ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきているという。日本と異なり、米国では飛行機は街中の路線バスと同じような存在であり、安価だがサービスの悪い乗り物の典型となっている。一方、日本の航空業界は典型的なガラパゴス状態で、マーケットは年々縮小している。価格は高いが、サービスはそれほど悪くないという状況が続いており、幸か不幸か、LCCの登場後もいまだに飛行機はちょっとした贅沢という人は多い。

 米国の航空会社が新しく導入する機材では、約7割がシートのピッチや幅を縮小しているという。大型機における主力機材であるボーイング777では、従来エコノミー席は9列のものが多かったが、10列にするケースが増加している。またシートピッチも短くなっているという。

 一方、ビジネスクラスはサービスの向上が進んでいる。国際線ではフルフラット・シートは当たり前になりつつあり、ファーストクラスとの差が縮まっている。またエコノミーにプラスアルファの料金を加えるプレミア・エコノミーの座席幅は従来のまま据え置いていることろが多い。
 客単価が極めて安いエコノミーはできるだけ乗客を詰め込み、かなりの高額料金を取れるビジネスは、顧客の囲い込みのためにサービスを向上させているわけだ。

 80年代の規制緩和以降、航空運賃の価格破壊が進み、飛行機はバスや鉄道と同じような存在になった。手軽に誰でも乗れる代わりにサービスは悪い。
 一方、日本の航空会社は手厚い規制に守られガラパゴス状態が続いている。米国や欧州の飛行機による旅客輸送量は何と日本の10倍以上ある(欧州は日本と同様、鉄道が発達していることを考えると驚異的な数字といえる)。しかもここ10年で市場規模は1.5倍に拡大したが、日本は逆に輸送量の減少が続いている。
 少ない旅客の奪い合いにならないよう、規制で新規参入を抑制し、高い運賃を維持する構図となっており、シートを狭くしても乗客を詰め込みたいという状況ではない。日本の航空会社における運航コストは、欧米大手エアラインの約2倍、LCC(格安航空会社)との比較では3倍から4倍となっている。日本でもLCCが登場しているが、空港の施設使用料など官側に支払うコストが高いという構造的な問題があり、大手と比べて運航コストが大幅に安いわけではない(日本のLCCの運賃が思いのほか高いのはそのためである)。

 結果として日本の飛行機は、運賃はバカ高く、公務員の利権になっているものの、米国ほどサービスが悪いという状況には陥っていない。これを喜ぶべきものとするのか、改善すべきものとするのかは、経済や産業に対する価値観によって異なるのだろう。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

kurinton
選挙まで10日というタイミングで突然FBIがクリントン候補への捜査再開という不可解

 クリントン候補優勢の状態で投票日を迎えると思われていた米大統領選挙の行方が不透 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

Warren Buffett
バフェット氏の最新の保有銘柄状況が明らかに。金利上昇と景気拡大にシフト

 米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が、IBMやGM(ゼネラル・モー …

jaxass520
民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロ …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …