ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃を与えたFRB(連邦準備制度理事会)の緩和延長決定については、バーナンキ議長らの真意がどこにあったのか、いまだに謎のままだ。だがその内実の一旦が明らかになっている。

 東京大学大学院の教授で、ニューヨーク連銀のランチミーティング参加した伊藤隆敏氏は10月25日、テレビ東京の経済番組に出演し、FRBが金利上昇という市場の反応に驚き、緩和縮小開始を躊躇したという内実を明らかにした。市場とのコミュニケーションがまったく取れていなかったという現実に市場関係者は驚いている。

 FRBのバーナンキ議長は6月のFOMC(連邦公開市場委員会)において、経済指標が良好であればという前提条件付きで、9月からの量的緩和縮小を示唆する発言を行った。
 この発言をきっかけに米国の長期金利は上昇を始めたが、市場では、金利上昇は米国経済復活の象徴であり、量的緩和の縮小がとうとうスタートするという前向きな意味でのコンセンサスとなっていた。それゆえに9月の緩和縮小延期の発表は大激震となった。
 FRBの姿勢をめぐっては、市場環境よりも雇用情勢を優先するという政治的決断があったという分析や、過激なところでは、現在のFRBメンバーの本音はガチガチのリベラルであり、市場に対する挑戦状であるというものまであった。

 だがFRBが金利上昇に驚いたという話が本当であれば、FRB側は市場を強く意識していたにも関わらず、市場とはまったく正反対のことを考えていたわけであり、市場とのコミュニケーションが取れていなかったことになる。
 もちろん市場の反応に驚いて緩和縮小を取りやめたという話は、少し状況を誇張したものだろう。実際には、思いのほか金利が上がったことや、それに対して労働市場が不完全であるというギャップを重視した結果と考えられる。だが少なくともマーケットとは全く違うことを考えていたことだけは間違いない。

 次期議長に指名されているイエレン氏は、バーナンキ議長よりもリベラルで、労働市場を重視しているといわれている。指名受諾の記者会見においても、まず最初に労働市場について言及したことからも、その姿勢は明らかである。
 ただ、今回の緩和縮小延期の決定が、市場とのボタンの掛け違いであったとすると、FRBは自らのハードルを不用意に上げてしまったことになる。この状況にイエレン氏の労働市場重視の姿勢が加わると、緩和縮小開始は先送りになる可能性が高い。市場関係者で年内の縮小開始を予測する人はほぼゼロになっている。
 だが来年の春以降ということになると、それまでの間にどのような不測の事態が発生するか分からない。出口戦略をめぐる一連の決定によって、米国の金融政策の先行きがより不透明になったことだけは確かである。

 - 経済 , ,

  関連記事

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

doragi201710
ECBが量的緩和策の大幅縮小で出口戦略へ。日銀も撤退を余儀なくされる?

 ECB(欧州中央銀行)は2017年10月26日に開催された理事会で量的緩和策の …

apple2016q2
iPhone初の販売台数減少でアップルは減収減益。だが市場の注目はすでに次のフェーズに

 これまで快進撃を続けてきたアップルがとうとう減収減益の決算を発表した。ただ、中 …

mof
財務省が物価連動債の発行再開へ。いよいよインフレ時代がやってくる。

 財務省が、物価に応じて元本が増減する物価連動国債の発行を再開する。物価連動国債 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …