ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.7%となり、4カ月連続で上昇した。前月比はプラス0.1%でこちらは8カ月連続の上昇となった。
 一方「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はほぼ横ばいであり、デフレ脱却の実態は単なるエネルギー価格の上昇であることは明らかである。ただエネルギーを始めるとする輸入価格の上昇が、他の物品にも波及し始めており、本格的な物価上昇に転換する兆候も見え隠れする。

  アベノミクスはデフレ脱却を第一の目標に掲げており、量的緩和もその方針に従って実行されている。代表指数は年初からすでに1.4%も上昇しており、この指標だけを見れば2%の物価目標の達成は容易に見える。
 だが日銀が主要指標としているコアコア指数は横ばいであり、依然としてデフレから脱却してないことを示している。

 これまでは円安によって輸入価格の上昇が続いていた。年初からの物価上昇率を品目別で見ると、電気代、衣類、旅行、AV機器など、円安の影響が大きい分野の値上がりが顕著である。
 だが最近では、調理食品、外食、家庭用耐久財など、原材料価格上昇の最終価格への転嫁を抑えてきた品目の値上がりが目立っている。このままいくと、輸入価格の上昇が全体に波及し、すべての品目においてインフレ傾向に転じる可能性が高くなってきている。

 そうなってくると、この状態をどう評価するのかが問題となってくる。原因はともあれ、インフレ傾向に転じれば、デフレ脱却は成功であり、アベノミクスの最初の目標はクリアすることになる。
 いわゆるリフレ派と呼ばれる人々は、内容はともかくデフレから脱却することが重要と主張するかもしれない。これに反対する人々は、単なる現象としてのインフレは実質成長をもたらすわけではないので、輸入インフレでは意味がないと考える可能性が高いだろう。

 どちらが正しいのかは、物価上昇がどのように実体経済に波及するのかで決まってくる。物価の上昇が実質的な経済成長をもたらす道筋はいくつかあるが、日本の場合、家計はほとんど株式を所有していないので、インフレ期待による資産効果はほとんど期待できない。また実質金利の低下は企業の投資活動にそれほど大きな影響を与えない可能性が高く、今のところ設備投資は復活していない。

 一方、安倍政権は世論を強く意識しており、賃上げに対して強い執着を見せている。もし企業側が政府の要求を受け入れ、賃上げを実施すれば、名目上の物価はさらに上昇することになるだろう。
 だが、賃金を先に上昇させてしまうと、1970年代の米国がそうであったように、賃金上昇が実質成長に寄与せず、名目上のインフレを加速させてしまう可能性が高い。もしそうなってしまうと、むしろ購買力の低下が庶民の間に強く認識され、政権にとっては逆効果となってしまうかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

raripeiji
従業員によるCEOランキング、トップはグーグル、2位はナイキ、3位は?

 米キャリア情報サイトのGlassdoorは2015年6月9日、従業員が評価する …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …