ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めている。両社はこれまでスマホ対応に苦慮してきたが、この市場を攻略できた結果ではない。業績回復は、スマホ・シフトに伴うクラウド化の恩恵を受けたものであり、状況は微妙だ。本当にスマホそのものへのシフトを進めるべきなのか、いよいよ岐路に立たされたといってよいだろう。

 米マイクロソフトが10月24日に発表した7~9月期決算は、同四半期としては過去最高益となった。売上高は前年同期比約16%増の185億2900万ドル(約1兆8000億円)、営業利益は同19%増の63億3400万ドル(約6176億円)、純利益が同 17%増の52億4400万ドル(約5113億円)だった。

 同社はこれまでスマホ・シフトの影響でパソコン用基本ソフト(OS)の低迷に悩まされてきた。今回の決算でも基本的な構図は変わっていない。パソコン用OSである「ウィンドウズ」の売上げは前年同期比を下回っている状況だ。一方、業績に大きく貢献したのは、企業向けの製品やサービスを中心とする「コマーシャル部門」で、こちらの売上げは10%増の111億2000万ドルだった。
 コマーシャル部門の売上げが増加したのは、クラウド・サービスが好調だったからで、これは明らかにスマホ・シフトの恩恵を受けている。だが肝心のスマホ本体は散々な状況だ。同社のスマホOSのシェアは数%に過ぎず、タブレット端末「サーフェス」の販売もわずか4億ドルだ。

 半導体世界最大手のインテルもようやく減収傾向に歯止めがかかっている。だが同社もスマホ向けチップは業績にほとんど貢献しておらず、収益の多くがクラウド・サービスの増加によるものとなっている(本誌記事「売上減に歯止めがかかった米インテル。次はスマホ市場を攻略?」参照)。

 両社はかつてパソコンがIT市場の主役だった時代には市場で圧倒的な影響力を持ち「ウィンテル連合」などと呼ばれていた。だがスマホの登場でパソコン市場が低迷し、両社の影響力も低下が目立つようになってきた。
 今回の決算で、間接的にはスマホ・シフトの恩恵を得ることができたわけだが、スマホ本体の開拓はまだこれからである。マイクロソフトは2013年9月に54億4000万ユーロ(約7140億円)を投じてノキア(フィンランド)の携帯電話事業を買収しており、これをテコにスマホ市場を攻略する方針だ。またインテルもスマホ向けチップの本格的な投入を2012年から開始している。来年以降は、徐々にその効果が決算に反映されてくるはずだ。

 スマホは新興国市場の開拓によって、安価なコモディティ製品へのニーズが高まっている。卓越した企業体力を持つ両社が、今後本格的にスマホ市場を攻略した場合には、従来のシェアは大きく変動することになるかもしれない。
 ただ、スマホは単価の安い消耗戦を強いられるマーケットになる可能性が高いことを考えると、両社は企業向け製品やサービスに特化した方がよいとの考え方もある。業績回復のメドが立った今、スマホ市場を目の前にして、両社は本当の意味で岐路に立たされているといってよいのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

runo
ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売す …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

bouekitoukei201307
7月の貿易統計は赤字拡大。そろそろ貿易赤字を前提にした産業政策を議論すべき時

 財務省は8月19日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

twitter
ツイッターの決算。閲覧数の伸び鈍化がより鮮明になり、フツーの会社へ

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年4月29日、2014年1~3月期の決算 …

nsaberlin
米国の電話盗聴問題、徐々に具体的手法が明らかに。ドイツの場合は携帯の直接傍受

 米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …