ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限定でニューヨークで活動している。ブルックリンやマンハッタンに絵を描いたことが確認されているが、その活動の実態は依然として不明のままだ。

 バンクシーは英国出身の画家だが、自分の詳しい素性は明かしていない。基本的にストリートにゲリラ的に出没し、夜間のうちにビルの壁などに絵を描いていく。
 モノトーンを基調とした批評性の強い作品が多いが、中にはポップ・アートの巨匠アンディ・ウォーホールのパロディのような作品もある。
 ヨーロッパ各地では、彼の描くが絵が話題となり、壁画を切り出してオークションにかける人も現れた。中には1億円近い金額で落札された作品もあるという。
 これらの絵はバンクシーが勝手に描いたものであり、オークションでの売却代金は全額、ビルの持ち主の懐に入っている。だがバンクシーはお構いなしに次々に街中に絵を描き続けている。

 ニューヨークのブルームバーグ市長は記者会見で「他人の所有物であるビルの壁に勝手に絵を描くことがアートなのか?」と発言し、ニューヨーク市警察に対して、バンクシーが絵を描いているところを発見した場合には、すぐに摘発するよう指示を出したという。
 だがニューヨークでは、バンクシーの絵を一目見ようと、観光客が押し寄せており、警察が総力を挙げて摘発するという話も、半分は話題作りとしての役割を果たしているようだ。

 バンクシーは自身の作品があまりにも高額で取引されることを批判しており、ニューヨークでは、1枚60ドルで露天に絵を並べるという実験も行っている。ほとんどの人がまったく気にすることなく通り過ぎてしまい、その日は数点しか売れず、売上げはわずか4万円程度だったという。
 バンクシーのこうした皮肉交じりの挑戦は、アートという商品の特質をよく表している。ヨーロッパであまり評価されていなかった印象派の絵画を超高額商品に変貌させたのは、米国のアートディーラー達であった。ネットで話題になった絵画がオークションを経由すると億の価格が付き、ストリートでただ販売されただけでは60ドルの価値にしかならないというこの現実は、市場における付加価値の生まれ方の一旦をよく体現しているといえるだろう。

 - 社会, 経済, 芸能 , , ,

  関連記事

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

amari
7~9月期のGDPはかなり悪い?政府内部で経済対策に向けた動きが活発化

 政府内部で経済対策の実施に向けた動きが活発になってきた。背景には、7~9月期G …