ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている。欧州や北米など成熟国への直接投資が増加し、途上国向けが減少している。経済援助中心の政治的投資から純粋なビジネス投資へと積極的に舵を切り始めている様子がうかがえる。

  中国は現在、約3兆5000億ドル(345兆円)もの外貨準備を保有している。これは日本の3倍の規模でありダントツの世界トップである。

 従来の中国の外貨運用は、6割が香港向けであり、その多くが香港の中国系企業を対象としたものになっていた。外国に直接投資するケースでは、アジア各国やアフリカ諸国など、経済外交の一部としての投資が目立っており、これが従来の中国における対外直接投資を特徴付けていた。

 だが最近は様子がだいぶ変わってきている。中国の2012年の対外直接投資額は前年比17.6%増の878億(約8兆6000億円)に達した。これは米国(約40兆円)と日本(約10兆円)に次いで、世界で3番目の規模である。特に米国向けと欧州向けが伸びており、米国向けは前年比で124%の大幅な伸びとなった。中国の外貨運用が、経済外交用の援助型投資から、純粋なM&Aにシフトしていることをうかがわせる。

 投資を受け入れる先でも中国の存在感は高まっている。北米市場では、中国最大手の豚肉生産会社双匯国際が、米豚肉加工大手スミスフィールド ・フーズを約47億2000万ドル(約4650億円)で買収した。欧州では現在、フランスの大手自動車メーカー・プジョーシトロエンの増資についてフランス政府と共に中国の東風汽車が引き受ける方向で調整が進められている。
 一方で、米議会が中国のIT企業である華為技術の米国進出について、安全保障上の懸念があるとして入札からの締め出しを求めるなど、中国に対する警戒感も依然として根強い。ただ全体的に見れば欧米各国は、中国からの投資を歓迎する方向性だ。

 日中関係の冷え込みが影響してか、ここ半年は日本向けの投資額は減少している。だが中国が今後も先進国中心の直接投資を拡大させることになれば、当然、日本企業も投資対象となってくる。実際に成果が上がるのかは別として、安倍政権は外国からの直接投資の増加を国策として掲げている。法人税減税といった投資促進策を導入すれば、当然中国からの投資も増えてくることになる。物理的距離が近く、人的交流も多い中国からの資本流入はむしろ一気に加速する可能性すらある。
 中国からの資本流入に対して日本はどのように付き合うべきなのか、そろそろスタンスを決めておく必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

yokokume
民主比例復活議員の顛末。多くは落選したが、たくましく生き延びた人も

 前回の衆院選では、はじめての政権交代ということもあり、民主党からは大量の比例復 …

obamacaretrump
トランプ大統領が目玉政策「オバマケア代替法案」の成立を断念。今後の政権運営に暗雲

 トランプ政権は、目玉政策のひとつであったオバマケアの代替法案について議会での成 …

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

seifuzeichou
政府税調がスタート。だが重要な権限はすべて党税調に握られている

 安倍政権発足後としては初めてとなる、政府税制調査会(政府税調)の第1回目の会合 …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …