ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区などにおける少数民族の権利保護、言論の自由などを求めた。中国の人権問題が、国際機関による評価対象となるのは、習近平体制が発足してからはじめてのことになる。
 ただ、欧米各国は経済外交を優先し中国の人権問題を黙認する姿勢に転換していることや、同理事会の勧告には法的拘束力がないことなどから、中国に対する実質的影響はほとんどゼロである可能性が高い。

  日本代表は、チベットやウイグルなど少数民族の権利の保護、インターネットの閲覧制限などについて言及した。ポーランドの代表は表現の自由について指摘したほか、フランス代表はチベット問題について中国に現地調査を受け入れるよう求めた。

 中国側は「国を分断するような行為を受け入れることはできない」とし、チベットのデモはあくまで反体制活動であるとの立場を崩していない。だが、中国には人権上の問題が存在することは一部認めており、政府は具体的な行動を検討しているとした。中国国務院は、このタイミングに合わせて「チベットの発展と進歩」と題する報告書を発表し、チベットが経済的にめざましい発展を遂げ、住民の生活環境が向上しているとアピールしている。

 中国がどのように主張しようが、チベットをはじめとする少数民族自治区において激しい人権弾圧が行われているのは紛れもない事実である。だが現実には中国のこうした非人道的な行為は国際社会で黙認されていく可能性が高い。
 その最大の理由は欧米各国の姿勢の変化である。以前の欧米各国は中国の人権弾圧に対して厳しい姿勢で臨んでいたが、中国の圧倒的な経済力を前にその姿勢を大きく転換させている。
 口火を切ったのはドイツである。ドイツはチベット政策を黙認することで中国との友好関係を手にし、大きな経済的利益を獲得した。現在ではフランスもそれに続いており、欧州と中国の関係は年々深まっている。また米国は中国を交渉相手と見なしており、人権問題はアジア太平洋地域の安全保障に関する交渉の一材料という扱いである。
 英国だけが人権問題に対する厳しい姿勢を堅持していたが、その英国も中国に対して原発事業への資本参加を打診するなど、外交姿勢を大きく転換させている。

 日本はこれまで、欧米各国による一方的な価値観の押し付けで悩まされてきた。中国をはじめとする新興国の多くは、欧米的価値観を持たない国家であり、その結果、欧米先進国の影響力は相対的に低下している。だが欧米各国の影響力低下は、チベット問題と同様、南シナ海、東シナ海の領有権問題においても同じ事態が発生する可能性を示唆しているともいえる。
 どんなに正当な主張であっても、中国の経済力や軍事力を前に、各国が黙認してしまう事態があることを、日本は十分に認識しておく必要があるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

tanbo
JA全中が農協改革案を受け入れ。今後は農業従事者のサラリーマン化が進む?

 JA全中(全国農業協同組合中央会)は2015年2月9日、政府・与党がまとめた農 …

kinrijosho
政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、20 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

koyousha
北九州市職員が廃車の公用車を買い取り転売。だが本当に問題なのはむしろ役所の方?

 北九州市の職員が、廃車として中古車販売業者に売却された公用車2台を個人で買い取 …

fufubessei
夫婦別姓をめぐる議論。伝統的価値観に対する奇妙な「ねじれ」現象が発生

 最高裁は2015年12月16日、夫婦別姓を認めない民法の規定について「合憲」で …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …