ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.7%となり、4カ月連続で上昇した。前月比はプラス0.1%でこちらは8カ月連続の上昇となった。
 一方「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はほぼ横ばいであり、デフレ脱却の実態は単なるエネルギー価格の上昇であることは明らかである。ただエネルギーを始めるとする輸入価格の上昇が、他の物品にも波及し始めており、本格的な物価上昇に転換する兆候も見え隠れする。

  アベノミクスはデフレ脱却を第一の目標に掲げており、量的緩和もその方針に従って実行されている。代表指数は年初からすでに1.4%も上昇しており、この指標だけを見れば2%の物価目標の達成は容易に見える。
 だが日銀が主要指標としているコアコア指数は横ばいであり、依然としてデフレから脱却してないことを示している。

 これまでは円安によって輸入価格の上昇が続いていた。年初からの物価上昇率を品目別で見ると、電気代、衣類、旅行、AV機器など、円安の影響が大きい分野の値上がりが顕著である。
 だが最近では、調理食品、外食、家庭用耐久財など、原材料価格上昇の最終価格への転嫁を抑えてきた品目の値上がりが目立っている。このままいくと、輸入価格の上昇が全体に波及し、すべての品目においてインフレ傾向に転じる可能性が高くなってきている。

 そうなってくると、この状態をどう評価するのかが問題となってくる。原因はともあれ、インフレ傾向に転じれば、デフレ脱却は成功であり、アベノミクスの最初の目標はクリアすることになる。
 いわゆるリフレ派と呼ばれる人々は、内容はともかくデフレから脱却することが重要と主張するかもしれない。これに反対する人々は、単なる現象としてのインフレは実質成長をもたらすわけではないので、輸入インフレでは意味がないと考える可能性が高いだろう。

 どちらが正しいのかは、物価上昇がどのように実体経済に波及するのかで決まってくる。物価の上昇が実質的な経済成長をもたらす道筋はいくつかあるが、日本の場合、家計はほとんど株式を所有していないので、インフレ期待による資産効果はほとんど期待できない。また実質金利の低下は企業の投資活動にそれほど大きな影響を与えない可能性が高く、今のところ設備投資は復活していない。

 一方、安倍政権は世論を強く意識しており、賃上げに対して強い執着を見せている。もし企業側が政府の要求を受け入れ、賃上げを実施すれば、名目上の物価はさらに上昇することになるだろう。
 だが、賃金を先に上昇させてしまうと、1970年代の米国がそうであったように、賃金上昇が実質成長に寄与せず、名目上のインフレを加速させてしまう可能性が高い。もしそうなってしまうと、むしろ購買力の低下が庶民の間に強く認識され、政権にとっては逆効果となってしまうかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

shanhai
中国の高度成長は完全に終了。だが「市場」として有望なのは、むしろこれからだ

 中国国家統計局は4月9日、3月の消費者物価指数を発表した。前年同月比で2.1% …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …