ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は10月23日、一面で「釈放して下さい」との異例の見出しを掲げ、記者の釈放を求めた。中国共産党は、習近平体制になって以後、言論統制を強化しているが、党中央の対応が注目されている。

 新快報の記者は10月18日午前、公安当局から呼び出しを受け拘束された。記者は令状の提示を求めたが、担当者は書類のようなものをチラっと見せただけで内容は確認できなかったという。
 記者は車に乗せられ湖南省に移送された。容疑もはっきりしていないが、湖南省長沙市に本社を置く、中国の大手重機メーカー中連重科の財務内容に関する疑惑を報じた記事が原因とみられている。新快報側は正当な取材に基づく記事であり、何ら問題はないとしている。

 中国は習近平体制発足以後、言論統制を強化している。中国共産党の最高指導部の一人で思想統制担当の劉雲山氏(党内序列ナンバー5)を中心に、マスメディア統制の施策を次々に導入してきた。最近では、記者に対して共産主義思想に関する試験を課し、合格した記者にのみ記者証を発行するという動きまで出ている。

 だが一方で、共産党幹部はマスメディアについて、庶民が持つ不満をガス抜きするための装置としても位置付けている。また、党中央の統制が地方に及ばないという現実的な問題も抱えており、マスメディアによる批判記事は形を変えた権力闘争の手段にもなっている。権力中枢に関わる本質的な批判記事は徹底的に弾圧する一方、中央政府の統制が効かない地方政府や国営企業幹部のスキャンダルについてはあえて自由に報道させているのだ。

 マスメディア側もその状況は理解しつつ、可能な範囲で批判記事を載せ、政府批判という既成事実を積み上げようとしている。まさに権力側とメディア側において、ギリギリの攻防戦が行われているといってよい。
 今回の記者拘束に対する抗議について、党中央がどの程度容認しているのかは今のところ不明である。ただ中国の主要国営メディアが新快報を擁護するトーンで報道していることを考えると、党中央はある程度、容認している可能性が高い。ちなみに報道の対象となった中連重科の株価は、一連の報道を受けて6%近く下落している。

 - マスコミ, 政治, 社会 , , ,

  関連記事

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …