物である。
 一方、中国との関係はスハルト政権以降、最悪の状態が続いていた。1960年代に発生したインドネシア共産党によるクーデター未遂事件は中国共産党の支援によるものだとして中国との外交関係を断絶している。通常の外交関係に戻ったのは1990年代に入ってからである。

 だが最近はASEANの経済発展と中国の台頭で状況が大きく変わってきている。インドネシアと中国の貿易は急拡大しており、双方にとってなくてはならない存在になっている。インドネシアは2万近くの島を抱える海洋国家だが、中国との領有権問題が存在していないことも大きい。
 演説した習氏は、かつて明の永楽帝の命を受けて東南アジアへの大航海を行った宦官の鄭和を引き合いに出し、両国は歴史的に友好関係にあると強調した。ただ、フィリピンやベトナムとの領有権問題については、平和的解決を望んでいるという表現にとどめ、中国が多国間協議に応じていないことについては触れなかった。
 こうした中国の姿勢にインドネシア国内の一部からは反発の声も上がっているが、総じて中国との接近を歓迎するムードとなっている。

 中国によるインドネシアとの友好関係の演出は、当然、日本とインドネシアの関係にくさびをいれることを目的の一つとしている。今回の訪問で何か大きな変化があるわけではないが、東南アジアの地政学的な関係は、確実に変わりつつあることを今回の訪問は示しているといえるだろう。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

nodazeichou
与党が2014年度税制改正大綱を発表。目玉はなくインパクトにに欠ける内容に終始

 自民・公明の両党は2013年12月12日、2014年度の税制改正大綱を決定した …

kuroda02
日銀は2年で2%という物価目標を堅持。そうだとすると、追加緩和は必須?

 日銀の黒田総裁は2015年3月17日、記者会見において「2%の物価目標を2年程 …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

kasutoro
カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィ …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …