ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初の予測から約4割減少し、5年ぶりに赤字額が1兆ドルを下回った。一時は財政赤字の増加に苦しんだ米国だが、着実に財政再建が進みつつあり、財政悪化が一段と進む日本との違いが鮮明になってきている。

 2013会計年度(2012年10月~2013年9月)の歳入は、約2兆7740億ドル(約272兆円)で、前年度比で3.3%増加した。歳出は前年度比2.4%減の約3兆4543億ドル(約339兆円)だった。財政赤字は6800億ドル(約67兆円)となっており、1兆ドルを大きく下回った。
 財政赤字のGDP比は4.1%、米国の政府債務残高は現在11兆9820億ドル(1174兆円)なので、政府債務のGDP比は72.1%である。

 一方、日本政府の2013年度予算における歳出は約43兆円、歳出は約93兆円なので、財政赤字は約50兆円となっている。財政赤字のGDP比は10%、政府債務は約750兆円あるので公的債務のGDP比は161%になる(地方の債務を入れるともっと大きくなる)。債務の定義などが異なるためまったく同一には比較できないが、米国の2倍以上の債務を抱えている計算だ。日本の財政が危険だといわれる理由はここにある。
 一部からは日本政府は資産をたくさんもっているので問題ないとの指摘があるが、資産を差し引いたネットでの公的債務比率も日本は先進国でトップである。また日本政府が保有する資産のうち、優良な金融資産は100兆円程度しかなく、資産を保有しているから大丈夫というのは幻想でしかない。地方を合わせればGDP比2倍超の債務を抱えているという状況は、現実的問題と捉えた方がよい。

 政府は2020年までに基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字にするという公約を掲げている。だが現在の状況が続けば、消費税を10%に上げても財政収支黒字化は到底不可能である。だが本当の問題は、基礎的財政収支にあるのではない。利払いを含んだ一般的な財政収支こそが重要となる。なぜなら、2020年の時点ではほとんどの国債が現在の国債から入れ替わっており、金利上昇の影響をモロに受けるからだ。

 現在の政府による試算は、2%程度の物価上昇が安定的に推移する前提で利払いが想定されている。もし2020年時点で金利が想定されているレベルの2倍になった場合には、ざっと計算すると財政赤字はGDP比で13%に達する可能性がある。
 現在の試算はアベノミクスが大成功し、消費税はスケジュール通り10%に増税、金利も安定的に推移したと仮定しての話である。これらのうちどれかが欠けてしまえば、財政再建など夢のまた夢になってしまう。もっとも恐ろしいシナリオは経済が今後も横ばいが続き金利だけが3%超の水準に上昇するというものである。そうなってしまうと、税収とほぼ同じ金額を利払いと償還に充てる必要が出てくるため、財政の持続は不可能となる。

 ちなみに米国は現在の状況が続けば2020年には財政赤字のGDP比は2.2%に低下し、公的債務のGDP比は現状を維持することができる。米国は財政再建にほぼ道筋をつけた状況であり、相対的に日本の財政リスクがクローズアップされることは間違いない。
 高い経済成長が継続しない限りは、財政支出の大幅削減なしに財政再建は不可能であるという事実を、そろそろ国民は認識する必要があるだろう。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

nasamineika
NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS) …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

legoburokku
レゴが素材の脱石油化を決断できる理由は、ズバリ高収益体質

 デンマークの玩具世界大手レゴグループは、主力商品のレゴブロックの素材を従来の石 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

toyotaroboto
今更? ウーバー出資や2足歩行ロボット買収など、トヨタに漂う出遅れ感

 トヨタが人工知能やシェアリング・エコノミーへの対応を矢継ぎ早に進めている。だが …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …