ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資の先行指標といわれており、多くの関係者が注目している。
 主要指標である 「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比5.4%増の8193億円となった。先月の数値は前月比で横ばいとなっており、上昇トレンド入りが確定できない状況にあった。だが今月は市場予想以上の伸びとなり、上昇トレンド入りの可能性がより高まってきた。

  以前は設備投資の主役といえば製造業であったが、最近は非製造業の設備投資が全体をリードしている。機械受注の約3分の2は非製造業からの受注で占められている。
 日本はすでに製造業による貿易黒字ではなく、投資収益によって経常黒字を維持する成熟国型の経済に移行している。
 その意味で、非製造業の設備投資が増加することは、内需拡大に寄与することであり、基本的に歓迎すべきことといってよい。

 ただ、今のところは非製造業の設備投資も完全なものとはいえない。非製造業のうちここ1年で金額が大きく伸びた業種は、建設業、不動産業、農林水産業の4つで、これらは皆、公共事業や住宅の駆け込み需要に大きく影響する分野である。
 政府は今年2月、大型の公共事業を柱とする総事業費20兆円の緊急経済対策を打ち出した。消費増税の判断基準となった2013年4~6月期のGDPが好調だったのも、この公共工事の影響である。また消費増税を前に住宅の駆け込み需要が発生し、マンション建設などが相次いだ。非製造業の設備投資が増加といっても、その多くは公共事業頼みなのである。
 また今月数字が大幅に伸びた要因は金額が大きい金融業からの受注が増加したことである。だが金融業は設備投資のブレが大きく、この伸びが今後も持続するかは不透明だ。

 一方、製造業は低迷が続いている。相対的には北米向け輸出が好調な自動車は堅調だが、今月は精密機械が大幅が減少となった。おそらく、製造業の設備投資は当分復活しないだろう。

 そうなってくると、今後、日本経済をうまく回復軌道に乗せるためには、公共事業に依存しない非製造業の設備投資を増やしていく方策が必要となる。だがアベノミクスの成長戦略で打ち出されているものは、多くが製造業の支援策か公共事業である。もちろん公共事業主導で、これらの業種を潤わせることも可能だが、公共事業依存の景気対策は政府債務を増やすだけで終わることを過去の経緯は証明している。従来の視点とは異なった、新しい成長戦略が求められている。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

appleintelsamusung
アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPa …

kurinton
選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透 …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

letta
イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた

 混迷するイタリアの政局に終止符が打たれる可能性が出てきた。退任予定だったナポリ …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …