ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6月期に比べて大きく落ち込む公算が高くなってきた。消費税増税を決定した直後の減速となれば、補正予算や来年度予算の編成にも影響を及ぼす可能性がある。

 内閣府の公表を前に民間の調査会社が成長率予測の発表を始めている。大和総研は年率1.8%、日本総研では年率1.6%の成長を予想している。4~6月期の実質GDP成長率は年率3.8%という高い数値であったが、ここからは大きく後退することになる。

 成長が鈍化する最大の原因は、個人消費の落ち込みと輸出の不振である。
 7月から9月にかけての小売店の売上動向は、9月に挽回の傾向が見られたものの、夏場は総じて冴えなかった。激しい落ち込みというわけではないが、消費マインドは以前に比べて低迷している。
 これに拍車をかけたのが輸出の不振である。日本の輸出は2012年の3月をピークに減少が続いてきた。2013年の3月に一旦底を打ち、この反動で4月には増加に転じたものの、その後は横ばい状態が続いている。世界経済で何とか好調さを保っているのは米国だけという状況であり、新興国向けや欧州向けの輸出が振るわない。また円安やエネルギー不足によって輸入は増加していることから、GDPにとってはさらにマイナス要因となった。

 結果的に7~9月期のGDPは低成長となり、しかもその内訳は多くが公共事業に依存する可能性が高くなってきた。そもそも好調な個人消費についても、多くが何らかの形で公共事業に依存しているとの見方もある。今年度の公共事業の発注が一服してしまったことで、個人消費も足踏み状態になった可能性がある。

 もし内閣府による公式の数値も、民間各社と同様に低いものとなった場合、現在、編成作業が進められている補正予算と来年度予算にも影響を与えることになるだろう。現在、消費増税への対策として総額5兆円の補正予算と減税措置が検討されているほか、来年度予算案の概算要求は総額で100兆円を超える規模となっている。
 経済財政諮問会議の民間議員が、来年度予算について概算要求から3兆円を減額するよう求めるなど、財政再建を求める声は大きい。だがGPDの落ち込みが大きいという認識が広がれば、より大型の景気対策を求める声が高まってくることはほぼ確実である。来年は消費税10%への増税というさらに大きなカベもあることから、安倍政権としては景気失速だけは何としても避けたい状況だ。

 当初、規制緩和を軸に検討が進められていた成長戦略だが、いつの間にか、大型の公共事業を連発する状況になりつつある。安倍政権は、公共事業という麻薬から抜け出せなくなってしまったかつての小渕政権に近づいているのだろうか?

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

gunosy01
KDDIがニュース閲覧サービスのGunosyに出資。一気にマス・マーケット化が進むか?

 KDDIは2014年3月14日、ネット上でニュース配信サービスを手がけるベンチ …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …