ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の発言が話題となっている。特定秘密保護法案が国会提出されるタイミングだけに、小池氏の発言には賛否両論が出ている。
 だが、本当に重要なことは首相動静が「知る権利」なのかという問題ではない。小池氏がどれほど意識しているかは不明だが、小池氏の発言は典型的なインテリジェンス(諜報活動)的なものであり、国民はこの点をよく理解しておく必要がある。

 インテリジェンス活動というと多くの人がスパイ活動や軍事衛星を使った情報収集などを思い浮かべるかもしれない。
 だがインテリジェンス活動のうち9割以上を占めるのは、新聞や雑誌といった公開情報を丹念に収集分析することであり、インテリジェンス先進国と呼ばれる国でも多くの要員が公開情報の収集分析に割かれている。
 また能動的なものではマスコミやネットに対する積極的な情報発信も立派なインテリジェンスに相当する。インテリジェンスは秘密にすることだけに意味があるのではなく、ウソや偏った情報をあえて流し、周囲の反応を見ることも重要な活動の一つなのである。
 その意味で政治家や官庁からの垂れ流し記事が多い日本の新聞記事は、インテリジェンスの宝庫といえる。誰が何の目的でその情報を新聞記者に流したのかという視点で記事を見ると、実に多くのことが分かるのだ。記者が持論を述べてしまう欧米の新聞よりも、むしろ分析には都合がよいこともある。

 そういった観点で小池氏の発言を眺めてみると、少し違った側面が見えてくる。小池氏は日本の首相動静はあまりにも詳細なものだと指摘しているが、永田町関係者でそれを信じる人はいない。実際に新聞の首相動静を見れば分かると思うが、日程はスカスカなことが多い。重要なのは、大きく空いた時間の方であり、本当に重要な人物との面会はこうした時間帯でセッティングされ、首相動静には一切載らないのだ。
 確かに小池氏が指摘するように、海外の新聞には日本ような細かい首相動静の記事はないが、例えば米国であれば、ホワイトハウスがかなり詳細なスケジュールを公表している。少なくとも公務時間内であれば、新聞に頼らなくても必要な情報は得られるようになっている。だがホワイトハウスの公式日程がすべて本当なのかは誰にも分からない。インテリジェンスとはそのようなものなのだ。

 首相官邸には首相動静に載らないよう、首相とのウラ面会をアレンジすることで、上手く立ち回っているような人物もいるし、首相動静にあえて載るように、わざとらしく面会に来る人もいる。また新聞記者に面会を報道させない代わりにバーターで別な情報をもらうという取引も存在する。首相動静を海外の政府が悪用しているというなら、あえてニセの情報を動静に載せ、諸外国の動きを探ることもできるわけで、防衛大臣だった小池氏がそのことを知らないはずはない。

 小池氏の発言を評価する場合には、小池氏が何の目的でこの情報を誰に向けて発信しているのか?ということを考える必要があるだろう。単に国民の知る権利について過剰に国民が騒がないよう牽制したのかもしれないが、それにしては少々安直である。首相動静の欄が新聞から消えると、得する人と損する人が出てくるはずである。小池氏の本当の狙いはこのあたりにあるのかもしれない。
 少なくとも、この発言を聞いて「その通りだ。首相動静を新聞に載せるなど安全保障上問題だ!」などと思ってしまっているようなら、政府に情報をコントロールされる側にいる可能性が限りなく高い。

 - マスコミ, 政治 , ,

  関連記事

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

tenanmonjiken
天安門事件から25年。中国国内は厳戒態勢だが、香港だけは追悼集会を実施

 中国で民主化運動の学生らを弾圧した天安門事件から25年が経過した2014年6月 …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

nsa
米国が友好国も盗聴していたという事実に欧州各国が反発。だがこれは諸刃の剣でもある

 米国家安全保障局(NSA)による監視問題で、英ガーディアン紙は6月30日、元C …

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …