ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の発言が話題となっている。特定秘密保護法案が国会提出されるタイミングだけに、小池氏の発言には賛否両論が出ている。
 だが、本当に重要なことは首相動静が「知る権利」なのかという問題ではない。小池氏がどれほど意識しているかは不明だが、小池氏の発言は典型的なインテリジェンス(諜報活動)的なものであり、国民はこの点をよく理解しておく必要がある。

 インテリジェンス活動というと多くの人がスパイ活動や軍事衛星を使った情報収集などを思い浮かべるかもしれない。
 だがインテリジェンス活動のうち9割以上を占めるのは、新聞や雑誌といった公開情報を丹念に収集分析することであり、インテリジェンス先進国と呼ばれる国でも多くの要員が公開情報の収集分析に割かれている。
 また能動的なものではマスコミやネットに対する積極的な情報発信も立派なインテリジェンスに相当する。インテリジェンスは秘密にすることだけに意味があるのではなく、ウソや偏った情報をあえて流し、周囲の反応を見ることも重要な活動の一つなのである。
 その意味で政治家や官庁からの垂れ流し記事が多い日本の新聞記事は、インテリジェンスの宝庫といえる。誰が何の目的でその情報を新聞記者に流したのかという視点で記事を見ると、実に多くのことが分かるのだ。記者が持論を述べてしまう欧米の新聞よりも、むしろ分析には都合がよいこともある。

 そういった観点で小池氏の発言を眺めてみると、少し違った側面が見えてくる。小池氏は日本の首相動静はあまりにも詳細なものだと指摘しているが、永田町関係者でそれを信じる人はいない。実際に新聞の首相動静を見れば分かると思うが、日程はスカスカなことが多い。重要なのは、大きく空いた時間の方であり、本当に重要な人物との面会はこうした時間帯でセッティングされ、首相動静には一切載らないのだ。
 確かに小池氏が指摘するように、海外の新聞には日本ような細かい首相動静の記事はないが、例えば米国であれば、ホワイトハウスがかなり詳細なスケジュールを公表している。少なくとも公務時間内であれば、新聞に頼らなくても必要な情報は得られるようになっている。だがホワイトハウスの公式日程がすべて本当なのかは誰にも分からない。インテリジェンスとはそのようなものなのだ。

 首相官邸には首相動静に載らないよう、首相とのウラ面会をアレンジすることで、上手く立ち回っているような人物もいるし、首相動静にあえて載るように、わざとらしく面会に来る人もいる。また新聞記者に面会を報道させない代わりにバーターで別な情報をもらうという取引も存在する。首相動静を海外の政府が悪用しているというなら、あえてニセの情報を動静に載せ、諸外国の動きを探ることもできるわけで、防衛大臣だった小池氏がそのことを知らないはずはない。

 小池氏の発言を評価する場合には、小池氏が何の目的でこの情報を誰に向けて発信しているのか?ということを考える必要があるだろう。単に国民の知る権利について過剰に国民が騒がないよう牽制したのかもしれないが、それにしては少々安直である。首相動静の欄が新聞から消えると、得する人と損する人が出てくるはずである。小池氏の本当の狙いはこのあたりにあるのかもしれない。
 少なくとも、この発言を聞いて「その通りだ。首相動静を新聞に載せるなど安全保障上問題だ!」などと思ってしまっているようなら、政府に情報をコントロールされる側にいる可能性が限りなく高い。

 - マスコミ, 政治 , ,

  関連記事

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

taiwankinendo
中国の台湾問題責任者が初の訪台。台湾の中国傾斜の背景にはTPP

 中国政府で台湾問題を担当する、国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が2014年6月 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

shupaku
北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …