ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウイグル独立運動とアルカイダを結ぶ点と線。中東問題に引きずり出される中国

 

 中国・北京の自動車爆破事件をきっかけに、中国はパキスタンとの対テロ連携の強化を模索している。事件後、パキスタンの軍幹部が中国を訪問し、イスラム系武装勢力への対応策について協議を行った。
 その背景には、新疆ウイグル自治区の独立運動が国際テロ組織アルカイダとの連携を深めているという現実がある。これは中東というやっかいな国際問題に中国が引きずり出されていることを意味しており、今後、国際政治にも大きく影響してくる可能性がある。

 パキスタンはこれまで常に国際社会とテロ組織の板挟みにあってきた。パキスタン政府は米国と連携し、テロとの戦いを進める方針を明らかにしている。
 だがパキスタン国内は、イスラム系国際テロ組織アルカイダの拠点となっており、パキスタン政府も手を出すことができない。パキスタン国内に対する米国の無人機攻撃という、国家主権を無視する行為についてパキスタン政府が黙認しているのはそのような事情があるからだ。

 中国は表向き、パキスタンもテロの被害者であるとの立場を取っているが、今回の協議では、中国と国境を接する山岳地帯における監視を強化するよう、パキスタン政府に強く求めたものと考えられる。
 実際、中国の新疆ウイグル自治区の反政府活動家がパキスタンやアフガニスタンで訓練を受けるというケースは増加している。またシリアの反政府勢力の中にアルカイダ系のグループが多数存在していることはよく知られているが、最近は新疆ウイグル自治区からやってきた兵士も増えているという。

 新疆ウイグル自治区の独立運動がアルカイダと深く連携しているという事実が広がってきたことは、国際社会における大きな転換点となる可能性がある。それは、中東問題とは無縁であった中国の立ち位置の変化である。
 これまで新疆ウイグル自治区の独立運動は、中国の人権弾圧に抗議する悲劇のヒーローという位置付けであった。だが彼等がアルカイダの一員ということになると、西側各国の対応は変わってくる可能性が高い。中国もテロ撲滅というお墨付きが得られれば、より徹底的な弾圧を加えることになるだろう。

 だが一方で、独立運動がアルカイダとの連携を深めれば、中国も完全に国際テロの標的になってしまう。新疆ウイグル自治区の反政府勢力が、アルカイダの支援を受けて高度に武装する可能性も秘めている。そうなってしまうと、ロシアのように軍事力を使って徹底的に弾圧するという行為に進まざるを得なくなるが、多数の国内問題を抱える中国にとってその選択肢は何としても避けたいところである。

 オバマ政権は、本音では中東問題からは手を引きたいと考えているが、中東問題を政治的駆け引きの材料に使いたい欧州各国の意向や、国内における中東利権を持つ勢力の影響などから、これらの問題に関与せざるを得ない状況が続いている。中国がこの問題に絡んでくることになれば、国際政治の力学はさらに複雑なものになってくるだろう。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …