ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%増の148億9300万ドル(約1兆4590億円)、 純利益は同36.5%増の29億7000万ドルだった。主力のネット広告事業が順調に推移し広告収入が増大した。ただクリック単価の下落には歯止めがかからなかった。

 ネット業界では、ここ1~2年、スマホ・シフトによる広告単価の下落に悩まされてきた。
 広告単価が下落しても量の拡大でカバーすることができるのか、量の拡大が単価の下落に追い付かないのかについては、専門家の間でも見解が分かれている。
 昨年の同じ時期にはクリック単価が下げ止まる傾向が見られたが、年後半から再び単価の下落が始まった。ただ一方で広告の総量は大幅に伸びており、単価の下落を吸収しているように見える。
 同社の広告クリック単価は前年同期比で8%下落しているが、広告クリック数は逆に26%増加した。結果的に同社の広告部門の売上げは、前年同期費19%増の137億7000万ドルと大きく伸びた。

 同社のクリック単価とクリック数について2年前と比較すると、単価は約2割下落し、クリック数は2倍になっている。同社はネット上の広告トラフィックのかなりの部分を支配できているので、マクロ的にも同じ傾向になっていると見てよいだろう。
 スマホ・シフトによって広告収入はどう変わるのかという課題については、量の拡大と単価の下落がさらに進む方向性であることがより明確になったといえる。スマホ・シフトによって市場規模は拡大しているが、消耗戦により拍車をかける結果となりそうである。
 一方、モトローラから携帯電話事業を買収したモトローラ部門の売上高は11億8000万ドルで34%減になった。だった。モトローラ部門はまだリストラの最中であり、今後の業績への見通しはまだ不確定要素が多い。

 ただ決算の内容は市場予想より良かったことから、同社の株式は時間外取引において一時6%上昇する場面もあった。単価の下落は進んでいるものの、市場の拡大をポジティブに評価しているようだ。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

sandberg201401
政界進出?フェイスブック株大量売却をめぐってサンドバーグCOOの去就に注目が

 SNS大手フェイスブックCOO(最高執行責任者)で、女性の社会進出を唱える活動 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

caw
東北大が放射性セシウムの臓器蓄積の状況を牛を使って調査。母より子に多く蓄積

 東北大学加齢医学研究所は21日、原発事故の警戒区域内の牛に蓄積された放射性セシ …

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

gunosi
ニュース・キュレーションのグノシーが上場。広告媒体として機能することが明らかに

 スマホ向けにニュース・キュレーション・サービスを提供するグノシー(Gunosy …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …