ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

甘利大臣の「賃上げしない企業は恥ずかしい」という発言は、日本経済に何をもたらすか?

 

 甘利経済財政再生相は10月19日、テレビ番組に出演し「企業収益が上がっているのに賃金を上げないのは恥ずかしい企業だという環境を作りたい」と述べ、企業に対する賃上げ要請を強化する方針であることを明らかにした。安倍政権では首相自らが、財界に対して賃上げを要請するなど、企業活動に対する要求を強めている。
 一部からは経済活動への過剰介入だとして反発の声も出ているが、このまま政府が企業に対して賃上げを求め続け、企業側がこれに応じた場合、経済はどのような状況になるのだろうか?

 専門家の多くが指摘するように、賃金は企業活動の結果であって、所与の条件ではない。
 日本の企業は、株主の意向はほとんど反映されず、従業員の意向がより強く反映されている。それにも関わらず、企業が賃上げを実施しないのは、市場の先行きに対してかなり悲観的になっているからである。
 大企業は終身雇用となっているところが多いので、従業員も、生涯年収と雇用の維持の方が大事であって、賃金に対する優先順位は低いというのが現実だ。

 市場メカニズムが明確に働いてれば、政府が何を言おうが企業がそれに従うことはないだろう。だが日本の場合、企業の独立性は担保されておらず、政府が強く要求すれば賃上げは実現される可能性が高い。企業が賃上げを実施する合理的な理由がない中で、強制的に賃上げを実施した場合、経済的にはどのようなことが起こるだろうか?

 最も可能性が高いのは、インフレの加速である。賃上げを実施して企業の収益が減少すれば、市場での独占力が強い企業を中心に値上げを実施して利益を確保するところが増えてくる。また賃上げによって見かけ上の可処分所得が増えるので、値上げ分を吸収することが可能となる。この動きはやがて市場全体に広がり、商品の値上げと賃上げがスパイラルとして進んでいく可能性が高い。

 値上げと賃上げの連鎖は、経済の拡大を前提にしたものではないので、あくまで名目上の物価上昇にとどまる。これによって消費が刺激される面もあるかもしれないが、その範囲は限定的だろう。
 1970年代の米国は不況下のインフレ(スタグフレーション)が発生したが、労働組合が強かったこともあり、物価上昇に併せて賃金も上昇した。このため、インフレがさらに加速するという現象が発生したが、実質的な購買力はあまり変化しなかった。今回の賃上げ要請は、同じような結果をもたらす可能性が高い。

 もっとも年金生活者や下請企業の労働者など、物価上昇分の価格転嫁が遅れる立場の人は、実質的な購買力が低下し、生活が苦しくなるかもしれない。結局のところ、政府が賃上げを企業に要請しても、経済的にはプラスの影響はほとんどないと考えてよいだろう。
 国民が、賃上げが行われても自身の購買力に変化がないと気づくまでにはかなりのタイムラグがある。短期的には、企業に対して賃上げを要請し、国民生活を向上させたという、政治的パフォーマンスとしての効果は大きいのかもしれない。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

no image
細野豪志環境相が代表選出馬見送り。特に驚きはなし

 民主党代表選への立候補を検討していた細野豪志環境相は出馬を見送る意向を固めたと …

abe201409
臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田 …

kokusaishushi201306
貿易赤字だが経常収支黒字の傾向は変わらず。日本は「成熟した債権国」の段階に入った

 財務省は8月8日、6月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は3 …

mof03
財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消 …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

apuruwochi
4~6月期決算が絶好調なのに、アップルの株価が大幅下落となった理由

 米アップルは2015年7月21日、2015年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …