ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタピラーはグローバルに建設機械を販売しており、同社の業績は世界経済の状況を色濃く反映することから、多くの関係者が注目している。売上高は134億2300万ドル(約1兆3000億円)で前年同月比で18%のマイナスとなった。純利益は前年同期比44%減の9億4600万ドル(約920億円)であった。全世界的に景気が足踏み状態になっていることをうかがわせる。

 地域別の売上げでは、主力の北米市場が14%マイナス、ラテンアメリカは12%マイナス、欧州・アフリカは14%マイナスとなった。落ち込みがひどいのがアジア地域で前年同月比32%のマイナスを記録した。
 これは中国が建設インフラの整備を抑制したことが大きく影響している。中国は政府の経済成長目標である7.5%からさらに引き下げを検討しているといわれ、当分市場の拡大は抑制される可能性が高い。

 IMFは10月8日に、最新の世界経済の見通しを発表している。それによると2013年における世界経済の成長率見通しはプラス2.9%となり、前回予想(7月)の3.1%から0.2ポイント下方修正された。先進国の成長率は横ばいだが、新興国の成長率は0.5ポイント引き下げられた。新興国の成長鈍化が全体の成長率見通しが引き下げにつながってる。
 国別では、米国がプラス1.6%(0.1ポイント引き下げ)、ユーロ圏はマイナ ス0.4%(0.1ポイント引き上げ)、中国は0.2ポイント引き下げでプラス7.6%であった。

 欧州はマイナス成長だが、最悪の状態は達しており、数値は上方修正となっている。やはり大きいのは中国の減速でこれが世界経済の足を引っ張っている。キャタピラーの決算もこのような世界経済の環境を反映しており、同社は通期の売上げ見通しを前回から1.8%~5.5%引き下げた。

 世界経済は結局のところ、先進国、特に米国の景気回復に大きく依存する体質になってしまっている。米国の景気回復が足踏みするようだと、世界経済の見通しがさらに悪化する可能性もある。

 - 経済 ,

  関連記事

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

capitolhill
米国議会が予算と債務上限をめぐるチキンレースを繰り返せる背景とは?

 米議会下院は9月29日、オバマ大統領が推進する医療保険改革法の実施を1年遅らせ …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

nyse
ダウの高値更新でバブル論。だが、米国がバブルだというなら、日本はもっとバブルだ!

 3月6日のニューヨーク株式市場は、前日に続いて史上最高値を更新した。雇用指標が …

kakusaoecd
OECDが世界の格差に関する報告書を発表。日本の課題は所得の再分配機能

 OECD(経済協力開発機構)は2015年5月21日に発表した格差に関する報告書 …

kokusai
国債下落が金融機関に与える影響は低下傾向。だが安心できない最近の動き

 日銀は10月の金融システムレポートにおいて、2013年6月時点における金融機関 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …