ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限定でニューヨークで活動している。ブルックリンやマンハッタンに絵を描いたことが確認されているが、その活動の実態は依然として不明のままだ。

 バンクシーは英国出身の画家だが、自分の詳しい素性は明かしていない。基本的にストリートにゲリラ的に出没し、夜間のうちにビルの壁などに絵を描いていく。
 モノトーンを基調とした批評性の強い作品が多いが、中にはポップ・アートの巨匠アンディ・ウォーホールのパロディのような作品もある。
 ヨーロッパ各地では、彼の描くが絵が話題となり、壁画を切り出してオークションにかける人も現れた。中には1億円近い金額で落札された作品もあるという。
 これらの絵はバンクシーが勝手に描いたものであり、オークションでの売却代金は全額、ビルの持ち主の懐に入っている。だがバンクシーはお構いなしに次々に街中に絵を描き続けている。

 ニューヨークのブルームバーグ市長は記者会見で「他人の所有物であるビルの壁に勝手に絵を描くことがアートなのか?」と発言し、ニューヨーク市警察に対して、バンクシーが絵を描いているところを発見した場合には、すぐに摘発するよう指示を出したという。
 だがニューヨークでは、バンクシーの絵を一目見ようと、観光客が押し寄せており、警察が総力を挙げて摘発するという話も、半分は話題作りとしての役割を果たしているようだ。

 バンクシーは自身の作品があまりにも高額で取引されることを批判しており、ニューヨークでは、1枚60ドルで露天に絵を並べるという実験も行っている。ほとんどの人がまったく気にすることなく通り過ぎてしまい、その日は数点しか売れず、売上げはわずか4万円程度だったという。
 バンクシーのこうした皮肉交じりの挑戦は、アートという商品の特質をよく表している。ヨーロッパであまり評価されていなかった印象派の絵画を超高額商品に変貌させたのは、米国のアートディーラー達であった。ネットで話題になった絵画がオークションを経由すると億の価格が付き、ストリートでただ販売されただけでは60ドルの価値にしかならないというこの現実は、市場における付加価値の生まれ方の一旦をよく体現しているといえるだろう。

 - 社会, 経済, 芸能 , , ,

  関連記事

intelhead
インテルがアルテラを2兆円で買収。金額は割高だが意味のあるM&A

 半導体世界最大手の米インテルは2015年6月1日、半導体のファブレスメーカー( …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

PISTORIUS01
両足義足のランナー。南アフリカの自宅でモデルの恋人を銃で射殺

 両足義足のランナーとして史上初めて五輪出場を果たした南アフリカのオスカー・ピス …

erica
TIME誌世界の100人にユニクロ柳井氏と共に選ばれた日本人「エリカ様」って誰?

 米TIME誌は4月、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」の2 …

3chuzenkai
中国はどこへ行く?改革と保守で揺れ動く共産党3中全会は折衷案を了承して閉幕

 中国共産党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会)が11 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

usakoyoutoukei201702
良好な米雇用統計で、3月利上げの確率がさらに高まる。資産縮小論の可能性も

 米労働省は2017年3月10日、2月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非 …