ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤマト男子」とは呼ばれない。ヤマトのセールスドライバーはどちらかというマジメで誠実な雰囲気の人が多いのだが、この違いはどこから来るのか?
 その秘密は、同じように見えてまったく異なる背景を持った両者の歴史にある。

  知らない人のために少々解説。佐川男子とは、飛鳥新社が出版した本のタイトルのこと。佐川急便の イケメンドライバー51人を紹介したこの本が2万部を超えるベストセラーとなった。サイン会や握手会まで開催され、イケメン・ドライバーの鍛えられた体と汗に「佐川萌え」する女子が殺到している。

 イケメン、爽やかで知られる佐川急便のドライバーだが、もともとはこのようなキャラクターではなかった。厳しい上下関係が存在し、トロいドライバーには鉄拳制裁も辞さない、軍隊より厳しい世界として知られていた。

 佐川急便はもともと企業向けの小口配送業務で伸びた会社。基本的に法人が相手だ。会社は取り扱う荷物の量も多く、キビキビと動くことが求められるため、ドライバーの多くはガテン系だ。かつての佐川のドライバーは歩くことが許されていなかったといわれる。
 時代が変わり佐川急便もフツーの会社になったが、ガテン系の雰囲気は色濃く残っている。これにイケメンが加わると佐川男子になるというワケだ。

 これに対してヤマトの主戦場は宅配便。相手をする顧客の大半は主婦である。荷物の量もそれほど多くない。どちらかいというきめ細かな対応が重要視されてくる。主婦層を徹底的に取り込むためのノウハウがヤマトは詰まっているのだ。ヤマトのドライバーに、ガテン系よりも誠実系キャラの人が多いのはこのためである。

 今では両社は相互の市場に参入しているが、企業向けとして伸びた佐川と、宅配のヤマトでは、ドライバーのキャラも異なっているのだ。

 - 経済

  関連記事

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …