ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%増の148億9300万ドル(約1兆4590億円)、 純利益は同36.5%増の29億7000万ドルだった。主力のネット広告事業が順調に推移し広告収入が増大した。ただクリック単価の下落には歯止めがかからなかった。

 ネット業界では、ここ1~2年、スマホ・シフトによる広告単価の下落に悩まされてきた。
 広告単価が下落しても量の拡大でカバーすることができるのか、量の拡大が単価の下落に追い付かないのかについては、専門家の間でも見解が分かれている。
 昨年の同じ時期にはクリック単価が下げ止まる傾向が見られたが、年後半から再び単価の下落が始まった。ただ一方で広告の総量は大幅に伸びており、単価の下落を吸収しているように見える。
 同社の広告クリック単価は前年同期比で8%下落しているが、広告クリック数は逆に26%増加した。結果的に同社の広告部門の売上げは、前年同期費19%増の137億7000万ドルと大きく伸びた。

 同社のクリック単価とクリック数について2年前と比較すると、単価は約2割下落し、クリック数は2倍になっている。同社はネット上の広告トラフィックのかなりの部分を支配できているので、マクロ的にも同じ傾向になっていると見てよいだろう。
 スマホ・シフトによって広告収入はどう変わるのかという課題については、量の拡大と単価の下落がさらに進む方向性であることがより明確になったといえる。スマホ・シフトによって市場規模は拡大しているが、消耗戦により拍車をかける結果となりそうである。
 一方、モトローラから携帯電話事業を買収したモトローラ部門の売上高は11億8000万ドルで34%減になった。だった。モトローラ部門はまだリストラの最中であり、今後の業績への見通しはまだ不確定要素が多い。

 ただ決算の内容は市場予想より良かったことから、同社の株式は時間外取引において一時6%上昇する場面もあった。単価の下落は進んでいるものの、市場の拡大をポジティブに評価しているようだ。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

home02
米国の政府系住宅金融公社2社が業務縮小を決定。米国のバブル処理は完全終了へ

 オバマ米大統領は8月5日、住宅金融市場の改革案を発表した。政府系住宅金融機関で …

kosakukiki
1月の機械受注は反動で大幅増。全体にブレが大きくなりトレンドが不明確に

 内閣府は2014年3月13日、1月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

no image
IMFが指摘。日本の金融機関はもうこれ以上、国債を買い支えることはできない

 IMF(国際通貨基金)がいよいよ日本の国債消化能力ついて懸念を表明し始めた。 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

mackabu
日本マクドナルドの株式を米本社が今、売却する理由

 日本マクドナルドの株式の約5割を保有する米マクドナルドが株式の売却に向けて動き …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …