ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は10月23日、一面で「釈放して下さい」との異例の見出しを掲げ、記者の釈放を求めた。中国共産党は、習近平体制になって以後、言論統制を強化しているが、党中央の対応が注目されている。

 新快報の記者は10月18日午前、公安当局から呼び出しを受け拘束された。記者は令状の提示を求めたが、担当者は書類のようなものをチラっと見せただけで内容は確認できなかったという。
 記者は車に乗せられ湖南省に移送された。容疑もはっきりしていないが、湖南省長沙市に本社を置く、中国の大手重機メーカー中連重科の財務内容に関する疑惑を報じた記事が原因とみられている。新快報側は正当な取材に基づく記事であり、何ら問題はないとしている。

 中国は習近平体制発足以後、言論統制を強化している。中国共産党の最高指導部の一人で思想統制担当の劉雲山氏(党内序列ナンバー5)を中心に、マスメディア統制の施策を次々に導入してきた。最近では、記者に対して共産主義思想に関する試験を課し、合格した記者にのみ記者証を発行するという動きまで出ている。

 だが一方で、共産党幹部はマスメディアについて、庶民が持つ不満をガス抜きするための装置としても位置付けている。また、党中央の統制が地方に及ばないという現実的な問題も抱えており、マスメディアによる批判記事は形を変えた権力闘争の手段にもなっている。権力中枢に関わる本質的な批判記事は徹底的に弾圧する一方、中央政府の統制が効かない地方政府や国営企業幹部のスキャンダルについてはあえて自由に報道させているのだ。

 マスメディア側もその状況は理解しつつ、可能な範囲で批判記事を載せ、政府批判という既成事実を積み上げようとしている。まさに権力側とメディア側において、ギリギリの攻防戦が行われているといってよい。
 今回の記者拘束に対する抗議について、党中央がどの程度容認しているのかは今のところ不明である。ただ中国の主要国営メディアが新快報を擁護するトーンで報道していることを考えると、党中央はある程度、容認している可能性が高い。ちなみに報道の対象となった中連重科の株価は、一連の報道を受けて6%近く下落している。

 - マスコミ, 政治, 社会 , , ,

  関連記事

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

nakatani
安保法制をめぐってはやくも不毛な議論。「昭和」の時代は続く

 今国会で審議が始まる安全保障関連法案をめぐって、早くも不毛なやり取りが行われて …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …