ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年と2014年の世界経済成長予想を前回の予想から0.2ポイント下方修正した。資本流出で新興国の経済が減速し、世界経済の牽引役が先進国にシフトしていることがその主な原因。

 2013年における世界経済の成長率見通しはプラス2.9%となり、前回予想(7月)の3.1%から0.2ポイント下方修正された。先進国の成長率は横ばいでプラス1.2%だが、新興国の成長率は0.5ポイント引き下げられプラス5.0%となった。新興国の成長が鈍化したことで、全体の成長率見通しが引き下げられた。

 新興国の成長鈍化の背景にあるのは、米国の景気回復とそれにともなう資金の新興国からの流出である。FRB(連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小の準備に入っていることも、資金流出に拍車をかけている。
 IMFでは新興国の経済は「景気循環的、構造的理由を背景にここ数年の高い水準に達することはない」と見ており、世界経済の牽引役は米国に移っていると指摘した。
 ただ今回の予想は米国の債務上限引き上げ問題が17日までに処理されることを前提としている。米国が一時的であっても債務不履行に陥る事態になれば、さらに下方修正となる可能性が残っている。

 日本については、経済が力強く回復しているが、財政引き締めから2014年には景気が失速するとしている。IMFの予測には、現在、議論が進んでいる消費税に対応した経済政策の数字は当然盛り込まれていない。5兆円の経済対策がまとまり、来年度予算も大型のものになれば、数値は上方修正される可能性がある。
 ただIMFでは、日本の景気は財政支出に依存しており、潜在的な成長率は低い状態にあると見ている。長期的な成長を実現するには構造改革が必要と指摘している。

 国別の2013年成長率見通しは、米国がプラス1.6%(0.1ポイント引き下げ)、日本がプラス2.0%(0.1ポイント引き下げ)、ユーロ圏はマイナス0.4%(0.1ポイント引き上げ)となった。ユーロ圏は全体ではマイナスだが、ドイツとフランスは上方修正され、それぞれプラス0.5%とプラス0.2%になっている。英国も0.5ポイントの上方修正となり1.4%成長が見込まれている。スペインなど債務国のマイナス幅も縮小傾向となっている。
 一方、新興国の状況は冴えない。中国は0.2ポイント引き下げでプラス7.6%となり、政府目標をギリギリで上回っている状態となった。ロシアはプラス1.5%と前回から1.0ポイントの大幅な下方修正となった。インドも同様に大幅な下方修正となっている。新興国は数字の絶対値は先進国よりも良好だが、相対的な勢いは完全に失われている。しばらくは苦しい状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tamatsuka
ローソンのトップに玉塚氏が就任。ユニクロでの屈辱をリベンジできるか?

 ローソンは2014年3月24日の取締役会において、玉塚元一最高執行責任者(CO …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

netbankingfusei
ネット銀行の不正利用被害、法人も補償へ。ただし、利用者にはあまりにも情報がない

 全国銀行協会は2014年7月17日、インターネットを使った不正送金に関する法人 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

setsubitousi
7~9月期GDPは事前の予想通り2期連続のマイナス。だが補正の議論は盛り上がらず

 内閣府は2015年11月16日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速報 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

bouekitoukei 201405
貿易収支は小康状態。気になるのはイラク情勢による原油価格の高騰

 財務省は2014年6月18日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …