ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%増の148億9300万ドル(約1兆4590億円)、 純利益は同36.5%増の29億7000万ドルだった。主力のネット広告事業が順調に推移し広告収入が増大した。ただクリック単価の下落には歯止めがかからなかった。

 ネット業界では、ここ1~2年、スマホ・シフトによる広告単価の下落に悩まされてきた。
 広告単価が下落しても量の拡大でカバーすることができるのか、量の拡大が単価の下落に追い付かないのかについては、専門家の間でも見解が分かれている。
 昨年の同じ時期にはクリック単価が下げ止まる傾向が見られたが、年後半から再び単価の下落が始まった。ただ一方で広告の総量は大幅に伸びており、単価の下落を吸収しているように見える。
 同社の広告クリック単価は前年同期比で8%下落しているが、広告クリック数は逆に26%増加した。結果的に同社の広告部門の売上げは、前年同期費19%増の137億7000万ドルと大きく伸びた。

 同社のクリック単価とクリック数について2年前と比較すると、単価は約2割下落し、クリック数は2倍になっている。同社はネット上の広告トラフィックのかなりの部分を支配できているので、マクロ的にも同じ傾向になっていると見てよいだろう。
 スマホ・シフトによって広告収入はどう変わるのかという課題については、量の拡大と単価の下落がさらに進む方向性であることがより明確になったといえる。スマホ・シフトによって市場規模は拡大しているが、消耗戦により拍車をかける結果となりそうである。
 一方、モトローラから携帯電話事業を買収したモトローラ部門の売上高は11億8000万ドルで34%減になった。だった。モトローラ部門はまだリストラの最中であり、今後の業績への見通しはまだ不確定要素が多い。

 ただ決算の内容は市場予想より良かったことから、同社の株式は時間外取引において一時6%上昇する場面もあった。単価の下落は進んでいるものの、市場の拡大をポジティブに評価しているようだ。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

chery
中国で大手自動車メーカー同士が初の本格提携。外資依存からの脱却を目指す

 中国の自動車メーカーである奇瑞汽車(安徽省)と広州汽車(広東省)とが提携する。 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

ekishoutv
TVなどの電子機器販売が壊滅状態。もはや電機メーカーは農業やゼネコンと同じ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は21日、1月の民生用電子機器(AV機器、車 …

kiyosaki
金持ち父さん(倒産)、貧乏父さん(倒産)のキヨサキ氏の会社が倒産

 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバート・キヨサキ氏の会社が …