ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

摩天楼の象徴エンパイアステートビルが上場。米国の不動産市場は絶好調

 

 ニューヨークの摩天楼を象徴といわれる超高層ビル「エンパイアステートビル」が10月2日、ニューヨーク証券取引所に上場した。同ビルを中心にマンハッタンのオフィスビルを保有する管理会社が、不動産投資信託(REIT)として上場させた。活況を呈する米国の不動産市況を背景に投資家がより高いリターンを求めている状況がより鮮明になってきた。

 上場したのは「エンパイアステート・リアルティ・トラスト」。上場初日の取引は公開価格を小幅に上回る13.10ドルで終了し、2日目もさらに上昇した。調達した資金は約9億3000万ドル(約900億円)でほとんどを投資家に対する還元に回す予定だという。

 商業ビルのオーナーには、自身で不動産を所有して賃料を得るやり方と、REITという形で資産を市場で売却し、間接的に物件を管理するやり方の2種類がある。REITとして上場させてしまうと、物件は不特定多数のものとなるため、完全にコントロールすることはできなくなるが、市場からは大量の資金を調達することができる。不動産市況が活発になってきた場合には、高値で市場に出すことができるので、REIT化を選択するオーナーも増えてくる。

 エンパイアステートビルは、まさにマンハッタンを象徴するビルであり、本来であれば無理に上場させる必要性はない物件といえる。だが米国の景気回復を受け、ニューヨークの不動産価格は高騰している。総合的に見て市場に出した方が得策と判断した可能性が高い。

 エンパイアステートビルが竣工したのは何と82年も前の1931年。アールデコ・スタイルを取り入れた当時としては斬新なデザインとその高さが話題となり、オープンの式典にはフーバー大統領やジミー・ウォーカー・ニューヨーク市長など著名人が多数出席した。
 折しも世界恐慌の直後であり、竣工直後はテナントの3割が空き室のままという状況だったが、米国の景気回復とともに、米国を代表するビルとして世界にその名前を轟かせてきた。9.11テロで崩壊したワールドトレードセンタービルができるまでは、米国でもっとも高いビルであった。

 工事開始から完成までの期間はわずか2年と、現代の超高層ビルとあまり大差はない。当時の米国の驚異的な技術水準と経済力を伺い知ることができる。ちなみにワールドトレードセンターの崩壊でエンパイアステートビルはニューヨークでもっとも高いビルになったが、ワールドトレードセンターの跡地に現在建設が進められているワンワールド・トレードセンターが完成する2014年には、再び第一の座を明け渡すことになる。

 - 経済 , , ,

  関連記事

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …