ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。受賞したのはカナダの女性作家アリス・マンロー氏で、カナダ人の受賞は初めて。有力候補の一人とみられていた日本の村上春樹氏は今年も受賞を逃した。

 ここ数年、村上春樹氏の名前が有力候補としてあがっていることから、日本におけるノーベル文学賞への注目が高まっている。
 ノーベル文学賞には正式な意味での候補者というものは存在していないため、本当に村上氏が有力候補なのかは分からない。だが、同氏の作品は世界各国で翻訳されグローバルに普及していることや、今回、受賞したマンロー氏も、英国のブックメーカー(賭け屋)による予想で村上氏とともに上位に入っていたことを考えると、村上氏が有力候補の一人であることは間違いないだろう。

 一方、日本文学がそもそもノーベル文学賞という枠組みにそぐわないという声もある。同賞は基本的に西洋文化圏に立脚していることから、西洋近代型文学でなければ評価されにくいといわれる。ところが日本の場合には、私小説と呼ばれる独特の文学形態が発達している。国内の文学マーケットでは、どちらかという私小説の方が「芸術的」であると読者には認識され、商業的にも成功することが多い。欧州や米国ではこうした形態の小説が少なく、日本の文壇はそもそも不利な状況なのだという。

 日本人でこれまでノーベル文学賞を受賞したのは、川端康成氏と大江健三郎氏の2人だが、川端氏は日本がまだ途上国であった1968年の受賞であることや、作品の内容からみて「日本文化」そのものに対して与えられた賞というニュアンスが強い。一方大江氏は西洋近代文学に分類することができるので、オーソドックスな理由で受賞した作家ということになるだろう。

 村上氏はどのような位置付けになるのかが問題だが、日本での商業的な大成功とは正反対に、同氏の小説は完全な近代西洋型文学と見なされている。その意味で同氏の作品にはオーソドックスな理由で受賞できる資格が十分に備わっている。
 同氏は、最初から英語に翻訳されることを前提に、構文や全体構成を練っているといわれており、同氏の作品はかなり周到に設計されたものといってよい。しかも、日本の「私小説」ファンをうまく取り込むための工夫もなされており、国内での商業的成功とノーベル賞受賞を両立できる、数少ない作家といわれている。

 今回受賞したマンロー氏の年齢は82歳で、すでに引退を表明した作家である。時間という評価軸も存在する可能性があることを考えると、村上氏の受賞に関しては、気長に待った方がよさそうだ。

 - 社会, 芸能 , , ,

  関連記事

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

niyamachiarue
小学一年生準グラ受賞、新山千春の娘「小春」チャンはパパの完全コピー!残念!

 タレント新山千春の娘・新山小春が、「小学一年生」モデルオーディション最終選考に …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …

kawagoe
川越シェフの発言でまたまた疑問の声。高級店って本当に水代を勝手に請求するのか?

 バラエティ番組などでも人気のシェフ川越達也氏が、ネット上の批判に対して「年収3 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …