ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDによる能力調査。日本人は3分野のうち2分野で1位なのだが、何とITスキルでは?

 

 OECD(経済協力開発機構)は10月8日、世界24カ国を対象した国際成人力調査の結果を公表した。この調査は、各国の成人を対象に、仕事や日常生活で必要とされる汎用的スキルを評価するというもの。日本は調査対象となっている3分野のうち「読解力」と「数的思考力」で1位となった。だが「ITを活用した問題解決能力」は10位と大きく順位を下げる結果となっている。
 極めて高い基礎能力を持っているにも関わらず、ITスキルが足を引っ張る構図が明らかになった。これは現在の日本経済の姿を反映しているともいえる。

 国際成人力調査は、読解力、数的思考力、ITを活用した問題解決能力という3つの分野で評価が行われる。
 読解力は「電話のかけ方の説明を読んで指定された相手に電話をする」、数的思考力は「商品の生産量に関する表を見て、グラフを作成する」といった内容がテストされる。ITを活用した問題解決能力では「指定された条件を満たす商品をインターネットで購入する」といった作業が想定されている。

 日本人は、読解力と数的思考力の両方の分野で1位となり、基礎的な能力が極めて高いことが証明された。日本の初等中等教育の水準が高いことは、以前からよく知られており、これはある意味で当然の結果といえるかもしれない。
 だが問題はITを使った問題解決能力である。この分野では日本は急に順位を落とし10位になってしまう。ITについてはパソコンを使った回答者と紙の回答者の割合が国によって異なるなど、条件の違いがあり、結果は一概には評価できない(PC回答者のみを対象とした平均点の比較では日本は1位になる)。だが、ITの活用に苦手意識を持っている日本人が多いということはこの調査からも裏付けられたといってよいだろう。

 読解や数的思考力は、どちらかというと学校の勉強に近いイメージだ。一方、ITを使った問題解決能力は、実践的な内容といえる。調査結果は、学校の勉強は得意だが、実務面での能力が低いという日本人のイメージをよく反映したものといえる。また日本人は、年齢が上がるにつれて成績が落ちる割合がOECD平均よりも高いという特徴がある。日本企業では中高年になると途端に仕事の能力が落ちる人が多いとよく言われるが、これもあながち嘘ではないことが分かる。

 日本企業は高い技術を持っていながら、国際競争ではそれをうまく生かすことができないと言われている。基礎的な学力は重要だが、IT化された時代には、既存の知恵をうまく組み合わせ、問題を解決していく能力が求められる。基礎学力に偏重した日本の教育システムには改善の余地があるという意見には、一定の説得力がありそうだ。

 ちなみにこうした学力テスト的な比較では、欧州の小国が上位に入ることが多い。一方、大国は価値観やライフスタイルが多様化しており、画一的なテスト結果は良くないことがほとんどだ。実際、今回の調査でも日本以外で上位を独占しているのは、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、ベルギーといった国々だ。
 ドイツ、米国、フランス、英国などは読解、数的思考力では多くが15位以下となっており、大国で上位に入っているのは日本だけである。だがITの問題解決能力になると状況が変わる。ドイツやイギリス、カナダといった国が日本よりも上位になるのだ。

 こうした単純なテストだけで教育システム全体を論じるのは少々危険ではあるが、もし日本企業の国際競争力に何らか問題があるのだとすると、大国になったにも関わらず、小国型の社会/教育システムを維持しているというあたりに問題解決の糸口がありそうだ。

 - 社会 , , ,

  関連記事

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

jikyu1500en
ファストフード店賃上げデモ。時給1500円要求は高いか安いか?

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが2015年4月15日、東 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

chenguangbiao
これが本当の成金だ!中国の富豪がニューヨークの慈善活動パフォーマンスで大顰蹙

 中国人の富豪で、派手な慈善活動のパフォーマンスで知られる陳光標氏が、ニューヨー …