ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタピラーはグローバルに建設機械を販売しており、同社の業績は世界経済の状況を色濃く反映することから、多くの関係者が注目している。売上高は134億2300万ドル(約1兆3000億円)で前年同月比で18%のマイナスとなった。純利益は前年同期比44%減の9億4600万ドル(約920億円)であった。全世界的に景気が足踏み状態になっていることをうかがわせる。

 地域別の売上げでは、主力の北米市場が14%マイナス、ラテンアメリカは12%マイナス、欧州・アフリカは14%マイナスとなった。落ち込みがひどいのがアジア地域で前年同月比32%のマイナスを記録した。
 これは中国が建設インフラの整備を抑制したことが大きく影響している。中国は政府の経済成長目標である7.5%からさらに引き下げを検討しているといわれ、当分市場の拡大は抑制される可能性が高い。

 IMFは10月8日に、最新の世界経済の見通しを発表している。それによると2013年における世界経済の成長率見通しはプラス2.9%となり、前回予想(7月)の3.1%から0.2ポイント下方修正された。先進国の成長率は横ばいだが、新興国の成長率は0.5ポイント引き下げられた。新興国の成長鈍化が全体の成長率見通しが引き下げにつながってる。
 国別では、米国がプラス1.6%(0.1ポイント引き下げ)、ユーロ圏はマイナ ス0.4%(0.1ポイント引き上げ)、中国は0.2ポイント引き下げでプラス7.6%であった。

 欧州はマイナス成長だが、最悪の状態は達しており、数値は上方修正となっている。やはり大きいのは中国の減速でこれが世界経済の足を引っ張っている。キャタピラーの決算もこのような世界経済の環境を反映しており、同社は通期の売上げ見通しを前回から1.8%~5.5%引き下げた。

 世界経済は結局のところ、先進国、特に米国の景気回復に大きく依存する体質になってしまっている。米国の景気回復が足踏みするようだと、世界経済の見通しがさらに悪化する可能性もある。

 - 経済 ,

  関連記事

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

twitter
ツイッターの第3四半期決算。内容はそこそこだったが、市場は敏感に反応

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年10月27日、2014年7~9月期の決 …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …