ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国債下落が金融機関に与える影響は低下傾向。だが安心できない最近の動き

 

 日銀は10月の金融システムレポートにおいて、2013年6月時点における金融機関の国債価格下落リスクの試算を発表した。長期国債の売却が進んでいることから、3月時点よりも推定損失額は小さくなった。だが足元では再び国債を買い戻す動きもあるため、今後もリスク低減が進むのかは微妙な状況だ。

 日銀は現在、量的緩和策を積極的に進めており、物価が上昇すると長期国債の金利も上昇(債券価格は下落)する可能性がある。
 金利上昇のスピードが激しかった場合、金融機関には国債価格の下落によって損失が生じる可能性がある。特に、普通預金や定期預金といった期間の短い調達手段で資金を調達し、長期国債など期間の長い投資先で運用を行っている銀行への影響は大きい。

  日銀の試算によると、国債価格が1%下落した場合の金融機関全体の損失額は7.9兆円となっている。3カ月前の調査では8.7兆円だったので8000億円ほど損失額が減少した。これは各金融機関が、国債の下落リスクを想定し国債以外への投資先への乗り換えを進めていることや、量的緩和の影響で金融機関による長期債の購入が減少していることなどが主な要因と見られる。

 ただ内訳をみると少し状況は異なっている。6月時点での推定損失額は、メガバンクが2.9兆円、地銀が3.2兆円、信用金庫が1.9兆円となっている。これに対して3カ月前の試算では、メガバンクが3.7兆円、地銀が3.2兆円、信用金庫が1.8兆円であった。メガバンクは損失額が大きく減少し、地銀は横ばいとなったが、信金は逆に損失額が増大している。これは金融機関の規模が小さいほど、国債に変わる投資先や融資先が見つからないためで、特に信金は国債以外に投資先がない状況だ。
 また損失が業界に与えるインパクトの違いも大きい。メガバンクの資産規模は約460兆円、地銀は260兆円だが、信用金庫は130兆円しかない。わずか1%金利が上昇しただけで信用金庫の資産全体の1.5%が吹き飛ぶことになる。

 またメガバンクについても安泰ではない。日銀の量的緩和以降、メガバンクは国債の売却を進めてきたが、ここに来て運用難が深刻化。逆に国債の買い戻しを進める動きが一部に見られるようになってきた。国債の購入を日銀と争うような状況となれば、国債バブルはさらに加速することになり、将来の金利上昇リスクの増大につながる。
 この状況を打開するためには、国債に代わる優良な運用先の開拓が何より重要であり、ここは政府の成長戦略にかかっている。だが成長戦略は新産業創出につながる規制緩和はほとんど見送られ、従来産業の支援にとどまる可能性が高くなっている。従来型企業は過去最高レベルの現金を保有しており、銀行融資へのニーズがない。融資が大きく増える見込みは今のところほとんどない。国債リスクは依然として進行中と考えた方がよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …