ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年と2014年の世界経済成長予想を前回の予想から0.2ポイント下方修正した。資本流出で新興国の経済が減速し、世界経済の牽引役が先進国にシフトしていることがその主な原因。

 2013年における世界経済の成長率見通しはプラス2.9%となり、前回予想(7月)の3.1%から0.2ポイント下方修正された。先進国の成長率は横ばいでプラス1.2%だが、新興国の成長率は0.5ポイント引き下げられプラス5.0%となった。新興国の成長が鈍化したことで、全体の成長率見通しが引き下げられた。

 新興国の成長鈍化の背景にあるのは、米国の景気回復とそれにともなう資金の新興国からの流出である。FRB(連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小の準備に入っていることも、資金流出に拍車をかけている。
 IMFでは新興国の経済は「景気循環的、構造的理由を背景にここ数年の高い水準に達することはない」と見ており、世界経済の牽引役は米国に移っていると指摘した。
 ただ今回の予想は米国の債務上限引き上げ問題が17日までに処理されることを前提としている。米国が一時的であっても債務不履行に陥る事態になれば、さらに下方修正となる可能性が残っている。

 日本については、経済が力強く回復しているが、財政引き締めから2014年には景気が失速するとしている。IMFの予測には、現在、議論が進んでいる消費税に対応した経済政策の数字は当然盛り込まれていない。5兆円の経済対策がまとまり、来年度予算も大型のものになれば、数値は上方修正される可能性がある。
 ただIMFでは、日本の景気は財政支出に依存しており、潜在的な成長率は低い状態にあると見ている。長期的な成長を実現するには構造改革が必要と指摘している。

 国別の2013年成長率見通しは、米国がプラス1.6%(0.1ポイント引き下げ)、日本がプラス2.0%(0.1ポイント引き下げ)、ユーロ圏はマイナス0.4%(0.1ポイント引き上げ)となった。ユーロ圏は全体ではマイナスだが、ドイツとフランスは上方修正され、それぞれプラス0.5%とプラス0.2%になっている。英国も0.5ポイントの上方修正となり1.4%成長が見込まれている。スペインなど債務国のマイナス幅も縮小傾向となっている。
 一方、新興国の状況は冴えない。中国は0.2ポイント引き下げでプラス7.6%となり、政府目標をギリギリで上回っている状態となった。ロシアはプラス1.5%と前回から1.0ポイントの大幅な下方修正となった。インドも同様に大幅な下方修正となっている。新興国は数字の絶対値は先進国よりも良好だが、相対的な勢いは完全に失われている。しばらくは苦しい状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …