ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったことに対する激しい抗議デモが行われた。当初は免許交付の不透明性に対する反発だったが、次第に香港の民主化を主張する内容に変わりつつあり、中国当局は警戒を強めている。
 香港のデモをめぐっては、テレビ局の独占事業や、政府の透明性、情報公開の要求など、現在の日本が抱えている問題との共通点も多い。

 デモの発端は、無料放送の免許を申請していた香港電視網絡(HKTV)の申請を特区政府が却下したこと。
 香港では無料視聴できるテレビ局を2社が独占していた。今回、あらたに2社に対して放送免許を交付することが決まったが、HKTVには結局免許は下りなかった。市民はドラマ製作に力を入れるとしていた同社に大きく期待していたことから、「免許の審査過程が不透明だ」としてデモに発展した。

 免許の交付については、特区政府の要人が深く関与しているといわれており、その過程は確かに不透明な状況となっている。民主派の議員は審査過程について公開するよう主張しているが、特区政府のトップである梁振英長官は政府の秘密保持規定を理由に情報公開を拒んでいる。このため、当初は放送免許に関するデモであったものが、次第に香港の民主化運動へと状況が変化してきた。
 香港の議会にあたる立法会では、民主派の議員を中心に、立法会が持つ特別権限を行使して、特区政府に対して情報公開を要求したい意向だが、政府寄りの議員も多く状況は不透明だ。

 香港市民は主に以下の3つに対して怒りを爆発させている。ひとつは、電波は公共物であるにも関わらず特定の事業者にだけ独占的に免許が与えられているという不公正な状況、もうひとつは免許の審査過程が不透明性あること、最後は秘密保持規定を理由に情報が公開されないことである。実はこれらの問題は、現在の日本とかなり共通点がある。

 日本でも地上波という公共物がなぜか特定の数社だけに独占的に使用権が与えられおり、新規参入ができないようになっている。しかもこれらのテレビ局に独占させている明確な理由は明らかにされていない。また、特定秘密保護法案が国会に提出される予定になっているが、公文書管理法や情報公開法の改正は手つかずのままで、バランスを欠いた状態となっている。
 日本では情報管理の基準が体系立てられていないため、公務員による情報漏洩が頻発している。また逆に国民が情報公開請求をしても、重要でない情報まで黒く塗りつぶされて文書が開示され、内容をほとんど把握できないことが多いというのが現実である(本誌記事「日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系となっているのか」参照)。

 香港は一定の自治が認められているが、中国という非民主国家の一部である。単純な比較はできないとはいえ、そのような国と民主国家であるはずの日本が抱える問題に多くの共通点があるというのは、かなり由々しき事態といえる。

 - 政治 , , ,

  関連記事

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

abeobama03
米ロ対立で盛り上がりに欠けたG20。日本は漁夫の利で切望していた日米首脳会談を実現

 ロシアのサンクトペテルブルクで開催されていたG20首脳会議は9月6日に閉幕した …