ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限定でニューヨークで活動している。ブルックリンやマンハッタンに絵を描いたことが確認されているが、その活動の実態は依然として不明のままだ。

 バンクシーは英国出身の画家だが、自分の詳しい素性は明かしていない。基本的にストリートにゲリラ的に出没し、夜間のうちにビルの壁などに絵を描いていく。
 モノトーンを基調とした批評性の強い作品が多いが、中にはポップ・アートの巨匠アンディ・ウォーホールのパロディのような作品もある。
 ヨーロッパ各地では、彼の描くが絵が話題となり、壁画を切り出してオークションにかける人も現れた。中には1億円近い金額で落札された作品もあるという。
 これらの絵はバンクシーが勝手に描いたものであり、オークションでの売却代金は全額、ビルの持ち主の懐に入っている。だがバンクシーはお構いなしに次々に街中に絵を描き続けている。

 ニューヨークのブルームバーグ市長は記者会見で「他人の所有物であるビルの壁に勝手に絵を描くことがアートなのか?」と発言し、ニューヨーク市警察に対して、バンクシーが絵を描いているところを発見した場合には、すぐに摘発するよう指示を出したという。
 だがニューヨークでは、バンクシーの絵を一目見ようと、観光客が押し寄せており、警察が総力を挙げて摘発するという話も、半分は話題作りとしての役割を果たしているようだ。

 バンクシーは自身の作品があまりにも高額で取引されることを批判しており、ニューヨークでは、1枚60ドルで露天に絵を並べるという実験も行っている。ほとんどの人がまったく気にすることなく通り過ぎてしまい、その日は数点しか売れず、売上げはわずか4万円程度だったという。
 バンクシーのこうした皮肉交じりの挑戦は、アートという商品の特質をよく表している。ヨーロッパであまり評価されていなかった印象派の絵画を超高額商品に変貌させたのは、米国のアートディーラー達であった。ネットで話題になった絵画がオークションを経由すると億の価格が付き、ストリートでただ販売されただけでは60ドルの価値にしかならないというこの現実は、市場における付加価値の生まれ方の一旦をよく体現しているといえるだろう。

 - 社会, 経済, 芸能 , , ,

  関連記事

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

factoryline
米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

nagano
長野県が長寿1位の本当の理由は何か?大胆な仮説を立ててみると?

 厚生労働省は2月28日、都道府県ごとの長寿ランキングである「都道府県別生命表」 …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …

konchushoku02
昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …