ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表された。失業率は7.2%に低下したものの、雇用者数の伸びは予想を下回った。米国経済は順調に拡大しているが、雇用には思った程波及していない。米国は1990年代に体験したような、雇用なき景気回復(ジョブレスリカバリー)になっている可能性がある。

 米労働省の発表によると9月の非農業部門雇用者数は前月比で14万8000人の増加となった米国では毎月20万人弱のペースで雇用者数が増加していることが景気拡大にとって望ましいとされている。その理由は、米国の生産年齢人口は年間240万人程度増加しているからである。

 米国は移民を受け入れていることもあり、生産年齢人口は一貫して増加している。この1年で生産年齢人口は240万人増加したが、一方で雇用者の数は130万人程度しか増えておらず、生産年齢人口の伸びに見合っていない。
 生産年齢人口の増加を考えれば、新規の雇用者数はもっと伸びてもよいはずである。失業率の数値には、職探しを諦めた人はカウントされないので、失業率が低下しているといっても、実際の雇用環境はそれほど良くない可能性がある。

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長が前回のFOMC(連邦公開市場委員会)で量的緩和策の縮小を見送ったのは、見かけ上、失業率が低下していても、労働市場の実態はもっと悪いと判断したからである。FRBの次期議長にはイエレン氏が指名されたが、イエレン氏はバーナンキ議長以上に、労働市場を重視するといわれている。このため市場では、量的緩和の縮小が大幅にずれ込むとの見方が広がっている。

 一方、米国経済そのものは順調である。足元では、これまで米国の景気を牽引してきたサービス業が踊り場に入る兆候も見えているが、総じて景況感はよい。米国経済が順調である反面、雇用の状況があまり改善していない現状は、米国経済の構造が以前にも増して変化している可能性を示唆している。

 米国は1990年代、従来型製造業の衰退とIT化の進展で雇用なき景気回復(ジョブレスリカバリー)とよばれる時代を経験した。当時のIT化は主に従来型製造業への影響が大きかったが、ITがさらに社会インフラとして定着するにつれて、サービス業における単純労働や低付加価値オフィスワークにもその影響が波及してきた可能性が高い。

 米国では、経理業務などの事務職もIT化や海外アウトソーシングの対象とされ、大量のホワイトカラーが職を失っている。また単純なシステム構築を国内の企業が請け負うケースは少なく、スキルに乏しい米国のSE(システムエンジニア)の中には、職がないためインドなど途上国に移住する人もいる。
 また無数のネット・サービスが登場し、サービス業においても効率化が進んでいる。このため、景気は拡大しているものの、従来型のスキルしか持っていない労働者は就労機会を得られないケースが増えてきているのだ。仕事をなくす労働者がいる一方、高いスキルを持った高学歴不法移民の合法化を求める産業界からの声は大きいなど、労働市場にギャップが見られる。

 米国は以前から、コモディティ化した業務や製品は低付加価値国にアウトソースし、自国はひたすら高い生産性を求める道を選択してきた。これは今に始まったことではなく、今後もその傾向が続く可能性が高い。そうだとすると、リベラル派といわれるイエレン氏が望むような労働市場の改善は、半永久的に実現しないかもしれない。

 - 経済 , , , , , ,

  関連記事

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

taobaorakuten
中国最大のECサイト「アリババ」と「楽天」を比較して分かること

 中国におけるインターネット通販が急拡大している。中国最大の電子商取引サービス会 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

ecb
EUが銀行監督一元化で合意。欧州は後戻りできない道に入った!

 欧州連合(EU)は13日に開いた財理事会で、ユーロ圏の銀行監督業務をECB(欧 …

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

virginatlantic
シティバンクに続いてヴァージン航空も日本撤退。その背景にあるもの

 英国のヴァージンアトランティック航空は2014年9月3日、成田-ロンドン線につ …