ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6月期に比べて大きく落ち込む公算が高くなってきた。消費税増税を決定した直後の減速となれば、補正予算や来年度予算の編成にも影響を及ぼす可能性がある。

 内閣府の公表を前に民間の調査会社が成長率予測の発表を始めている。大和総研は年率1.8%、日本総研では年率1.6%の成長を予想している。4~6月期の実質GDP成長率は年率3.8%という高い数値であったが、ここからは大きく後退することになる。

 成長が鈍化する最大の原因は、個人消費の落ち込みと輸出の不振である。
 7月から9月にかけての小売店の売上動向は、9月に挽回の傾向が見られたものの、夏場は総じて冴えなかった。激しい落ち込みというわけではないが、消費マインドは以前に比べて低迷している。
 これに拍車をかけたのが輸出の不振である。日本の輸出は2012年の3月をピークに減少が続いてきた。2013年の3月に一旦底を打ち、この反動で4月には増加に転じたものの、その後は横ばい状態が続いている。世界経済で何とか好調さを保っているのは米国だけという状況であり、新興国向けや欧州向けの輸出が振るわない。また円安やエネルギー不足によって輸入は増加していることから、GDPにとってはさらにマイナス要因となった。

 結果的に7~9月期のGDPは低成長となり、しかもその内訳は多くが公共事業に依存する可能性が高くなってきた。そもそも好調な個人消費についても、多くが何らかの形で公共事業に依存しているとの見方もある。今年度の公共事業の発注が一服してしまったことで、個人消費も足踏み状態になった可能性がある。

 もし内閣府による公式の数値も、民間各社と同様に低いものとなった場合、現在、編成作業が進められている補正予算と来年度予算にも影響を与えることになるだろう。現在、消費増税への対策として総額5兆円の補正予算と減税措置が検討されているほか、来年度予算案の概算要求は総額で100兆円を超える規模となっている。
 経済財政諮問会議の民間議員が、来年度予算について概算要求から3兆円を減額するよう求めるなど、財政再建を求める声は大きい。だがGPDの落ち込みが大きいという認識が広がれば、より大型の景気対策を求める声が高まってくることはほぼ確実である。来年は消費税10%への増税というさらに大きなカベもあることから、安倍政権としては景気失速だけは何としても避けたい状況だ。

 当初、規制緩和を軸に検討が進められていた成長戦略だが、いつの間にか、大型の公共事業を連発する状況になりつつある。安倍政権は、公共事業という麻薬から抜け出せなくなってしまったかつての小渕政権に近づいているのだろうか?

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

kankan
観艦式で野田首相が領土問題を念頭に訓示。だが主役の海保は忙しくて参加できず

 海上自衛隊観艦式が14日、神奈川県の相模湾沖で開催された。野田佳彦首相は、尖閣 …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …