ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大型の公共事業がかえって内需拡大を邪魔している?求人倍率改善のウラ事情

 

 多くの国民にとってあまり実感が湧かないが、各地で人手不足が深刻になっている。厚生労働省が発表した最新(8月)の有効求人倍率は前月比0.01ポイント上昇の0.95倍となり、6カ月連続で改善した。これはリーマン・ショック前の2008年に並ぶ水準である。それだけ人手不足であれば、賃金は上昇しそうなものだが、そう簡単にはいかない事情がある。

 求人倍率が改善している最大の理由は、大型の公共事業によって建設需要が増大しているからである。
 政府は今年2月に総額10兆円の補正予算を成立させ、大型の公共事業を次々に実施している。これまでデフレが長く続いたことや、公共事業のムダが批判されてきたことから、ここ10年公共事業は減る一方であった。このため建設関連の人材は減少していたが、そこに突然、大型の受注が舞い込んだことで、一気に人手不足となった。
 これに輪をかけたのが、消費税の増税である。増税を前にしたマンションの駆け込み需要が増大し、建設作業員の不足に拍車をかけた。9月のマンション販売戸数は前年比で77%も増加しているのだ。

 産業別の新規求人数の対前年比は、建設業が9.4%、派遣業を含むサービス業が12.8%となり大幅な伸びを見せた。一方、生活関連サービス業、情報通信業などは前年比マイナスとなっている。人手不足は建設関係に偏っていることが統計からも分かる。
 建設関係の人手不足は、実は他の業界に思わぬ影響を与えている。小売業界や外食業界が新規出店を実施しようとしても、建設作業員を確保できず、出店を断念もしくは延期するという事態が発生しているのだ。これでは、せっかく内需拡大の芽が育っていても、公共事業がそれを邪魔していることになってしまう。

 内需関連の企業各社が人手不足に悩みながらも賃上げに躊躇しているのは、このあたりに理由がある。こうした特需は公共事業が終わってしまえばなくなってしまう。公共事業の終了や消費税増税による反動が大きいことを危惧して、賃上げに踏み切れないのだ。

 安倍政権では企業の賃上げの実態調査を行う方針を表明しており、事実上、企業側に賃上げを強要している。経済学的な見地や経済活動の自由という立場からこれを批判する声も出ているが、その是非はともかくとして、政府が強制すれば賃上げは実現できると考えられる。
 だが本質的なニーズがない中で、政府が賃上げを強要すれば、確実にインフレは進むことになる。多くの国民にとって、目先の賃上げが実現しても、インフレが加速してしまえば、生活面での苦しさはむしろ大きくなるかもしれない。

 安倍政権は、量的緩和策という金融面での新しい政策を除けば、基本的に財政で需要を作り出す、従来型のケインズ政策を全面的に採用している。だが公共事業というハコモノに過度に依存したやり方は、早くも各方面に歪みをもたらしている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
西宮伸一中国大使が、渋谷の路上で倒れ病院に搬送。時期が時期だけに様々な憶測が

 13日午前8時45分頃、中国大使に就任したばかりの外務省の西宮伸一駐氏(60) …

no image
財務省の調査で地方公務員の厚遇ぶりが明らかに。だが問題の本質はそこではない。

 地方公務員の平均給与が国家公務員を6.9%上回っていることが財務省の調査で明ら …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …