ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の発言が話題となっている。特定秘密保護法案が国会提出されるタイミングだけに、小池氏の発言には賛否両論が出ている。
 だが、本当に重要なことは首相動静が「知る権利」なのかという問題ではない。小池氏がどれほど意識しているかは不明だが、小池氏の発言は典型的なインテリジェンス(諜報活動)的なものであり、国民はこの点をよく理解しておく必要がある。

 インテリジェンス活動というと多くの人がスパイ活動や軍事衛星を使った情報収集などを思い浮かべるかもしれない。
 だがインテリジェンス活動のうち9割以上を占めるのは、新聞や雑誌といった公開情報を丹念に収集分析することであり、インテリジェンス先進国と呼ばれる国でも多くの要員が公開情報の収集分析に割かれている。
 また能動的なものではマスコミやネットに対する積極的な情報発信も立派なインテリジェンスに相当する。インテリジェンスは秘密にすることだけに意味があるのではなく、ウソや偏った情報をあえて流し、周囲の反応を見ることも重要な活動の一つなのである。
 その意味で政治家や官庁からの垂れ流し記事が多い日本の新聞記事は、インテリジェンスの宝庫といえる。誰が何の目的でその情報を新聞記者に流したのかという視点で記事を見ると、実に多くのことが分かるのだ。記者が持論を述べてしまう欧米の新聞よりも、むしろ分析には都合がよいこともある。

 そういった観点で小池氏の発言を眺めてみると、少し違った側面が見えてくる。小池氏は日本の首相動静はあまりにも詳細なものだと指摘しているが、永田町関係者でそれを信じる人はいない。実際に新聞の首相動静を見れば分かると思うが、日程はスカスカなことが多い。重要なのは、大きく空いた時間の方であり、本当に重要な人物との面会はこうした時間帯でセッティングされ、首相動静には一切載らないのだ。
 確かに小池氏が指摘するように、海外の新聞には日本ような細かい首相動静の記事はないが、例えば米国であれば、ホワイトハウスがかなり詳細なスケジュールを公表している。少なくとも公務時間内であれば、新聞に頼らなくても必要な情報は得られるようになっている。だがホワイトハウスの公式日程がすべて本当なのかは誰にも分からない。インテリジェンスとはそのようなものなのだ。

 首相官邸には首相動静に載らないよう、首相とのウラ面会をアレンジすることで、上手く立ち回っているような人物もいるし、首相動静にあえて載るように、わざとらしく面会に来る人もいる。また新聞記者に面会を報道させない代わりにバーターで別な情報をもらうという取引も存在する。首相動静を海外の政府が悪用しているというなら、あえてニセの情報を動静に載せ、諸外国の動きを探ることもできるわけで、防衛大臣だった小池氏がそのことを知らないはずはない。

 小池氏の発言を評価する場合には、小池氏が何の目的でこの情報を誰に向けて発信しているのか?ということを考える必要があるだろう。単に国民の知る権利について過剰に国民が騒がないよう牽制したのかもしれないが、それにしては少々安直である。首相動静の欄が新聞から消えると、得する人と損する人が出てくるはずである。小池氏の本当の狙いはこのあたりにあるのかもしれない。
 少なくとも、この発言を聞いて「その通りだ。首相動静を新聞に載せるなど安全保障上問題だ!」などと思ってしまっているようなら、政府に情報をコントロールされる側にいる可能性が限りなく高い。

 - マスコミ, 政治 , ,

  関連記事

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

rajoy
フランスやスペインで失業率がさらに悪化。緊縮路線はもう限界か?

 欧州の失業率がさらに悪化している。スペイン国家統計局4月25日に発表した第1四 …

rud
総選挙を前にギラード首相が退陣しラッド元首相が復活。日本への対応は変わるのか?

 オーストラリアの与党労働党は6月26日、党首選を行い現党首のギラード首相がラッ …

tennoheika04
天皇陛下による生前退位のご意向表明がここまで遅れた理由

 天皇陛下は2016年8月8日午後3時、ビデオメッセージで「お気持ち」を表明する …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …