ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

頑固なオバチャンのメルケル首相。そのルーツは東ドイツとサッカーにあり?

 

 18日からブリュッセルで開催されている、EU首脳会議で独メルケル首相と仏オランド大統領の対立が鮮明となっている。

 オランド仏大統領は今回の首脳会議の主要テーマについて、財政同盟ではなく、銀行同盟が議題となると主張。一方のメルケル首相は、各国予算への拒否権付与など、財政統合を優先させるべきと主張して、対立している。
 本会議直前に行われた二者会談では激しい応酬があったと見られ、その後、2人は立ち話を話をしながら会場に向かったが、時折激しい言い合いをするなど、折り合いが付いていないことは明白。

 メルケル首相の頑なな姿勢は、選挙前ということもあり、ドイツ国内の世論を意識したポーズとも見られているが、首相本人の意向も強く働いているといわれる。

 メルケル首相は西ドイツ人だが、実質的に共産圏の東ドイツ人として育った人物。しかもゴリゴリの物理学者だ。理詰めで納得できないことには決してクビを縦に振らない。

 しかも大のサッカー狂いとしても知られており、ひいきのチームがゴールを決めると、熊のように立ち上がりガッツポーズをして周囲を圧倒している。

 フランス人なのにワインは飲まず、ハンバーガーとビールが大好きで、メシを10分で済ますサルコジ前大統領とメルケル首相は、ウマが合い、両者はよくコミュニケーションが取れていた。だがオランド大統領はまったく正反対の人物。豪傑のゲルマン人であるメルケル首相とはどうもうまくいかない。

 メルケル首相の意見にはスウェーデンなどゲルマン圏の一部が賛同しているが、ラテン圏はドイツ案にはほぼ反対。全体的な流れとしては、ラクな方向(まず銀行同盟を設立して救済する)に流れており、ドイツの主張が通る可能性は少なくなってきている。やはりラテンのいい加減さには、ゲルマンは勝てないようだ。

 銀行同盟が優先されれば、問題の先送りではあるが、ひとまず当面の危機は収束するだろう。しばらくの間、欧州は小康状態となる可能性が高くなってきた。だが本当の危機ははるか将来に顕在化するかもしれない。

 - 政治

  関連記事

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

jitensha
自転車の輸入業者に1億8900万円の賠償判決。そこからある光景を邪推すると?

 自転車の欠陥が原因で転倒し重傷を負ったとして、茨城県の男性らが自転車の輸入業者 …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …