ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニューヨークタイムズ紙が報じている。現在のところ寿司レストランなど、日系のレストランが中心だが、有名な料理人対決番組「トップシェフ」の審査委員長を務めるトム・コリッキオ氏が所有する店でもサービス料込みの価格設定を検討するなど、広がりを見せ始めているという。

  欧米では現在でもチップの習慣が残る地域が多い。欧米のレストランでは接客担当者の給料はチップがもらえることを前提に安く設定されており、完全に生活の一部になっている。もともとは階級社会からスタートした制度ではあるのだが、チップ制度にもいい点がある。

 チップが存在すると、よいサービスを一生懸命に提供した担当者は高い報酬を得ることができ、失礼な接客をする担当者はあまり稼げないことになる。判断は上司ではなく顧客がするので、恣意性が入る余地が少ない。がんばった人が報われるシステムでもあるのだ。
 チップの習慣がない日本人にはなかなか面倒なものだが、よいサービスをしてれた担当者にお礼にチップをはずむと、本当に嬉しそうに受け取っていくので、出した方も非常に気持ちがよい。階級制度の名残りでありながら、ここまでチップ制度が存続してきたのは、このあたりに理由がありそうだ。

 ただ、この制度にはいろいろと問題が山積しているようである。接客担当者にはチップの習慣があるが、厨房にはその習慣はなく、厨房スタッフの中には不公平を持つ人もいるという。また、接客担当者同士でチップをめぐってトラブルになることは日常茶飯事で、中には訴訟に発展するケースもある。

 だがチップ見直しの機運が高まっている最大の理由はグローバル化にありそうだ。米国のレストランでは、移民が従業員として就労するケースが増えてきており、その中にはもともとチップの習慣がない人もいる。一方、来店する顧客の方も国際化が進んでおり、サービス料込みの価格設定の方が敷居が低くなり、売上増が期待できる。
 料理の世界はもっとも早くグルーバル化が進んだ分野のひとつである。フュージョンスタイルという各国の要素を混ぜ合わせた料理が登場してから久しいが、現在では古典的なフレンチやイタリアンの店を見つける方が難しいくらいである。
 こうした条件が重なってきたことで、チップではなく統一したサービス料という形に収束しているものと考えられる。もっとも、記事に取り上げられた店は、大都市の有名店ばかりである。ニューヨークやロサンゼルスはある意味で、米国の中でもっとも特殊な街といえる。こうした動きが全米のすべての店に広がるのかはまだ何とも言えない。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

doruen201505
為替はとうとう歴史的な節目を突破。超長期的な円安トレンドが始まる?

 円安の流れが止まらない。2015年5月28日の外国為替市場で円は4日続落となり …

usakoyoutoukei201503
米雇用統計は市場予想の半分。株価のトレンドが変わる可能性も

 米労働省が2015年4月3日に発表した3月の雇用統計は、市場予想を大幅に下回り …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

bukkajoushou
企業による物価見通しは1.5%の上昇。給料アップが追い付かないのは確実

 日銀は2014年4月2日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の中で、企業の物 …