ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

外貨準備の運用を民間に開放。一部からは金融機関の救済策との声も

 

 政府は外国為替資金特別会計(いわゆる外為特会)の運用方針を見直す。これまで外部に解放していなかった資金の運用を民間の金融機関にも委託できるよう法改正を行う。民間のノウハウ取り込みが目的だが、運用対象は国債など従来型の安全資産に限定されており、民間委託の効果は少ない。一部からは、国債の運用難に悩む金融機関への補助にしかならないとの声も出ている。

 政府は現在、1兆3000億ドル(約127兆円)にのぼる外貨準備を保有している。これは日本が持つ対外純資産額の40%に相当する。これまでは外貨準備の7割が米国債で運用されており、残りも国際機関債など安定的な債券で占められている。
 これまで米国債は何十年にもわたって安定的な利回りを提供してきた。日本は現在、貿易赤字体質が定着しているが、経常収支の黒字を維持できている理由は、外貨準備をはじめとする対外債権の多くが米国債で安定的に運用されてきたからである。

 だがリーマンショック以降、米国債の利回りが低下していることや、日本の経常収支における海外投資収益の依存度が高まってきたことなどから、外貨準備においても、より効率的で機動的な運用が求められるようになってきた。今回の制度見直しは、外貨準備の運用に民間のノウハウを取り入れ、運用効率を向上させることを目的としている。

 だが制度改正の実態は必ずしもそうなっていない。手数料を支払って民間に運用の一部を委託できるようにするものの、投資対象は米国債など従来型の安全資産に限定される見込みだ。政府が機械的に売買するよりも、運用ノウハウを持った金融機関によるきめ細かい売買が行われる方が運用効率は向上するだろう。だが、わざわざ手数料を支払ってまで実施しなければならないことなのかについては疑問の余地がある。

 関係者の中には、日銀による量的緩和策で国債での運用が難しくなり、収益の確保に苦しんでいる金融機関の救済策だと皮肉を言う人もいる。外為特会の資金の運用を任されれば、金融機関にはそれだけで多額の手数料が転がり込んでくるからだ。
 長期的に見れば、戦略的な外貨準備運用の第一歩と見なすことも可能であり、近視眼的な判断は避けた方がよいかもしれない。いずれにせよ、巨額の外貨準備は日本に残された数少ない虎の子の一つであり、この運用次第で日本の国際収支は大きく変化する。少なくとも貿易によって外貨を貯め込む時代が終了し、それを活用する成熟国のフェーズに入ったことだけは間違いないだろう。その意味で外為特会の外部運用のスタートは時代の流れといってよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichigin
マネタリーベースは順調に増加。実体経済への効果については依然として不透明

 日銀は12月3日、11月のマネタリーベースが前年同月比52.5%増の189兆7 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …