ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表された。失業率は7.2%に低下したものの、雇用者数の伸びは予想を下回った。米国経済は順調に拡大しているが、雇用には思った程波及していない。米国は1990年代に体験したような、雇用なき景気回復(ジョブレスリカバリー)になっている可能性がある。

 米労働省の発表によると9月の非農業部門雇用者数は前月比で14万8000人の増加となった米国では毎月20万人弱のペースで雇用者数が増加していることが景気拡大にとって望ましいとされている。その理由は、米国の生産年齢人口は年間240万人程度増加しているからである。

 米国は移民を受け入れていることもあり、生産年齢人口は一貫して増加している。この1年で生産年齢人口は240万人増加したが、一方で雇用者の数は130万人程度しか増えておらず、生産年齢人口の伸びに見合っていない。
 生産年齢人口の増加を考えれば、新規の雇用者数はもっと伸びてもよいはずである。失業率の数値には、職探しを諦めた人はカウントされないので、失業率が低下しているといっても、実際の雇用環境はそれほど良くない可能性がある。

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長が前回のFOMC(連邦公開市場委員会)で量的緩和策の縮小を見送ったのは、見かけ上、失業率が低下していても、労働市場の実態はもっと悪いと判断したからである。FRBの次期議長にはイエレン氏が指名されたが、イエレン氏はバーナンキ議長以上に、労働市場を重視するといわれている。このため市場では、量的緩和の縮小が大幅にずれ込むとの見方が広がっている。

 一方、米国経済そのものは順調である。足元では、これまで米国の景気を牽引してきたサービス業が踊り場に入る兆候も見えているが、総じて景況感はよい。米国経済が順調である反面、雇用の状況があまり改善していない現状は、米国経済の構造が以前にも増して変化している可能性を示唆している。

 米国は1990年代、従来型製造業の衰退とIT化の進展で雇用なき景気回復(ジョブレスリカバリー)とよばれる時代を経験した。当時のIT化は主に従来型製造業への影響が大きかったが、ITがさらに社会インフラとして定着するにつれて、サービス業における単純労働や低付加価値オフィスワークにもその影響が波及してきた可能性が高い。

 米国では、経理業務などの事務職もIT化や海外アウトソーシングの対象とされ、大量のホワイトカラーが職を失っている。また単純なシステム構築を国内の企業が請け負うケースは少なく、スキルに乏しい米国のSE(システムエンジニア)の中には、職がないためインドなど途上国に移住する人もいる。
 また無数のネット・サービスが登場し、サービス業においても効率化が進んでいる。このため、景気は拡大しているものの、従来型のスキルしか持っていない労働者は就労機会を得られないケースが増えてきているのだ。仕事をなくす労働者がいる一方、高いスキルを持った高学歴不法移民の合法化を求める産業界からの声は大きいなど、労働市場にギャップが見られる。

 米国は以前から、コモディティ化した業務や製品は低付加価値国にアウトソースし、自国はひたすら高い生産性を求める道を選択してきた。これは今に始まったことではなく、今後もその傾向が続く可能性が高い。そうだとすると、リベラル派といわれるイエレン氏が望むような労働市場の改善は、半永久的に実現しないかもしれない。

 - 経済 , , , , , ,

  関連記事

shanhai
過大な期待や悲観は無用!中国市場に対する3つの誤解を解く

 近年、日本は中国という存在に振り回される状況が続いてきた。当初は巨大市場に乗り …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

chikyugi
日本の1人あたりGDPが急降下。そろそろ貧しさが顕在化してくる?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)が大きく順位を落とし、OECD(経済協力開 …

jinmingen
台湾と中国で人民元の直接取引が解禁。中国が狙うのは緩いアジアの人民元経済圏

 中国の人民元と台湾ドルの直接取引が6日、解禁された。台湾では、現地の銀行が米ド …

bitcoin
日本でもビットコインがようやく準通貨として認定。利用者保護や市場拡大に期待

 ビットコインなどインターネットで流通する仮想通貨について、「モノ」ではなく「通 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …