ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合」は前年同月比でプラス0.7%となり、4カ月連続で上昇した。前月比はプラス0.1%でこちらは8カ月連続の上昇となった。
 一方「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」はほぼ横ばいであり、デフレ脱却の実態は単なるエネルギー価格の上昇であることは明らかである。ただエネルギーを始めるとする輸入価格の上昇が、他の物品にも波及し始めており、本格的な物価上昇に転換する兆候も見え隠れする。

  アベノミクスはデフレ脱却を第一の目標に掲げており、量的緩和もその方針に従って実行されている。代表指数は年初からすでに1.4%も上昇しており、この指標だけを見れば2%の物価目標の達成は容易に見える。
 だが日銀が主要指標としているコアコア指数は横ばいであり、依然としてデフレから脱却してないことを示している。

 これまでは円安によって輸入価格の上昇が続いていた。年初からの物価上昇率を品目別で見ると、電気代、衣類、旅行、AV機器など、円安の影響が大きい分野の値上がりが顕著である。
 だが最近では、調理食品、外食、家庭用耐久財など、原材料価格上昇の最終価格への転嫁を抑えてきた品目の値上がりが目立っている。このままいくと、輸入価格の上昇が全体に波及し、すべての品目においてインフレ傾向に転じる可能性が高くなってきている。

 そうなってくると、この状態をどう評価するのかが問題となってくる。原因はともあれ、インフレ傾向に転じれば、デフレ脱却は成功であり、アベノミクスの最初の目標はクリアすることになる。
 いわゆるリフレ派と呼ばれる人々は、内容はともかくデフレから脱却することが重要と主張するかもしれない。これに反対する人々は、単なる現象としてのインフレは実質成長をもたらすわけではないので、輸入インフレでは意味がないと考える可能性が高いだろう。

 どちらが正しいのかは、物価上昇がどのように実体経済に波及するのかで決まってくる。物価の上昇が実質的な経済成長をもたらす道筋はいくつかあるが、日本の場合、家計はほとんど株式を所有していないので、インフレ期待による資産効果はほとんど期待できない。また実質金利の低下は企業の投資活動にそれほど大きな影響を与えない可能性が高く、今のところ設備投資は復活していない。

 一方、安倍政権は世論を強く意識しており、賃上げに対して強い執着を見せている。もし企業側が政府の要求を受け入れ、賃上げを実施すれば、名目上の物価はさらに上昇することになるだろう。
 だが、賃金を先に上昇させてしまうと、1970年代の米国がそうであったように、賃金上昇が実質成長に寄与せず、名目上のインフレを加速させてしまう可能性が高い。もしそうなってしまうと、むしろ購買力の低下が庶民の間に強く認識され、政権にとっては逆効果となってしまうかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

enpirestate
摩天楼の象徴エンパイアステートビルが上場。米国の不動産市場は絶好調

 ニューヨークの摩天楼を象徴といわれる超高層ビル「エンパイアステートビル」が10 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …