ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比11.9%増の148億9300万ドル(約1兆4590億円)、 純利益は同36.5%増の29億7000万ドルだった。主力のネット広告事業が順調に推移し広告収入が増大した。ただクリック単価の下落には歯止めがかからなかった。

 ネット業界では、ここ1~2年、スマホ・シフトによる広告単価の下落に悩まされてきた。
 広告単価が下落しても量の拡大でカバーすることができるのか、量の拡大が単価の下落に追い付かないのかについては、専門家の間でも見解が分かれている。
 昨年の同じ時期にはクリック単価が下げ止まる傾向が見られたが、年後半から再び単価の下落が始まった。ただ一方で広告の総量は大幅に伸びており、単価の下落を吸収しているように見える。
 同社の広告クリック単価は前年同期比で8%下落しているが、広告クリック数は逆に26%増加した。結果的に同社の広告部門の売上げは、前年同期費19%増の137億7000万ドルと大きく伸びた。

 同社のクリック単価とクリック数について2年前と比較すると、単価は約2割下落し、クリック数は2倍になっている。同社はネット上の広告トラフィックのかなりの部分を支配できているので、マクロ的にも同じ傾向になっていると見てよいだろう。
 スマホ・シフトによって広告収入はどう変わるのかという課題については、量の拡大と単価の下落がさらに進む方向性であることがより明確になったといえる。スマホ・シフトによって市場規模は拡大しているが、消耗戦により拍車をかける結果となりそうである。
 一方、モトローラから携帯電話事業を買収したモトローラ部門の売上高は11億8000万ドルで34%減になった。だった。モトローラ部門はまだリストラの最中であり、今後の業績への見通しはまだ不確定要素が多い。

 ただ決算の内容は市場予想より良かったことから、同社の株式は時間外取引において一時6%上昇する場面もあった。単価の下落は進んでいるものの、市場の拡大をポジティブに評価しているようだ。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

microsofthead
マイクロソフトが40年続いたビジネス・モデルを大転換。ソフトは完全に利用するモノへ

 米マイクロソフトは2015年7月29日、基本ソフト(OS)の新製品である「ウィ …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …