ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと考え方をお聞きするまで、朝日グループへの質問には答えたくない」として、朝日新聞社グループの取材を拒否することを明らかにした。

 橋下氏が反発しているは、ノンフィクション作家の佐野眞一氏らが週間朝日に連載している「ハシシタ 奴の本性」という記事。内容は、橋下氏の実父の縁戚者のインタビューや家系図を掲載し、橋下家のルーツについて解明するというもの。橋下氏の実父は、被差別部落の出身で、暴力団に所属していたともいわれており、記事はこれをベースに議論を進めている。

 これについて橋下氏は、「実の父親に僕は育てられた記憶がない。僕の今の政治的な行動について、父親の人生が影響しているというなら、それはナチスで行われた血脈主義や身分制に通じる恐ろしい考え方だ」と強く批判した。

 佐野氏は、在日韓国人であったソフトバンクの孫正義社長の生い立ちを詳しく書いたルポで名前を売ったノンフィクション作家。本人の出自や生い立ちをネチネチとしたタッチで描くことを得意としている。
 いわゆる古くさいタイプのノンフィクション作家なのだが、問題はわざわざ佐野氏に執筆を依頼した朝日新聞の編集方針である。

 週刊朝日に限らず、週刊誌各誌は橋下氏に対してかなり感情的な批判を繰り返してきた。このうち結構な割合が、橋下氏の出自に関するもので占められている。
 週刊誌も商業ジャーナリズムである以上、読者の関心の薄いテーマを扱っても意味がない。橋下氏の出自に関する批判記事の背景には、まだ多くの国民に残っている差別意識があると思われる。

 野中広務元官房長官など、被差別部落出身の政治家はこれまでも存在した。だがこのタイプの政治家の多くは旧来の利権調整型で、フロントに立つようなタイプではなかった。
 これに対して橋下氏は、大胆な規制緩和を提言したり、官僚主導システムの破壊を目論むなど、まったく新しいタイプの政治家である。

 これまでの利権を失いかねない既得権益層が橋下氏に本能的な恐怖を感じ、普段は口にすることのない差別意識が一気に表面化しているものと思われる。

 米国や欧州にも出自に関する差別が存在していたが、グローバル化の進展や市場のオープン化によって、近年急速にその意識が薄れつつある。市場のオープン度合いと差別意識が反比例の関係にあることは国際ビジネスの世界では常識となっている。
 橋下氏の登場と出自に絡んだ旧来メディアとのバトルは、遅ればせながら日本もグローバル化とオープン化が進み始めたことを示しているのかもしれない。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

koreishajiko
高齢者の自動車事故が増加しているのは、高齢者の絶対数が増えているから

 最近、高齢者ドライバーによる事故のニュースを多く目にするようになった。一部から …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

obuchiyuko
小渕経産大臣が辞任。脳裏をよぎる第1次安倍内閣の閣僚辞任ドミノ

 小渕経済産業大臣は2014年10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …