ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の国際収支状況から見えてくる、今後の日本企業が進むべき道

 

 財務省は10月8日、8月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は1615億円の黒字となったが、前年同月との比較では黒字幅が大幅に減少した。エネルギー関連の輸入が増加し貿易赤字が増大したことや、円安で増加していた所得収支が減少したことが主な原因。ただ所得収支の減少は一時的な要因である可能性が高く、海外からの投資収益で経常黒字を確保する構図は継続していると考えられる。

 貿易収支は8859億円の赤字となった。前年同月比で赤字幅は2223億円拡大しており、8月として過去最大となった。
 赤字が増えた原因は輸入の増加である。輸入額は前年同月比16%増の6兆4126億円となり、増加は10カ月連続。これまでと同様、中東からのエネルギー関連の輸入が伸びた。一方輸出は前年同月費14%増の5兆5267億円となった。北米向けの自動車輸出が堅調だったことが主な要因。
 エネルギー関連の輸入増加と自動車関係の輸出増加はここ最近に共通した傾向といえる。

 貿易赤字を海外の投資収益でカバーする体質も同じだ。海外への投資から得られる利益を示す所得収支は1兆2530億円となり貿易赤字を上回っている。所得収支は円安を背景に増加が続いてきたが、今回は黒字幅が減少した。ただこれは海外への支払い増加が原因であり、一時的な要因である可能性が高い。

 日本は、貿易赤字を投資収益でカバーする成熟国型の国際収支形態にすでに移行しているが、この状態をうまくキープできるかは投資収益の利回りにかかっている。現在、日本の対外債権は200兆円ほどあり、そこから得られる投資収益は昨年は14兆円に達している。これは利回りに換算すると約7%に相当する。この金額を維持していくためには、継続的な海外直接投資の実施が重要である。

 これまで日本の直接投資はアジアへの工場移転に伴う現地法人への出資が中心であった。だがアジア移転した工場はやがて価格競争力を失う運命にある。ほぼ恒久的に投資収益を得る方法は、やはり海外企業のM&Aということになる。
 現在、日本からの直接投資金額の比率はアジア、北米、欧州でほぼ同じ割合となっている。ただ今年に入ってからはソフトバンクによる米スプリント買収などがあり、北米の比率が上昇している。海外企業のM&Aを強化するという点では、欧州と北米の比率がもう少し高い方がよいだろう。先月発表された住宅設備大手LIXIL(リクシル)によるドイツ企業買収のような事例が相次げば、海外からの投資収益も安定的なものになってくるはずだ。

 これまでグローバル化は世界市場で日本企業が日本方式を武器に戦うというイメージで捉えられてきた。だがこれからは発想の転換が必要である。日本企業が戦いを挑むのではなく、すでに海外で安定的に収益を上げている会社を金融商品として購入するのである。それだけで日本経済には大きなプラスになるのだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

africa
国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現 …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …