ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限定でニューヨークで活動している。ブルックリンやマンハッタンに絵を描いたことが確認されているが、その活動の実態は依然として不明のままだ。

 バンクシーは英国出身の画家だが、自分の詳しい素性は明かしていない。基本的にストリートにゲリラ的に出没し、夜間のうちにビルの壁などに絵を描いていく。
 モノトーンを基調とした批評性の強い作品が多いが、中にはポップ・アートの巨匠アンディ・ウォーホールのパロディのような作品もある。
 ヨーロッパ各地では、彼の描くが絵が話題となり、壁画を切り出してオークションにかける人も現れた。中には1億円近い金額で落札された作品もあるという。
 これらの絵はバンクシーが勝手に描いたものであり、オークションでの売却代金は全額、ビルの持ち主の懐に入っている。だがバンクシーはお構いなしに次々に街中に絵を描き続けている。

 ニューヨークのブルームバーグ市長は記者会見で「他人の所有物であるビルの壁に勝手に絵を描くことがアートなのか?」と発言し、ニューヨーク市警察に対して、バンクシーが絵を描いているところを発見した場合には、すぐに摘発するよう指示を出したという。
 だがニューヨークでは、バンクシーの絵を一目見ようと、観光客が押し寄せており、警察が総力を挙げて摘発するという話も、半分は話題作りとしての役割を果たしているようだ。

 バンクシーは自身の作品があまりにも高額で取引されることを批判しており、ニューヨークでは、1枚60ドルで露天に絵を並べるという実験も行っている。ほとんどの人がまったく気にすることなく通り過ぎてしまい、その日は数点しか売れず、売上げはわずか4万円程度だったという。
 バンクシーのこうした皮肉交じりの挑戦は、アートという商品の特質をよく表している。ヨーロッパであまり評価されていなかった印象派の絵画を超高額商品に変貌させたのは、米国のアートディーラー達であった。ネットで話題になった絵画がオークションを経由すると億の価格が付き、ストリートでただ販売されただけでは60ドルの価値にしかならないというこの現実は、市場における付加価値の生まれ方の一旦をよく体現しているといえるだろう。

 - 社会, 経済, 芸能 , , ,

  関連記事

rikokkyoudabosu
李克強首相が中国経済の運営に自信。欧米経済の回復を追い風にバブル封じ込めか?

 中国の李克強首相は、大連で開かれている夏季ダボス会議で講演を行い「中国経済のフ …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

keri
米国人はバカになる権利がある!ケリー国務長官が世界に突き付ける本質的テーマ

 欧州を歴訪中のケリー米国務長官が訪問先のドイツで行った講演が、ちょっとした話題 …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …