ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米NSA(国家安全保障局)によるメルケル首相の電話盗聴について報じたことから、オバマ大統領はドイツへの釈明に追われている。ドイツでは今回の件に加えて、NSAが毎月約5億件の電話やメールを盗聴していた事実が明らかになっているほか、フランスでも毎月数千万件の盗聴が実施されていると報じられている。

 米国が、かなりの広範囲にわたって各地の電話やメールを盗聴しているのは間違いないようである。だが、具体的にどのような分析手法を用いているのか、また何億件という監視対象についてどれほど深くまで情報を掴んでいるのかについては、何も明らかになっていない。

 諜報活動の世界では、どの程度の情報収集能力があるのかは最大の秘匿事項であり、逆にウソの情報を流して情報当局の能力を過大評価させるといったことも行われている。このためスノーデン氏によって暴露された情報自体も疑ってかかる必要がある。

 ただ常識的に考えて、NSAの要員(職員3万人に外部委託企業を含めて数万人の陣容があるといわれている)だけで盗聴、分析できる範囲には限界がある。いつ発信されるか分からない世界中の電話やメールを24時間追跡し、その内容を1件ずつチェックするのは事実上不可能と考えられる。専門家の多くはメタデータを使ったマクロ的な分析と特定個人をターゲットにしたミクロ的な手法を組み合わせていると推定している。

 マクロ的な分析は、電話やメールの内容の分析は手間がかかるため実施せず、発信、着信の関係性にのみ着目する手法である。こうしたメタデータを使った分析手法を駆使すれば、あまりリソースをかけなくても驚くほど詳細な分析が可能といわれている。

 メタデータの分析はまずいくつかのターゲットになる人物を選択することから始める。テロリストに関係があると思わる人物をピックアップし、その人物とメールや電話をやりとりした人物の関係性を追跡していく。そうするとメールや電話が集中する人物が必ず現れてくる。この人物はリーダーであったり、キーマンとなっている可能性が高い。
 一方、そのキーマンと頻繁に連絡を取っているにもかかわらず、そのコミュニティの誰とも連絡を取っていない人が見つかることも多い。その人は、愛人だったり、スパイだったり、特殊な関係性になっていることが多い。このようにして、人間関係の全体図を描き出した上で、特定個人の追跡を集中的に実施するわけである。特定のターゲットに対象を絞ってしまえば、その人の電話を盗聴し、内容を分析することは十分に可能となる。

 相手国の政治家といった最初からキーマンであることが分かっている人については、盗聴の手段さえ確保できれば、実行は比較的たやすい。ITを使った監視システムの恐ろしいところは、メタデータの分析手法を使って、容易にキーマンを絞り込むことが可能になった点である。これが可能になってしまうと、メタデータとはいえ、監視対象は全国民にまで広がってしまうからだ。

 NSAによる盗聴問題は国際問題に発展しつつあるが、これ以上の大きな動きにはならない可能性が高い。米国の諜報活動能力は突出しているとはいえ、ドイツやフランスも日常的に盗聴その他の行為を行っているからである。国際政治とは所詮そのようなものである。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

globalhawk
米国が韓国に対して無人偵察機販売を決定。だが2倍の価格を吹っかけ韓国側は困惑

 米国防総省は21日、無人偵察機グローバルホークを韓国に販売すると米議会に報告し …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …

kyousho
自信を深めたオバマ大統領。二期目最初の一般教書演説は強烈な独自色

 オバマ大統領は12日(日本時間13日)、政権二期目最初の一般教書演説を行った。 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

amiteji
歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関 …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

abe
来日中のバーンズ国務副長官が安倍総裁と会談。安倍氏は領有権問題で強気の発言

 米国務省のバーンズ副長官が来日している。日本を皮切りに、韓国、中国、ミャンマー …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …