ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきているという。日本と異なり、米国では飛行機は街中の路線バスと同じような存在であり、安価だがサービスの悪い乗り物の典型となっている。一方、日本の航空業界は典型的なガラパゴス状態で、マーケットは年々縮小している。価格は高いが、サービスはそれほど悪くないという状況が続いており、幸か不幸か、LCCの登場後もいまだに飛行機はちょっとした贅沢という人は多い。

 米国の航空会社が新しく導入する機材では、約7割がシートのピッチや幅を縮小しているという。大型機における主力機材であるボーイング777では、従来エコノミー席は9列のものが多かったが、10列にするケースが増加している。またシートピッチも短くなっているという。

 一方、ビジネスクラスはサービスの向上が進んでいる。国際線ではフルフラット・シートは当たり前になりつつあり、ファーストクラスとの差が縮まっている。またエコノミーにプラスアルファの料金を加えるプレミア・エコノミーの座席幅は従来のまま据え置いていることろが多い。
 客単価が極めて安いエコノミーはできるだけ乗客を詰め込み、かなりの高額料金を取れるビジネスは、顧客の囲い込みのためにサービスを向上させているわけだ。

 80年代の規制緩和以降、航空運賃の価格破壊が進み、飛行機はバスや鉄道と同じような存在になった。手軽に誰でも乗れる代わりにサービスは悪い。
 一方、日本の航空会社は手厚い規制に守られガラパゴス状態が続いている。米国や欧州の飛行機による旅客輸送量は何と日本の10倍以上ある(欧州は日本と同様、鉄道が発達していることを考えると驚異的な数字といえる)。しかもここ10年で市場規模は1.5倍に拡大したが、日本は逆に輸送量の減少が続いている。
 少ない旅客の奪い合いにならないよう、規制で新規参入を抑制し、高い運賃を維持する構図となっており、シートを狭くしても乗客を詰め込みたいという状況ではない。日本の航空会社における運航コストは、欧米大手エアラインの約2倍、LCC(格安航空会社)との比較では3倍から4倍となっている。日本でもLCCが登場しているが、空港の施設使用料など官側に支払うコストが高いという構造的な問題があり、大手と比べて運航コストが大幅に安いわけではない(日本のLCCの運賃が思いのほか高いのはそのためである)。

 結果として日本の飛行機は、運賃はバカ高く、公務員の利権になっているものの、米国ほどサービスが悪いという状況には陥っていない。これを喜ぶべきものとするのか、改善すべきものとするのかは、経済や産業に対する価値観によって異なるのだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

abekaiken
安倍首相が東京裁判の内容を疑問視する発言。正論なのだが何が問題なのか?

 安倍首相は12日の衆院予算委員会において、太平洋戦争のA級戦犯を裁いたいわゆる …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

hikouki2014
スマホのバッテリーを切らすと飛行機に乗れない?米国の新保安体制

 バッテリー切れになると飛行機に乗れない。そんな悪夢が現実になろうとしている。米 …

kourousho
マクロ経済スライド制という奇妙な名称の制度がスタート。年金は実質減額へ

 2015年から年金の本格的な抑制が始まる。年金財政の破たんを防ぐためには、必須 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …