ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

歴史認識問題について日本に自制を求めるアーミテージ氏の発言をどう解釈すべきか?

 

 米国のアーミテージ元国務副長官が東京都内で自民党幹部と会談し、歴史認識問題に関して、従軍慰安婦問題には触れないよう、日本側に要請していたことが明らかになった。また、安倍首相の靖国神社参拝に関しても自重するよう促したという。

 アーミテージ元国務副長官は、若い世代の人にはあまり馴染みがないかもしれないが、米国の官界では長く日本担当者として君臨してきた人物である。元ハーバード大学行政大学院学長とともに、米国の対日戦略の責任者であった。
 元軍人でベトナム戦争に従軍した経験があり、ベトナムとの停戦に納得できず、現地にとどまったという逸話もある。実際、かなりのコワモテとして知られており、パキスランのムシャラフ大統領(当時)に、米国のアフガン侵攻に協力しなければ「キスタンを石器時代に戻してやる」(つまり空爆で焼け野原にしてやる)と言い放ったのは有名な話である(本人はそこまで露骨な発言ではないと説明している)。

 政権交代前の自民党政権時代には、同氏の発言はまさに「米国からのお達し」であり、日本の政界に絶大な影響力を及ぼしていた。2001年当時外務大臣だった田中眞紀子氏は、格下であるアーミテージ氏にわざわざ面会する必要はないと日程をキャンセルする事件が発生したが、当時の日本政界や官界の狼狽ぶりはすさまじいものがあった。
 一方で日本にとっては、日本側の事情を米国の政官界に粘り強く伝えてくれる数少ない人物でもあり、まさに日本の歴代政権とアーミテージ氏は持ちつ持たれつの関係にあったといってよい。

 だがアーミテージ氏のワシントンでの影響力は、2005年に国務副長官を退任して以降、年々低下しているといわれている。ワシントンにおける政策立案者の中核層は、30代から40代の人物にシフトしてきており、彼等にとっては太平洋戦争はもちろんのこと、ベトナム戦争ですら歴史上の出来事に過ぎない。ベトナムに従軍し、かつて占領していた日本をアジア最大の同盟国として位置付けるアーミーテージ氏らの「戦後的」な発想は、中国シフトが急速に進むワシントンでは時代遅れになりつつある。

 アーミテージ氏の発言はこうした文脈に沿って理解する必要があるだろう。歴史認識問題で自重するようにという同氏の発言は「米国のお達し」ではなく、日本の歴史認識問題に対して融和的でなくなりつつある米国政界に対して、これを説得し是正する力がアーミテージ氏にはなくなっているということを意味している。これまでのようにアーミテージ氏にお願いしておけば、「日本の事情」や「日本のホンネ」を米国で代弁し、うまく取りはからってくれるという振る舞いはもう期待できないのだ。

 内政干渉ともいえるアーミテージ氏の発言に単純に反発したり、逆に萎縮するのは簡単だが、彼の発言は必ずしも現在の米国中枢の意向とは限らないことを十分に理解しておく必要があるだろう。日本の歴史認識問題など米国はそれほど意識していないのかもしれないが、一方で、日本が想像する以上に、米国は日本のことを無視し始めているかもしれない。もし後者だった場合、日本にとって最大のデメリットは、中国に対する最後の牽制球をなくしてしまうことである。

 - 政治 , ,

  関連記事

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

no image
中国初の空母、名前は「釣魚島」との噂は本当か?

  近く就航が予定されている中国初の空母に対して、沖縄・尖閣諸 島の中国名である …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …